図面 (/)

技術 柔軟剤組成物

出願人 ライオン株式会社
発明者 森田宏二瓶秀一
出願日 1993年1月30日 (27年9ヶ月経過) 出願番号 1993-034773
公開日 1994年8月16日 (26年3ヶ月経過) 公開番号 1994-228874
状態 特許登録済
技術分野 繊維製品への有機化合物の付着処理
主要キーワード 吸水性評価 ハイトップ 脂肪酸アンモニウム 級アンモニウム塩型カチオン界面活性剤 ジ長鎖アルキルジ 軟化処理 一対比較 電気洗濯機
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1994年8月16日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

構成

(a)2つの長鎖炭化水素基を有し、そのうちの少なくとも1つはエステル基中断されており、ヨウ素価が30〜100である第4級アンモニム塩型カチオン界面活性剤と、(b)ヨウ素価が30〜300である炭素数12〜22の脂肪酸またはその塩を30/1〜3/1で含有する柔軟剤組成物

効果

木綿等の天然繊維吸水性を損なうことなく、化学繊維に対して優れた柔軟付与効果を発揮する。

概要

背景

従来、洗濯後衣料に柔軟性を付与するための柔軟剤組成物としては、ジ長鎖アルキルジ短鎖アルキル第4級アンモニウム塩を主成分としたものが一般的であった。しかし、このものは、生分解性に劣るために河川汚染の原因の一つとされている。そのため、長鎖アルキルエステル基を有する第4級アンモニウム塩を用いて生分解性を良好にする試みがなされてきている(特開昭63−6168号公報)。しかしながら、このエステル型第4級アンモニウム塩は、天然繊維吸水能を低下させるという問題があった。

概要

(a)2つの長鎖炭化水素基を有し、そのうちの少なくとも1つはエステル基で中断されており、ヨウ素価が30〜100である第4級アンモニム塩型カチオン界面活性剤と、(b)ヨウ素価が30〜300である炭素数12〜22の脂肪酸またはその塩を30/1〜3/1で含有する柔軟剤組成物。

木綿等の天然繊維の吸水性を損なうことなく、化学繊維に対して優れた柔軟付与効果を発揮する。

目的

本発明は、天然繊維の吸水性を低下させることなく、繊維、特に化学繊維に対する柔軟付与効果に優れた柔軟剤組成物を提供するものである。

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
5件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

以下の(a)および(b)成分を、(a)/(b)の重量比で30/1〜3/1の範囲で含有することを特徴とする柔軟剤組成物。(a) 2つの長鎖炭化水素基を有し、そのうちの少なくとも1つはエステル基中断されており、ヨウ素価が30〜100である第4級アンモニム塩型カチオン界面活性剤(b) ヨウ素価が30〜300である炭素数12〜22の脂肪酸またはその塩

技術分野

対照カチオン6 0 − − − 0 0 40

背景技術

0001

本発明は、柔軟剤組成物に関し、特に天然繊維吸水能を低下させず、しかも、化学繊維への柔軟性が特に優れた柔軟剤組成物に関する。

発明が解決しようとする課題

0002

従来、洗濯後衣料に柔軟性を付与するための柔軟剤組成物としては、ジ長鎖アルキルジ短鎖アルキル第4級アンモニウム塩を主成分としたものが一般的であった。しかし、このものは、生分解性に劣るために河川汚染の原因の一つとされている。そのため、長鎖アルキルエステル基を有する第4級アンモニウム塩を用いて生分解性を良好にする試みがなされてきている(特開昭63−6168号公報)。しかしながら、このエステル型第4級アンモニウム塩は、天然繊維の吸水能を低下させるという問題があった。

課題を解決するための手段

0003

本発明は、天然繊維の吸水性を低下させることなく、繊維、特に化学繊維に対する柔軟付与効果に優れた柔軟剤組成物を提供するものである。

0004

本発明の柔軟剤組成物は、以下の(a)および(b)成分を、(a)/(b)の重量比で30/1〜3/1の範囲で含有することを特徴とする。
(a) 2つの長鎖炭化水素基を有し、そのうちの少なくとも1つはエステル基で中断されており、ヨウ素価が30〜100である第4級アンモニム塩型カチオン界面活性剤
(b) ヨウ素価が30〜300である炭素数12〜22の脂肪酸またはその塩。

0005

(a)成分の第4級アンモニウム塩型カチオン界面活性剤としては、2つの長鎖炭化水素基を有し、そのうち一方がエステルで中断された長鎖炭化水素基であるものが1種または2種以上組み合わせて用いられ、このカチオン界面活性剤のヨウ素価は30〜100、好ましくは40〜90であることが必要である。このようなカチオン界面活性剤としては、以下の化1〜化3(一般式I−1〜I−7)の化合物が用いられる。

0006

0007

0008

0009

上記一般式中のR1CO−,R3CO−は通常、ステアリン酸パルミチン酸等の飽和高級脂肪酸オレイン酸エライジン酸リノール酸リノレン酸等の不飽和高級脂肪酸、牛脂豚脂パーム油パーム核油大豆油サフラワー油ヒマワリ油オリーブ油等の天然油脂を分解、精製して得られる脂肪酸から由来するものであるが、この中でも特にオレイン酸、ステアリン酸、牛脂脂肪酸、硬化牛脂脂肪酸パーム油脂肪酸、硬化パーム油脂肪酸、パーム核油脂肪酸、硬化パーム核油脂肪酸が好適である。なお、不飽和高級脂肪酸としては、立体異性体シス体またはトランス体であっても、あるいは両者の混合物であってもよいが、特にシス体/トランス体の比率が25/75〜100/0(重量比)であることが好ましい。

0010

R1,R3は同一でも異なっていてもよい。R2,R4は、炭素数1〜4のアルキレン基であり、具体的にはメチレン基エチレン基プロピレン基ブチレン基であり、直鎖状でも分岐鎖状でもよい。R8は、ラウリル基ミリスチル基、パルミチル基、ステアリル基オレイル基、リノール基、リノレン基などの炭素数12〜24、好ましくは16〜22のアルキル基またはアルケニル基、あるいは炭素数15〜26のヒドロカルビル基である。本発明でヒドロカルビル基とは、以下の化4で示されるエステル基、アミド基分断されたアルキル基またはアルケニル基を意味する。

0011

ID=000005HE=060 WI=042 LX=1290 LY=2150
(R11:アルキル基またはアルケニル基
R12:アルキレン基またはアルケニレン基、但し、R11とR12との合計炭素数は15〜24であり、R12の炭素数は1〜4が好ましい。)

0012

R5,R6,R7 は、同一でも異なっていてもよく、それぞれ炭素数1〜4のアルキル基またはヒドロキシアルキル基であり、具体的にはメチル基エチル基プロピル基ヒドロキシメチル基ヒドロキシエチル基ヒドロキシプロピル基が挙げられるが、特にメチル基、エチル基、ヒドロキシエチル基が好ましい。X- は陰イオンであり、具体的には塩素臭素ヨウ素等のハロゲン原子アニオン、R13SO4 で示されるサルフェートアニオンなどが例示される。ここで、R13は炭素数1〜3のアルキル基であり、特にメチル基が好適である。

0013

また、前述の一般式(I−1〜I−7)において、R1COO−あるいはR3COO−を、R1′OCO−あるいはR3′OCO−で置き換えた逆エステル型の第4級アンモニウム塩を使用することもできる。R1′,R3′は好ましい炭素数が16〜22のアルキル基またはアルケニル基である。

0014

一般式(I−1)の化合物の具体例としては、ジ(オレオイルオキシエチルジメチル第4級アンモニウムクロライド、オレオイルオキシエチルエライジルオキシエチルジメチル第4級アンモニウムクロライド、ジ(オレオイルオキシブチル)ジメチル第4級アンモニウムメチルサルフェート、ジ(オレオイルオキシイソプロピル)ジメチル第4級アンモニウムクロライド等が挙げられる。

0015

一般式(I−2)の化合物の具体例としては、ステアリル(オレオイルオキシエチル)ジメチル第4級アンモニウムクロライド、エライジル(パルミトイルオキシエチル)ジメチル第4級アンモニウムクロライド、オレイル(ステアロイルオキシイソプロピル)ジメチル第4級アンモニウムクロライド、オレイル(ステアロイルオキシプロピル)ジメチル第4級アンモニウムメチルサルフェート、パルミチル(オレオイルオキシブチル)ジブチル第4級アンモニウムクロライド、N−オレオイルアミノエチル−N−オレオイルオキシエチル−N,N−ジメチル第4級アンモニウムミロライド、N−硬化牛脂アミノメチル−N−オレオイルオキシメチル−N,N−ジメチル第4級アンモニウムクロライド等が挙げられる。ここで、硬化牛脂アミノメチルとは、RCONHCH2−(RCO−は硬化牛脂脂肪酸残基)を指す。

0016

一般式(I−3)の化合物の具体例としては、1−メチル−1−オレオイルオキシエチル−2−オレオイルオキシエチル−4,5−ジヒドロイミダゾリニウムクロライド、1−エチル−1−リノレイルオキシエチル−2−エライジルオキシエチル−4,5−ジヒドロイミダゾリニウムクロライド等が挙げられる。

0017

一般式(I−4)の化合物の具体例としては、1−メチル−1−オレオイルオキシエチル−2−オレイル−4,5−ジヒドロイミダゾリニウムクロライド、1−メチル−1−エライジルオキシプロピル−2−オレイル−4,5−ジヒドロイミダゾリニウムクロライド等が挙げられる。

0018

一般式(I−5)の化合物の具体例としては、1−メチル−1−牛脂アミノエチル−2−オレオイルオキシエチル−4,5−ジヒドロイミダゾリニウムクロライド、1−メチル−1−牛脂アミノエチル−パルミトイルオキシプロピル−4,5−ジヒドロイミダゾリニウムクロライド等が挙げられる。ここで、牛脂アミノエチルとは、RCONHC2H4−(RCO−は牛脂脂肪酸残基)を指す。

0019

一般式(I−6)の化合物の具体例としては、1,1−ジオレオイルオキシエチル−3−トリメチルアンモニウムプロパンクロライド、1−オレオイルオキシエチル−1−ステアロイルオキシイソプロピル−3−トリメチルアンモニウムプロパンクロライド等が挙げられる。

0020

一般式(I−7)の化合物の具体例としては、1−ステアリル−1−オレオイルオキシエチル−3−トリメチルアンモニウムプロパンメチルサルフェート、1−オレイル−1−オレオイルオキシエチル−3−トリメチルアンモニウムプロパンクロライド等が挙げられる。

0021

(a)成分のカチオン界面活性剤は、本発明の柔軟剤組成物中に3〜30重量%配合するのが好適であり、好ましくは5〜15重量%である。(b)成分としては、ヨウ素価が30〜300、好ましくは50〜200であって、炭素数が12〜22、好ましくは14〜18の脂肪酸および/またはその塩が用いられる。ここで塩として、脂肪酸のアルカリ金属塩アルカノールアミン塩、低級アルキルアミン塩アンモニウム塩などが用いられる。

0022

(b)成分の具体例としては、オレイン酸、エライジン酸、エルカ酸オレイン酸ナトリウム、牛脂脂肪酸アンモニウム、パーム油脂肪酸カリウムなどを挙げることができ、これらは単独であるいは2種以上を併用して配合できる。本発明では、(a)成分および(b)成分のヨウ素価と配合比率とを特定することにより、(a)成分または(b)成分を単独で用いるよりも化学繊維に対して優れた柔軟性付与効果を示し、しかも木綿などの天然繊維の吸水性を損なうことがない。(a)成分または(b)成分のどちらかのヨウ素価が特許請求の範囲の規定よりも低い場合には、柔軟性は良好であるが、吸水性を低下させてしまう。一方、(a)成分または(b)成分のどちらかのヨウ素価が特許請求の範囲より大きい場合は、柔軟性付与効果を発現しない。

0023

(a)成分と(b)成分とは、重量比で(a)/(b)=30/1〜3/1、好ましくは25/1〜4/1の範囲で柔軟剤組成物中に配合される。この比率が30/1を超えると吸水性が低下し、一方、3/1未満では柔軟性付与効果が極端に低下するので好ましくない。

発明の効果

0024

本発明の柔軟剤組成物には、上記成分以外にその他の任意成分として、通常柔軟剤組成物に配合される公知の成分を本発明の効果を妨げない範囲で配合することができる。任意成分としては、例えば、ジ長鎖アルキルジ短鎖アルキル第4級アンモニウム塩等の第4級アンモニウム塩、ステアリン酸等の高級脂肪酸、2−エチルヘキサン酸グリセリンまたはペンタエリスリトールとの部分エステル化物や、高級脂肪酸、高級アルコールまたはモノアルキルアミンアルキレンオキシド付加物等の非イオン界面活性剤食塩塩化アンモニウム塩化カルシウム塩化マグネシウム塩化カリウム等の水溶性塩エチルアルコールイソプロピルアルコールエチレングリコールプロピレングリコールイソプレングリコールヘキシレングリコール等の溶剤尿素殺菌剤酸化防止剤染料顔料シリコーン類炭化水素セルロース誘導体紫外線吸収剤蛍光増白剤香料等が挙げられる。

0025

本発明によれば、(a)特定のヨウ素価を有しエステル基で中断された長鎖炭化水素基を有するジ長鎖の第4級アンモニウム塩型のカチオン界面活性剤と、(b)特定のヨウ素価を有する脂肪酸またはその塩とを特定比率で併用して柔軟剤組成物とすることにより、木綿等の天然繊維の吸水性を損なうことなく、化学繊維に対して優れた柔軟付与効果を発揮する。

0026

以下に実施例および比較例を示して本発明を具体的に説明するが、これに先立って実施例で採用した評価方法を示す。

0027

(1) 柔軟化処理方法
木綿として市販の綿タオルを、また、化学繊維としてアクリルジャージを用い、市販衣料用洗剤ハイトップ」(商品類、ライオン(株)製)により電気洗濯機を用いて50℃で2回繰り返し洗濯後、常温水道水で充分すすぎ、これを試験布とした。次に、25℃の水道水30リットルに対し、(a)成分と(b)成分の合計量として1gになるように柔軟剤組成物を加えて均一溶液とした。この溶液中に浴比30倍で綿タオルとアクリルジャージの比率を7/3として各試験布を浸し3分間処理した後、2分間脱水した。このように処理した布を風乾した後、25℃、65%RHの条件で24時間放置し、評価試験に用いた。

0028

(2) 柔軟性評価方法
ジメチルジステアリル第4級アンモニウムクロライドを柔軟剤基剤として配合した柔軟剤組成物で処理した布を対照にして一対比較を行ない、下記基準にて評価した。
+2:対照より柔らかい
+1:対照よりやや柔らかい
0:対照と同じ
−1:対照の方がやや柔らかい
−2:対照の方が柔らかい

0029

(3)吸水性評価方法
仕上げ処理を行なった綿タオルをJIS L 1096に準じ、2cm×15cmに裁断青色色素で着色した純水(25℃)に5mm浸漬し、5分間に上昇する水の高さ(mm)を測定した。

0030

実施例
以下の表1に示した(a)成分と、(b)成分の脂肪酸(塩)とを用い、表2に示した柔軟基剤を含有する液体柔軟剤組成物を調製して柔軟性を評価し、その結果を表2に示した。

0031

表1:柔軟基剤(a)成分(カチオン界面活性剤)
記 号化合物名
カチオン1 ジ(オレオイルオキシエチル)ジメチル
第4級アンモニウムクロライド
カチオン2 1−メチル−1−ステアロイルオキシエチル−2−オレオイル
オキシエチル−4,5−ジヒドロイミダゾリニウムクロライド
カチオン3 1−メチル−1−エライジルオキシプロピル−2−オレイル
−4,5−ジヒドロイミダゾリニウムクロライド
カチオン4 N−ベヘニルアミノメチル−N−オレオイルオキシエチル−
N,N−ジメチル第4級アンモニウムクロライド
カチオン5ステアリル(ステアロイルオキシエチル)ジメチル
第4級アンモニウムメチルサルフェート
カチオン6 ジメチルジステアリル第4級アンモニウムクロライド(対照)

0032

表2:基剤組成および評価結果
基 剤 組 成 評 価 結 果
(a)成分 (b)成分 柔軟性
化 ヨ 化 ヨ (a)/(b) ア 吸
合 ウ 合 ウ 重 木 ク 水
物 素 物 素 量 綿 リ 性
名 価 名 価 比 ル (mm)
実施例1カチオン1 71オレイン酸90 5/1 0 +1 85
比較例イ カチオン1 71 オレイン酸 90 1/1 −2 +1 90
比較例ロ カチオン1 71ステアリン酸0 5/1 0 +1 40
比較例ハ カチオン5 0リノール酸181 10/1 0 0 40
実施例2 カチオン2 36 オレイン酸 90 5/1 0 +1 75
比較例ニ カチオン2 36 オレイン酸 90 100/1 0 +1 45
実施例3 カチオン2 36エライジン酸90 10/1 0 +1 75
実施例4 カチオン3 75 オレイン酸 90 10/1 0 +1 80
実施例5 カチオン4 34エルカ酸75 4/1 +1 +2 80

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ