図面 (/)

技術 照明付き容器

出願人 島田工業株式会社
発明者 島田利春
出願日 1993年2月15日 (24年10ヶ月経過) 出願番号 1993-048588
公開日 1994年8月30日 (23年3ヶ月経過) 公開番号 1994-237849
状態 拒絶査定
技術分野 食卓容器 食卓用器具 発光ダイオード LED素子のパッケージ
主要キーワード 直接テーブル 立体装飾 盛り上がり部分 点滅回路 照明付き 超音波加湿器 オルゴール 透光性容器

この技術の活用可能性のある市場・分野

関連する未来課題
重要な関連分野

この技術に関連する成長市場

関連メディア astavision

  • ロコモーティブ症候群・関節疾患

    加齢や過負荷のほか、スポーツ損傷や肥満によっても引き起こされる変形性関節症(OA:osteoarth…

  • CCS(CO2の分離・回収、地下・海底貯留)

    CCS(Carbon dioxide Capture and Storage:二酸化炭素回収・貯蔵技…

  • IoT/M2M (InternetOfThings / MachinetoMachine)

    「Software-Defined Car(ソフトウェアで定義されるクルマ)」。そう呼ばれる米国Te…

後で読みたい技術情報を見つけたら、ブックマークしておきましょう!

ページの右上にあるブックマークボタンからこのページをブックマークできます。
あなたがブックマークした技術情報は、いつでもマイページのリストから閲覧することが出来ます。

この項目の情報は公開日時点(1994年8月30日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

目的

従来の室内や卓上に関する演出とはまったく異質の演出、即ち料理盛りつけたり収容したりする容器照明を組み合わせることにより、料理をおいしそうに見せ、また卓上の雰囲気盛り上げる。

構成

透光性容器1の下に照明装置2を配置した。透光性容器1がの容器である。透光性容器1がガラス製又は樹脂製である透光性容器1が透光性のあるガラス製又は樹脂製の容器3の上に氷の容器を載せたものである。透光性容器1に水を霧状に気化して吹出可能な加湿器4を設けた。透光性容器1に立体装飾5を形成した。透光性容器1を不透明な容器6の上に載せ、同透光性容器1と容器6との間に照明装置2を配置した。照明装置2の照明が点滅する。照明装置2の照明が散乱する。照明装置2に音を発生させる音発生器取り付ける。透光性容器1を照明装置2の上にセットした時に同照明装置2が点灯するようにした。

背景

従来より料亭旅館ホテル等における会食では、部屋の雰囲気盛り上げたり、料理をおいしそうに見せたりするために色々な演出が行われている。例えば、テーブルの上にキャンドルを置いたり、フルーツやケーキ等では上に花火を付けたりする等していた。

概要

従来の室内や卓上に関する演出とはまったく異質の演出、即ち料理を盛りつけたり収容したりする容器照明を組み合わせることにより、料理をおいしそうに見せ、また卓上の雰囲気を盛り上げる。

透光性容器1の下に照明装置2を配置した。透光性容器1がの容器である。透光性容器1がガラス製又は樹脂製である透光性容器1が透光性のあるガラス製又は樹脂製の容器3の上に氷の容器を載せたものである。透光性容器1に水を霧状に気化して吹出可能な加湿器4を設けた。透光性容器1に立体装飾5を形成した。透光性容器1を不透明な容器6の上に載せ、同透光性容器1と容器6との間に照明装置2を配置した。照明装置2の照明が点滅する。照明装置2の照明が散乱する。照明装置2に音を発生させる音発生器取り付ける。透光性容器1を照明装置2の上にセットした時に同照明装置2が点灯するようにした。

目的

本発明の目的は、従来の室内や卓上に関する演出とはまったく異質の演出、即ち料理を盛りつけたり収容したりする容器に照明を組み合わせることにより、料理をおいしそうに見せると共に、卓上の雰囲気を演出できる照明付き容器を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

透光性容器1の下に照明装置2が配置されていることを特徴とする照明付き容器

請求項2

前記透光性容器1がの容器であることを特徴とする請求項1の照明付き容器。

請求項3

前記透光性容器1がガラス製又は樹脂製であることを特徴とする請求項1の照明付き容器。

請求項4

前記透光性容器1が透光性のあるガラス製又は樹脂製の容器3の上に氷の容器を載せたものである特徴とする請求項1の照明付き容器。

請求項5

前記透光性容器1に水を霧状に気化して吹出可能な加湿器4が設けられてなることを特徴とする請求項1又は請求項2又は請求項3又は請求項4の照明付き容器。

請求項6

前記透光性容器1に立体装飾5が形成されてなることを特徴とする請求項1又は請求項2又は請求項3又は請求項4又は請求項5の照明付き容器。

請求項7

前記透光性容器1が不透明な容器6の上に載せられ、同透光性容器1と容器6との間に照明装置2が配置されていることを特徴とする請求項1又は請求項2又は請求項3又は請求項4又は請求項5又は請求項6の照明付き容器。

請求項8

前記照明装置2の照明が点滅するようにしたことを特徴とする請求項1又は請求項2又は請求項3又は請求項4又は請求項5又は請求項6又は請求項7の照明付き容器。

請求項9

前記照明装置2の照明が散乱するようにしたことを特徴とする請求項1又は請求項2又は請求項3又は請求項4又は請求項5又は請求項6又は請求項7又は請求項8の照明付き容器。

請求項10

前記照明装置2に音を発生させる音発生器取り付けたことを特徴とする請求項1又は請求項2又は請求項3又は請求項4又は請求項5又は請求項6又は請求項7又は請求項8又は請求項9の照明付き容器。

請求項11

前記透光性容器1を照明装置2の上にセットした時に同照明装置2が点灯するようにしたことを特徴とする請求項1又は請求項2又は請求項3又は請求項4又は請求項5又は請求項6又は請求項7又は請求項8又は請求項9又は請求項10の照明付き容器。

技術分野

11.請求項11の照明付き容器では、透光性容器1を照明装置2の上にセットした時に同照明装置2が点灯するようにしたため、スイッチ操作等の面倒な作業が不要である。

背景技術

0001

本発明の照明付き容器は刺身、オードブル、フルーツアイスクリーム等の各種料理盛り付けに使用するのに適するものであり、特に、料亭旅館結婚式場ホテルにおける会食や出張パーティでの会食等に適したものである。

発明が解決しようとする課題

0002

従来より料亭、旅館、ホテル等における会食では、部屋の雰囲気盛り上げたり、料理をおいしそうに見せたりするために色々な演出が行われている。例えば、テーブルの上にキャンドルを置いたり、フルーツやケーキ等では上に花火を付けたりする等していた。

0003

しかし、従来の演出はいずれも室内、卓上等に関するものであり、しかもどの会場でも同じような演出であるため変化に乏しく、変わり映えがしないという難点があった。

課題を解決するための手段

0004

本発明の目的は、従来の室内や卓上に関する演出とはまったく異質の演出、即ち料理を盛りつけたり収容したりする容器に照明を組み合わせることにより、料理をおいしそうに見せると共に、卓上の雰囲気を演出できる照明付き容器を提供することにある。

0005

本発明のうち請求項1の照明付き容器は、透光性容器1の下に照明装置2が配置されていることを特徴とするものである。

0006

本発明のうち請求項2の照明付き容器は、透光性容器1がの容器であることを特徴とするものである。

0007

本発明のうち請求項3の照明付き容器は、透光性容器1がガラス製又は樹脂製であることを特徴とするものである。

0008

本発明のうち請求項4の照明付き容器は、透光性容器1が透光性のあるガラス製又は樹脂製の容器3の上に氷の容器を載せたものである特徴とするものである。

0009

本発明のうち請求項5の照明付き容器は、透光性容器1に水を霧状に気化して吹出可能な加湿器4が設けられてなることを特徴とするものである。

0010

本発明のうち請求項6の照明付き容器は、透光性容器1に立体装飾5が形成されてなることを特徴とするものである。

0011

本発明のうち請求項7の照明付き容器は、透光性容器1が不透明な容器6の上に載せられ、同透光性容器1と容器6との間に照明装置2が配置されていることを特徴とするものである。

0012

本発明のうち請求項8の照明付き容器は、照明装置2の照明が点滅するようにしたことを特徴とするものである。

0013

本発明のうち請求項9の照明付き容器は、照明装置2の照明が散乱するようにしたことを特徴とするものである。

0014

本発明のうち請求項10の照明付き容器は、照明装置2に音を発生させる音発生器取り付けたことを特徴とするものである。

0015

本発明のうち請求項11の照明付き容器は、透光性容器1を照明装置2の上にセットした時に同照明装置2が点灯するようにしたことを特徴とするものである。

0016

本発明のうち請求項1の照明付き容器では、透光性容器1の下に配置した照明装置2を点灯させると同透光性容器1が光るため、卓上の雰囲気を演出することができる。

0017

本発明のうち請求項2の照明付き容器では、透光性容器1が氷の容器であるため、同容器1に刺身、オードブル、フルーツ、アイスクリーム等の料理を盛りつけるとその鮮度が長い時間保たれ、また新鮮さもアピールすることができる。

0018

本発明のうち請求項3の照明付き容器では、透光性容器1がガラス製又は樹脂製であるため、請求項2のものよりも取扱が簡単となり、使い勝手が良い。

0019

本発明のうち請求項4の照明付き容器では、透光性容器1が透光性のあるガラス製又は樹脂製の容器3の上に氷の容器を載せたものであるため、氷が溶けても水が容器3の上に溜り、テーブルを濡らすようなことがない。

0020

本発明のうち請求項5の照明付き容器では、透光性容器1に水を霧状に気化して吹出可能な加湿器4が設けられているため、光とスモークを合わせた効果的な演出が可能となる。

0021

本発明のうち請求項6の照明付き容器では、透光性容器1に立体装飾5が形成されているため、立体装飾5の美しさと同装飾に当てられた光とにより効果的な演出が可能となる。

0022

本発明のうち請求項7の照明付き容器では、透光性容器1が不透明な容器6の上に載せられ、同透光性容器1と容器6との間に照明装置2が配置されているため、光の演出の他に陶磁器の豪華さも加えることができるため効果的な演出が可能となる。

0023

本発明のうち請求項8の照明付き容器では、照明装置2の照明が点滅するためきれいに見える。

0024

本発明のうち請求項9の照明付き容器では、照明装置2の照明が散乱するためきれいに見える。

0025

本発明のうち請求項10の照明付き容器では、照明装置2に音を発生させる音発生器を取り付けたため、光と音を組み合わせた効果的な演出ができる。

0026

本発明のうち請求項11の照明付き容器は、透光性容器1を照明装置2の上にセットした時に同照明装置2が点灯するようにしたため、スイッチ操作等の面倒な作業が不要である。

0027

本発明の照明付き容器の第一の実施例を図1に示す。この照明付き容器は、同図(b)の断面図に示されるように、刺身、オードブル、フルーツ、アイスクリーム等の料理を盛り付ける透光性容器1と、同透光性容器1に光を照射する照明装置2とで構成されている。

0028

前記透光性容器1はガラス製の容器3の上に氷の容器10を重ねた構成となっている。前記容器10は氷を円盤状に形成したもので、外周縁部分がわずかに跳ね上がり、中央部分が円錐台形ドーム状に盛り上がってる。この容器10は氷の固まりを削って前記形状に形成しても良いが、これでは手間がかかるので、予め作成する氷器外形に合わせて専用の製氷容器を作成し、同容器に水を入れて−30〜−40℃の冷凍庫で凍らせ、最後に製氷容器から水が凍ってできた容器10を取り出せるようにすれば、簡単に同じ形状の氷の容器10が作り出せる。なお、この氷の容器10は工場で大量に生産しておき、ホテルや旅館に宅配供給できるようにしても良い。

0029

前記容器3は前記容器10と同じような円盤状に形成されたガラス製の器で、その外周縁部分が大きく跳ね上がり、また中央部分に前記容器10の盛り上がり部分に嵌るような盛り上がりができている。なお、この容器3の表面には突起11が多数形成されているため、その上に容器10を載せると両容器3、10の間に隙間ができ、容器10が溶けて水が出ても容器3の上に溜るようになっている。従って、テーブルが濡れるようなこともない。

0030

前記照明装置2は、発光ダイオード15及び豆球ランプ30と、それらに電気を供給する電池16と、それらを納める樹脂製のケース17とで構成されている。なお、このケース17の中央部分は前記容器3の盛り上がり部分に嵌るドーム部18となり、その外周部分は前記容器3を載せて支持させるための円盤状の支持台19となっている。なお、前記発光ダイオード15や豆球ランプ30の変わりに別な電球を使用しても良い。

0031

前記発光ダイオード15はドーム部18の上面部分に開けられた小さな穴に内側から差し込まれ、各発光ダイオード15の電極には電池16が配線されている。この発光ダイオード15のON/OFFはドーム部18の底面に取り付けたON/OFFスイッチ(図示されていない)によって行うことができる。なお、前記ON/OFFスイッチとしてプッシュ式マイクロスイッチを用い、同スイッチのプッシュタンを氷の容器10の下側に突き出させ、同容器10をセットした状態でON、外した状態ではOFFになるようにしておくと容器10をセットした時に自動的に照明装置2が点灯するようになる。

0032

なお、この照明装置2に点滅回路を取り付けて前記発光ダイオード15が点滅発光するようにしてもよい。また、前記発光ダイオード15の代わりに豆電球等を用いても良いが、この場合は消費電力が大きく、また発熱量も多くなるので容器10が溶け易くなり注意が必要である。

0033

本発明の照明付き容器の第二の実施例を図2に示す。この照明付き容器は実施例1と同様に、透光性容器1と、同透光性容器1に光を照射する照明装置2とで構成されている。

0034

前記透光性容器1は実施例1と同様にガラス製の容器3の上に氷の容器10を重ねた構成となっており、容器3と容器10とが夫々円盤型に形成され、さらに容器3の裏面に形成されている円筒形状の支持部16により透光性容器1がテーブル上に直接セットできるようにしてある。

0035

前記照明装置2は実施例1のそれと同じく発光ダイオード15、同発光ダイオード15に電気を供給する電池16、それらを納める樹脂製のケース17で構成されたもので、前記容器3の盛り上がり部分の内側に嵌め込まれている。

0036

本発明の照明付き容器の第三の実施例を図3に示す。この照明付き容器は実施例1と同様に、透光性容器1と、同透光性容器1に光を照射する照明装置2とで構成されている。

0037

前記透光性容器1は実施例1と同じくガラス製の容器3の上に氷の容器10を重ねた構成となっており、容器3と容器10とが夫々円盤型に形成され、さらに容器3の裏面中央部には裏蓋20が取り付けられている。この裏蓋20の内側は照明装置2を収容させるための収容空間21となっており、また同裏蓋20は容器3の台の役目も兼ね備え、透光性容器1を直接テーブル上にセットすることができるようにしてある。

0038

前記照明装置2は発光ダイオード15、同発光ダイオード15に電気を供給する電池16とで構成され、それらが前記容器3の収容空間21内に収容されている。なお、前記発光ダイオード15は容器3の表面に形成された穴に内側から差し込まれて取り付けられているため、穴と発光ダイオード15との間に少しでも隙間があると収容空間21内に水が入って回路ショートさせる虞があるため、隙間に樹脂などを充填させて水が入り込まないようにする等、防水対策を施す必要がある。

0039

本発明の照明付き容器の第四の実施例を図4に示す。この照明付き容器は、透光性容器1と、同透光性容器1に光を照射する照明装置2と、加湿器4とで構成されている。

0040

前記透光性容器1は実施例1と同じくガラス製の容器3の上に氷の容器10を重ねた構成となっており、容器3と容器10とが夫々円盤状に形成されている。ただし、中央部の盛り上がりが実施例1のものよりも高くなっている。

0041

前記照明装置2は、実施例1と同様に、発光ダイオード15と、同発光ダイオード15に電気を供給する(図4には図示されていない)電池16と、それらを納める樹脂製のケース17とで構成され、同ケース17の中央部分のドーム部18が前記容器3の盛り上がり部分に嵌り、その外周側の支持台19がその上に載せてある容器3を支持できるようになっている。このドーム部18は前記容器3に合わせて実施例1のものより高く形成されおり、同ドーム部18内に超音波加湿器4を内蔵させてある。

0042

この超音波加湿器4は、水タンク21と、同タンク21内の水を霧状に気化させる振動板22と、同振動板22によって気化された水をドーム部18の上部に形成された吹出口23より吹き出させるための(図示されていない)ファンを備えているものである。

0043

本発明の照明付き容器の第五の実施例を図5(a)に示す。この照明付き容器は、透光性容器1と、同透光性容器1に光を照射する照明装置2と、透光性容器1及び照明装置2を載せる容器6とで構成されている。

0044

前記透光性容器1は実施例1で使用した氷の容器10であり、その上に刺身、オードブル、フルーツ、アイスクリーム等の料理を盛り付けする。

0045

前記容器6は円盤状に形成された陶磁器である。この陶磁器6は裏面に円筒形状の支持部25が形成され、直接テーブル上にセットすることができるようにしてある。

0046

前記照明装置2は実施例1のそれと同じく発光ダイオード15、同発光ダイオード15に電気を供給する電池16、それらを納める樹脂製のケース17で構成されているが、同ケース17は前記陶磁容器3の上面中央部にセットされるようにしてある(陶磁器はガラスのように光を透過させることができないためこのような配置にする)。なお、この照明装置2は水に濡れるため、発光ダイオード15の取り付け部分等水の侵入する虞がある場所防水処理しておかなければならない。

0047

なお、図5(b)に示す照明付き容器は同図(a)の照明付き容器とまったく同じ構造のものであるが、容器10の中央部に形成される盛り上がりと、照明装置2のケース17の形状がピラミッド状に形成されたものである。

0048

本発明の照明付き容器の第六の実施例を図6に示す。この照明付き容器は実施例1と同様に、透光性容器1と、同透光性容器1に光を照射する照明装置2とで構成されている。

0049

前記透光性容器1は長方形をしており、ガラス製の容器3の上に氷の容器10を重ねた構成となっている。前記容器3は容器10より大きな長方形に形成され、同容器3の中央部に、ミニチュア樹氷(立体装飾5)を取り付けた容器10がセットされている。なお、樹氷5の雰囲気を出すために容器10の上にを載せてもよい。また、この容器10は図6(b)に示すような雪山彫刻にしてもよい。

0050

前記照明装置2は実施例1のそれと同じく発光ダイオード15、同発光ダイオード15に電気を供給する電池16とを備えており(図示されていない)、前記容器3の中央部分の裏面側にセットされ、その裏側から光を照射できるようにしてある。

0051

なお、この照明付き容器に実施例4で説明した超音波加湿器4をセットすると樹氷や雪山に霧がかかったような雰囲気を作り出すことができる。なお、超音波加湿器をセットする場所がない場合にはドライアイスを用いて白いスモークを発生させても良い。

0052

またこの他、前記容器10に図7(a)に示すようなピラミッドの立体装飾5を形成しても良く、さらに超音波加湿器を組み合わせて同ピラミッドの上から霧が吹き出すようにしても良い{同図(b)}。

0053

本発明の照明付き容器の第七の実施例を図8に示す。この照明付き容器は実施例1と同様に、透光性容器1と、同透光性容器1に光を照射する照明装置2とで構成されており、特にアイスクリームの盛り付けに適するように構成したものである。

0054

前記透光性容器1はガラス製の容器3の上に氷の容器10を重ねた構成となっている。前記容器3はおわん型に形成された器であり、同容器3の上面に、円盤状に形成し、且つ外周部分に下側に垂れ下がるような縁を形成した氷の容器10を載せてある。また、同容器3の下部には円錐台形の支持部30が形成されている。

0055

前記照明装置2は、発光ダイオード15と同発光ダイオード15に電気を供給する電池16で構成されており、前記容器3の支持部30の内側に取り付けられている。

0056

本発明の照明付き容器の第八の実施例を図9に示す。この照明付き容器は実施例1と同様に、透光性容器1と、同透光性容器1に光を照射する照明装置2とで構成されており、特に酢のもの等の盛り付けに適するように構成したものである。

0057

前記透光性容器1はガラス製の容器3の中に氷の容器10を落とした構成となっている。前記容器3は方形小鉢型に形成された器で、同容器3の中に、ケース17に納められた照明装置2を入れ、更にその上に四角い板状の氷の容器10を載せている。

0058

この他、実施例1〜8の透光性容器1の底面に、図10に示すように複雑なカット面31を形成したり、或はダイヤモンドのようなカット面を形成して、照明装置2から出る光を同カット面で複数方向に散乱させてもよく、また照明装置2内にメロディ音を発生させる(図示されていない)音発生器を取り付けて光と音とを組み合わせた演出を行える様にしても良い。なお、この音発生器としてはオルゴール電子回路によるものを使用できる。

図面の簡単な説明

0059

本発明の照明付き容器によれば下記のような効果がある。
1.請求項1の照明付き容器では、透光性容器1が光るため、卓上の雰囲気を演出することができる。
2.請求項2の照明付き容器では、透光性容器1が氷の容器であるため、同容器1に刺身、オードブル、フルーツ、アイスクリーム等の料理を盛りつけるとその鮮度が長い時間保たれ、また新鮮さもアピールすることができる。
3.請求項3の照明付き容器では、透光性容器1がガラス製又は樹脂製であるため使い勝手が良い。
4.請求項4の照明付き容器では、透光性容器1が透光性のあるガラス製又は樹脂製の容器3の上に氷の容器を載せたものであるため、氷が溶けても水が容器3の上に溜り、テーブルを濡らすようなことがない。
5.請求項5の照明付き容器では、透光性容器1に水を霧状に気化して吹出可能な加湿器4が設けられているため、光とスモークを合わせた効果的な演出が可能となる。
6.請求項6の照明付き容器では、透光性容器1に立体装飾5が形成されているため、立体装飾5の美しさと同装飾に当てられた光とにより効果的な演出が可能となる。
7.請求項7の照明付き容器では、透光性容器1が不透明な容器6の上に載せられ、同透光性容器1と容器6との間に照明装置2が配置されているため、光の演出の他に陶磁器の豪華さも加えることができるため効果的な演出が可能となる。
8.請求項8の照明付き容器では、照明装置2の照明が点滅するためきれいに見える。
9.請求項9の照明付き容器では、照明装置2の照明が散乱するためきれいに見える。
10.請求項10の照明付き容器では、照明装置2に音を発生させる音発生器を取り付けたため、光と音を組み合わせた効果的な演出ができる。

--

0060

図1(a)は本発明の照明付き容器の第一の実施例を示す斜視図、(b)はその縦断面図。
図2本発明の照明付き容器の第二の実施例を示す縦断面図。
図3本発明の照明付き容器の第三の実施例を示す縦断面図。
図4本発明の照明付き容器の第四の実施例を示す縦断面図。
図5(a)は本発明の照明付き容器の第五の実施例を示す縦断面図であり、(b)はさらに別な例を示した縦断面図。
図6(a)は本発明の照明付き容器の第六の実施例を示す斜視図、(b)は(a)の照明装置に使用される透光性容器1の他の例を示す斜視図。
図7(a)は図6の照明付き容器の別な例を示す斜視図、(b)は(a)の照明付き容器に加湿器を取り付けた場合の斜視図。
図8(a)は本発明の照明付き容器の第七の実施例を示す斜視図、(b)はその縦断面図。
図9(a)は本発明の照明付き容器の第八の実施例を示す斜視図、(b)はその縦断面図。
図10本発明の照明付き容器に使用される透光性容器のその他の例を示す断面図。

0061

1透光性容器
2照明装置
3容器
4加湿器
5立体装飾
6 容器

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する未来の課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 機械学習・深層学習(Deep Learning)

    2012年6月26日、Google Official Blog は、ネコと思しき1枚の画像とともにあ…

  • ワクチンと自然免疫制御

    2009年6月、世界保健機関(WHO)は、新型インフルエンザA(N1H1)のパンデミック(pande…

  • CCS(CO2の分離・回収、地下・海底貯留)

    CCS(Carbon dioxide Capture and Storage:二酸化炭素回収・貯蔵技…

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

新着 最近公開された関連が強い技術

この技術と関連性が強い技術

この技術と関連性が強い人物

この技術と関連する未来の課題

関連する未来の課題一覧

この技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ