図面 (/)

技術 冷間ロール成形機の駆動軸連結装置

出願人 株式会社中田製作所
発明者 松本渉一
出願日 1993年1月8日 (27年3ヶ月経過) 出願番号 1993-018193
公開日 1994年7月19日 (25年9ヶ月経過) 公開番号 1994-198344
状態 未査定
技術分野 防振装置 継手 板・棒・管等の曲げ
主要キーワード 次工程設備 異種形状 ロール軸間 コモンベース カセット方式 緩衝支持 冷間ロール 素材供給
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1994年7月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

目的

上下ロール軸間距離の変更を問わず、また、複数のロールスタンドを載置したサブベースであっても、サブベースをコモンベース上でスライドさせてロール軸との接続を一度で完了させることが可能な冷間ロール成形機駆動軸連結装置の提供。

構成

サブベース10に載置した中間スタンド14の同一平面上に配設した複数のカップリング20と出力軸とを嵌合するが、上下ロール軸12,12間距離の変更があっても中間スタンド14のカップリング20位置に影響がなく、カップリング20が水平、垂直の直径方向にばね16で緩衝支持し、嵌合時に多少の位置ずれがあっても、自動調芯されて多数のカップリング20と出力軸7との嵌合を一度で完了でき、嵌合時は入口ガイド23とスプラインガイド8とのガイド同士の予備嵌合後に、カップリング20のスプライン軸受21と出力軸7との本嵌合が行われ、自動調芯の際に本体22側のスプライン溝を損傷しない。

概要

背景

冷間ロール成形機(以下ロール成形機という)は、様々な工業製品金属部材を種々形状に成形加工するために多用されており、通常は多数の成形ロールスタンド(以下ロールスタンドという)を設置した成形ライン上流側に素材供給用の付帯設備、下流側には穿孔、切断、曲げなどの次工程設備が接続されている。かかる1本の成形ラインで複数の異種形状成形を行うには、その形状に応じたロール段数並びに専用の成形ロール交換し、さらに上限ロール軸間調整を行い圧下力を調整するなど多大の時間と手間を要していた。

そこで、コモンベースに脱着可能に構成したサブベースに複数のロールスタンドを載置し、オフライン事前に成形ロール交換や前記調整を完了させておき、サブベースごと交換して、コモンベースに付設される駆動源と接続する、所謂カセット方式の冷間ロール成形機が実用化されている。さらに、省力化を進めるため、上記のサブベースを複数用意して、被成形形状ごとに専用の成形ロールを配置して専用化し、需要に応じてサブベースを交換することが行われている。

概要

上下ロール軸間距離の変更を問わず、また、複数のロールスタンドを載置したサブベースであっても、サブベースをコモンベース上でスライドさせてロール軸との接続を一度で完了させることが可能な冷間ロール成形機の駆動軸連結装置の提供。

サブベース10に載置した中間スタンド14の同一平面上に配設した複数のカップリング20と出力軸とを嵌合するが、上下ロール軸12,12間距離の変更があっても中間スタンド14のカップリング20位置に影響がなく、カップリング20が水平、垂直の直径方向にばね16で緩衝支持し、嵌合時に多少の位置ずれがあっても、自動調芯されて多数のカップリング20と出力軸7との嵌合を一度で完了でき、嵌合時は入口ガイド23とスプラインガイド8とのガイド同士の予備嵌合後に、カップリング20のスプライン軸受21と出力軸7との本嵌合が行われ、自動調芯の際に本体22側のスプライン溝を損傷しない。

目的

前記のサブベースを交換する所謂カセット方式のロール成形機は、オフラインで事前に成形ロール交換や調整を完了させておくことで省力化を図ることを目的の一つとするが、コモンベース側に設けられる駆動系とサブベース側のロールスタンドのロール軸との接続方法接続機構により、サブベース交換時間が決定されるという問題がある。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

コモンベース側に設けられる駆動系とサブベース側のロールスタンドロール軸とを接続する冷間ロール成形機駆動軸連結装置において、複数のロールスタンドを載置したサブベース上に各ロール軸と接続したユニバーサルジョイントの他端に装着したカップリングを支持する中間スタンドを配置し、中間スタンドの同一平面上に配設されて内周面に軸方向のスプライン溝を形成したカップリングをそれぞれ任意の複数直径方向に移動可能に緩衝支持し、かつカップリング入口にスプライン溝を形成したガイド着脱可能に配置し、さらにコモンベース側の駆動系の出力軸にスプライン溝を形成しかつ軸先端外周面にスプライン溝を形成した短円筒状スプラインガイドを着脱可能に装着し、カップリングと出力軸をスプライン嵌合可能にしたことを特徴とする冷間ロール成形機の駆動軸連結装置。

技術分野

0001

この発明は、冷間ロール成形機における駆動軸連結装置の改良に係り上下ロール軸間距離の変更を問わず、また、複数のロールスタンドを載置したサブベースであっても、サブベースをコモンベース上でスライドさせてロール軸との接続を一度で完了させることが可能な冷間ロール成形機の駆動軸連結装置に関する。

背景技術

0002

冷間ロール成形機(以下ロール成形機という)は、様々な工業製品金属部材を種々形状に成形加工するために多用されており、通常は多数の成形ロールスタンド(以下ロールスタンドという)を設置した成形ライン上流側に素材供給用の付帯設備、下流側には穿孔、切断、曲げなどの次工程設備が接続されている。かかる1本の成形ラインで複数の異種形状成形を行うには、その形状に応じたロール段数並びに専用の成形ロール交換し、さらに上限ロール軸間調整を行い圧下力を調整するなど多大の時間と手間を要していた。

0003

そこで、コモンベースに脱着可能に構成したサブベースに複数のロールスタンドを載置し、オフライン事前に成形ロール交換や前記調整を完了させておき、サブベースごと交換して、コモンベースに付設される駆動源と接続する、所謂カセット方式の冷間ロール成形機が実用化されている。さらに、省力化を進めるため、上記のサブベースを複数用意して、被成形形状ごとに専用の成形ロールを配置して専用化し、需要に応じてサブベースを交換することが行われている。

発明が解決しようとする課題

0004

前記のサブベースを交換する所謂カセット方式のロール成形機は、オフラインで事前に成形ロール交換や調整を完了させておくことで省力化を図ることを目的の一つとするが、コモンベース側に設けられる駆動系とサブベース側のロールスタンドのロール軸との接続方法接続機構により、サブベース交換時間が決定されるという問題がある。

0005

従来、ロールスタンドの数段ずつを1つのモータにて駆動する場合、コモンベース側の減速機とサブベース側の上下ロール軸と接続するためのユニバーサルジョイントが、コモンベース側の減速機と接続配置されており、ロール軸とユニバーサルジョイントとの接続を、ロールスタンド数×上下ロール軸数だけ行う必要があり、多大の手間と時間を要していた。そこで、コモンベース側に中間スタンドを設けてユニバーサルジョイントの先端に設けたカップリングを支持させて、サブベースをコモンベース上でスライドさせてロール軸との接続を一度で完了させる機構が提案されたが、成形ロール交換に際し上下ロール軸間距離を変更した時などは特に、該変更に応じて中間スタンドのカップリング位置を正確に調整しておかなければ接続を一度で完了させることができず、特にサブベースに載置されるロールスタンド数が多くなると、接続を一度で完了させることは極めて困難であった。

0006

この発明は、コモンベース側に設けられる駆動系とサブベース側のロールスタンドのロール軸との接続における上述の問題を解消し、上下ロール軸間距離の変更を問わず、また、複数のロールスタンドを載置したサブベースであっても、サブベースをコモンベース上でスライドさせてロール軸との接続を一度で完了させることが可能な冷間ロール成形機の駆動軸連結装置の提供を目的としている。

課題を解決するための手段

0007

この発明は、コモンベース側に設けられる駆動系とサブベース側のロールスタンドのロール軸とを接続する冷間ロール成形機の駆動軸連結装置において、複数のロールスタンドを載置したサブベース上に各ロール軸と接続したユニバーサルジョイントの他端に装着したカップリングを支持する中間スタンドを配置し、中間スタンドの同一平面上に配設されて内周面に軸方向のスプライン溝を形成したカップリングをそれぞれ任意の複数直径方向に移動可能に緩衝支持し、かつカップリング入口にスプライン溝を形成したガイド着脱可能に配置し、さらにコモンベース側の駆動系の出力軸にスプライン溝を形成しかつ軸先端外周面にスプライン溝を形成した短円筒状スプラインガイドを着脱可能に装着し、カップリングと出力軸をスプライン嵌合可能にしたることを特徴とする冷間ロール成形機の駆動軸連結装置である。

0008

この発明による冷間ロール成形機の駆動軸連結装置は、まず、サブベース側にユニバーサルジョイントを配置するため、中間スタンドを配置し各ロール軸と接続したユニバーサルジョイントの他端に装着したカップリングを支持する構成としたことにより、上下ロール軸間距離の変更があっても中間スタンドのカップリング位置に影響がないこと、次に、サブベースに載置して多数のカップリングと駆動系の出力軸との嵌合をスプライン嵌合とするが、中間スタンドの同一平面上に配設した各カップリングを任意の複数直径方向に移動可能にばねなどで緩衝支持したことにより、サブベースをコモンベース上でスライドさせる際に多少の位置ずれがあっても、自動調芯されて多数のカップリングと出力軸との嵌合を一度に完了させることができ、さらに、カップリング入口にスプライン溝を形成したガイドを配置し、さらに出力軸先端に外周面にスプライン溝を形成した短円筒状のスプラインガイドを装着し、上記のスプライン嵌合に際し両ガイド同士の予備嵌合後に、カップリングと出力軸との本嵌合が行われるため、上記の自動調芯の際に本体側のスプライン溝を損傷することがなく、製作が容易で安価なガイドを交換するだけで良く、メンテナンスが容易になる。

0009

この発明による冷間ロール成形機の駆動軸連結装置の一実施例を図面に基づいて詳述する。図1はこの発明による駆動軸連結装置を適用した冷間ロール成形機の一ロールスタンド部分を示す説明図である。図2はカップリングの緩衝支持機構を示す説明図であり、Aはその正面説明図、Bは上面説明図である。図3のAは図2のAの縦断説明図であり、Bは出力軸の縦断説明図である。コモンベース1には図で左側の駆動系ベース2上にコモンモータの動力分配減速するための減速機3が載置され、またスライドベース4上のスライドレール5に沿ってロールスタンド11を載置したサブベース10が図で右側から駆動系ベース2方向にスライドさせて装着し固定するよう構成されている。また、駆動系ベース2上には出力軸スタンド6が配置されて出力軸7が軸支されている。サブベース10上のロールスタンド11は各ロール軸12がユニバーサルジョイント13と接続され、ユニバーサルジョイント13の先端が立設された中間スタンド14に支持されたカップリング20と接続してある。

0010

中間スタンド14には、各カップリング20の支持枠15が配設され、図2のAに示す如く、矩形の支持枠15の三方にばね16を介して上方向に緩衝支持する構成からなり、各ばね16はばね座17で押圧量を調整可能にしてある。カップリング20は内周面にスプライン溝を設けたスプライン軸受21をベアリングで回転自在に軸支した本体22とからなり、さらにスプライン軸受21の入口には開孔径にスプライン溝を形成した板状の一対の入口ガイド23が垂直方向に対向配設してある。また、出力軸7はスプライン軸構成であり、先端部に外周面にスプライン溝を形成した短円筒状のスプラインガイド8がボルト9止めしてある。この入口ガイド23とスプラインガイド8の少なくとも一方のスプライン溝部の形状は、それぞれ嵌入側を刃もの状に先鋭加工して、両者のスプライン溝の山部同士が衝合した際にカップリング20が回転しながら嵌入可能なように構成してある。

0011

以上の構成において、成型ロールの交換やロール軸間距離を調整したロールスタンド11を載置したサブベース10をコモンベース1に駆動系ベース2方向にスライドさせて装着するに際し、サブベース10に載置した中間スタンド14の同一平面上に配設した各カップリング20と出力軸との嵌合をスプライン嵌合とするが、上下ロール軸12,12間距離の変更があっても中間スタンド14のカップリング20位置に影響がなく、カップリング20が水平、垂直の直径方向に移動可能にばね16で緩衝支持したことにより、スライドさせる際に多少の位置ずれがあっても、自動調芯されて多数のカップリング20と出力軸7との嵌合を一度に完了させることができ、さらに嵌合時は入口ガイド23とスプラインガイド8とのガイド同士の予備嵌合後に、カップリング20のスプライン軸受21と出力軸7との本嵌合が行われるため、上記の自動調芯の際に本体22側のスプライン溝を損傷することがない。

発明の効果

0012

この発明は、成型ロールの交換やロール軸間距離を調整した複数のロールスタンドを載置したサブベースをコモンベースに装着する際に、カップリングと出力軸との嵌合をスプライン嵌合とするが、極めて短時間で多数軸の接続を完了することができ、自動調芯ならびにスプライン嵌合のガイド機構が極めて簡単な構成でかつ工作並びに交換が容易であり、維持管理性に優れている。

図面の簡単な説明

0013

図1この発明による駆動軸連結装置を適用した冷間ロール成形機の一ロールスタンド部分を示す説明図である。
図2カップリングの緩衝支持機構を示す説明図であり、Aはその正面説明図、Bは上面説明図である。
図3Aは図2のAの縦断説明図であり、Bは出力軸の縦断説明図である。

--

0014

1コモンベース
2 駆動系ベース
3減速機
4スライドベース
5スライドレール
6出力軸スタンド
7 出力軸
8スプラインガイド
9ボルト
10サブベース
11ロールスタンド
12ロール軸
13ユニバーサルジョイント
14中間スタンド
15支持枠
16 ばね
17ばね座
20カップリング
21スプライン軸受
22 本体
23 入口ガイド

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 東芝エレベータ株式会社の「 パネル加工方法および装置」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】パネル製品の曲げ加工誤差に起因する製品不良を少なくできるようにする。【解決手段】本発明の実施形態によるパネル加工方法は、材料から前記金属板18を切断する切断工程と、 前記金属板18の所定の位... 詳細

  • 株式会社アマダホールディングスの「 金型」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】通常の金型を自動交換用の金型として用いると共に、自動交換用の金型の構成の簡略化を図ること。【解決手段】金型10は、金型本体18と、金型本体18の基端側に形成され、金型交換装置12を用いてプレス... 詳細

  • 株式会社アマダホールディングスの「 金型交換装置」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】通常の金型を自動交換用の金型として用いると共に、自動交換用の金型の構成の簡略化を図ること。【解決手段】第1スライダ46は、上部テーブル16の背面側に複数の上金型ホルダ12に沿って左右方向へ移動... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ