図面 (/)

技術 パチンコ機の画像表示装置

出願人 株式会社平和
発明者 中島健吉
出願日 1992年10月19日 (28年2ヶ月経過) 出願番号 1992-306087
公開日 1994年5月10日 (26年7ヶ月経過) 公開番号 1994-126033
状態 拒絶査定
技術分野 弾球遊技機(パチンコ等) 弾玉遊技機の表示装置
主要キーワード クロック素子 分割境界線 複数列分 LED表示素子 各分割表示 格納番地 特定番地 LCD表示素子
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1994年5月10日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (12)

目的

可変表示装置に表示される識別情報行数増設しながらコストアップを抑止する。

構成

C-G.ROM7に識別情報を一種類づつ格納するほか、少なくとも一端部に位置する3つの識別情報を冗長データとして他端に格納し、スクロール表示時には一端に位置する3つの識別情報を読み出さずに、他端に位置する3つの識別情報を読み出し分割表示面イ〜ハおよび分割表示面ニ〜ヘの境界線Lを中心に3つのうちの中央に位置する停止識別情報を表示すると同時に、この停止識別情報の前後列に配置された両識別情報の全部をそれぞれ分割表示面イ〜ハおよび分割表示面ニ〜ヘに停止表示する。

概要

背景

パチンコ機には画像表示装置を設けた機種があり、この種のパチンコ機の画像表示装置は、複数の表示素子または単体ドットマトリクス表示素子などからなる可変表示装置を設け、パチンコ球遊技盤に配設された入賞領域に入賞または入賞領域を通過したとき、可変表示装置によってゲームが開始される。

このゲームは所定順序に配列された複数種識別情報を、その配列にしたがって可変表示装置に所定時間変動表示させ、この変動表示の終了に基いていずれかの識別情報を可変表示装置の表示素子にそれぞれ停止表示させる。

識別情報はマイクロプロセッサなどによって表示制御され、可変表示装置が複数の表示素子からなる場合には識別情報を各表示素子単位で制御し、ドットマトリクス表示素子からなる場合には表示素子の表示面を所定数に分割し、1つの分割表示面に対して1つの識別情報を対応させて識別情報を表示制御する。

そして可変表示装置に停止表示された識別情報(以下、停止識別情報という)が予め定められた特定の識別情報(以下、特定識別情報という)である場合、遊技者に有利な権利が発生する。

この識別情報の変動表示は、たとえば上方から下方に向かって流れるいわゆるスクロールとよばれる動画によって表現され、上記識別情報は数字アルファベットおよび記号などから構成され、数字の場合には小さい順または大きい順、アルファベットの場合にはABC順に配列された機種が主流を占めている。

また複数行の識別情報が可変表示装置に1列単位で変動表示および停止表示される機種が主流を占め、停止識別情報が所定の組合せである場合を特定識別情報に定めている。

たとえば特定識別情報は、すべて同じ停止識別情報が行(横)方向に並んで停止表示されたとき、また場合によっては停止識別情報が対角線方向に並んで停止表示されたときを定めている。

仮に識別情報を3行3列に停止表示させる可変表示装置の場合、特定識別情報の組合せは行方向3種、対角線方向2種の合計5種類になる。そして可変表示装置は3×3=9個の表示素子または9分割表示面からなる。

さらに4行4列の場合、横方向4種になるため、合計6種類の特定識別情報の組合せが形成される。なお対角線方向の停止識別情報の組合せは、上述した行と列とが同数である場合にのみ成立する。そして可変表示装置は4×4=16個の表示素子または16分割表示面からなる。

いいかえれば可変表示装置に表示される識別情報の行数および列数が同数でない場合、停止識別情報の組合せは対角線方向に形成されない。そして特定識別情報が可変表示装置に停止表示された場合、遊技者に有利な権利が発生する。

このように可変表示装置に一度に停止表示される識別情報の行数および列数が多くなるほど、特定識別情報の組合せを増大させて変化に富んだ遊技を形成することになる。

概要

可変表示装置に表示される識別情報の行数を増設しながらコストアップを抑止する。

C-G.ROM7に識別情報を一種類づつ格納するほか、少なくとも一端部に位置する3つの識別情報を冗長データとして他端に格納し、スクロール表示時には一端に位置する3つの識別情報を読み出さずに、他端に位置する3つの識別情報を読み出して分割表示面イ〜ハおよび分割表示面ニ〜ヘの境界線Lを中心に3つのうちの中央に位置する停止識別情報を表示すると同時に、この停止識別情報の前後列に配置された両識別情報の全部をそれぞれ分割表示面イ〜ハおよび分割表示面ニ〜ヘに停止表示する。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
3件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

遊技盤に配設された入賞領域へのパチンコ球の通過または入賞に基いて所定順序に配列された複数種識別情報を前記配列にしたがって複数列複数行で所定時間変動表示し該変動表示の終了に基いていずれかの識別情報を複数列複数行に表示する可変表示装置を備えたパチンコ機画像表示装置において、前記可変表示装置には複数列分の識別情報を表示するための主表示領域と該主表示領域に並列に連続し複数列分の識別情報を表示可能な領域からなる冗長表示領域とを設け、前記変動表示の終了に基いていずれかの識別情報を1行複数列で前記主表示領域から前記冗長表示領域にかけて連続に表示するとともに該識別情報の前列および後列に配置された各行複数列の識別情報のいずれか一方の行を前記主表示領域または冗長表示領域に表示し他方の行を前記冗長表示領域または主表示領域に表示させる表示制御回路を設けたことを特徴とするパチンコ機の画像表示装置。

請求項2

各識別情報キャラクタデータを1種類づつ変動表示の順序にしたがって所定番地から順次格納しさらに該格納番地最小値または最大値のキャラクタデータを一部に有する識別情報を含む該識別情報に隣接した識別情報の表示行数に相当する数の識別情報を構成する各キャラクタデータを変動表示の順序にしたがって前記格納番地の最大値または最小値に隣接させて格納したメモリを表示制御回路に設けたことを特徴とする請求項1に記載のパチンコ機の画像表示装置。

請求項3

表示制御回路が可変表示装置の主表示領域および冗長表示領域に表示される識別情報のキャラクタデータを格納したメモリの特定番地を指定することに基いて識別情報を表示することを特徴とする請求項2に記載のパチンコ機の画像表示装置。

請求項4

可変表示装置に表示される識別情報の行数および列数同数であることを特徴とする請求項1ないし請求項3のいずれかに記載のパチンコ機の画像表示装置。

請求項5

可変表示装置がLCD表示素子を備えていることを特徴とする請求項1ないし請求項4のいずれかに記載のパチンコ機の画像表示装置。

請求項6

可変表示装置が複数色を表示可能な表示素子を備えていることを特徴とする請求項1ないし請求項5のいずれかに記載のパチンコ機の画像表示装置。

技術分野

0001

本発明は始動入賞口の入賞に応じて識別情報を表示するパチンコ機画像表示装置の改良に関する。

背景技術

0002

パチンコ機には画像表示装置を設けた機種があり、この種のパチンコ機の画像表示装置は、複数の表示素子または単体ドットマトリクス表示素子などからなる可変表示装置を設け、パチンコ球遊技盤に配設された入賞領域に入賞または入賞領域を通過したとき、可変表示装置によってゲームが開始される。

0003

このゲームは所定順序に配列された複数種の識別情報を、その配列にしたがって可変表示装置に所定時間変動表示させ、この変動表示の終了に基いていずれかの識別情報を可変表示装置の表示素子にそれぞれ停止表示させる。

0004

識別情報はマイクロプロセッサなどによって表示制御され、可変表示装置が複数の表示素子からなる場合には識別情報を各表示素子単位で制御し、ドットマトリクス表示素子からなる場合には表示素子の表示面を所定数に分割し、1つの分割表示面に対して1つの識別情報を対応させて識別情報を表示制御する。

0005

そして可変表示装置に停止表示された識別情報(以下、停止識別情報という)が予め定められた特定の識別情報(以下、特定識別情報という)である場合、遊技者に有利な権利が発生する。

0006

この識別情報の変動表示は、たとえば上方から下方に向かって流れるいわゆるスクロールとよばれる動画によって表現され、上記識別情報は数字アルファベットおよび記号などから構成され、数字の場合には小さい順または大きい順、アルファベットの場合にはABC順に配列された機種が主流を占めている。

0007

また複数行の識別情報が可変表示装置に1列単位で変動表示および停止表示される機種が主流を占め、停止識別情報が所定の組合せである場合を特定識別情報に定めている。

0008

たとえば特定識別情報は、すべて同じ停止識別情報が行(横)方向に並んで停止表示されたとき、また場合によっては停止識別情報が対角線方向に並んで停止表示されたときを定めている。

0009

仮に識別情報を3行3列に停止表示させる可変表示装置の場合、特定識別情報の組合せは行方向3種、対角線方向2種の合計5種類になる。そして可変表示装置は3×3=9個の表示素子または9分割表示面からなる。

0010

さらに4行4列の場合、横方向4種になるため、合計6種類の特定識別情報の組合せが形成される。なお対角線方向の停止識別情報の組合せは、上述した行と列とが同数である場合にのみ成立する。そして可変表示装置は4×4=16個の表示素子または16分割表示面からなる。

0011

いいかえれば可変表示装置に表示される識別情報の行数および列数が同数でない場合、停止識別情報の組合せは対角線方向に形成されない。そして特定識別情報が可変表示装置に停止表示された場合、遊技者に有利な権利が発生する。

0012

このように可変表示装置に一度に停止表示される識別情報の行数および列数が多くなるほど、特定識別情報の組合せを増大させて変化に富んだ遊技を形成することになる。

発明が解決しようとする課題

0013

しかしながら可変表示装置が1つの停止識別情報に対して1個の表示素子を備えた構成の場合、停止表示される識別情報の行数および列数の増大に伴って表示素子を行単位増設しなければならない。また可変表示装置が複数に分割された表示面単位で制御される場合、ドットマトリクス表示素子などの表示面積を分割表示面の行単位で拡張しなければならない。

0014

このため可変表示装置がいずれの構成であっても、部品コストの低減が困難なことはもちろん、識別情報の制御数を増大させて制御プログラムの複雑化が避けられず、プログラム開発期間の長期化を招いてコストアップ抑止を困難にする。

0015

そこで本発明は、可変表示装置に停止表示される識別情報の行数および列数の増大に伴い、部品コストの増加および制御プログラム開発期間の長期化を抑止したパチンコ機の画像表示装置の提供を目的としている。

課題を解決するための手段

0016

本発明は上記目的を達成するために、可変表示装置には複数列分の識別情報を表示するための主表示領域と該主表示領域に並列に連続し複数列分の識別情報を表示可能な領域からなる冗長表示領域とを設け、識別情報の変動表示の終了に基いていずれかの識別情報を1行複数列で前記主表示領域から前記冗長表示領域にかけて連続に表示するとともに該識別情報の前列および後列に配置された各行複数列の識別情報のいずれか一方の行を前記主表示領域または冗長表示領域に表示し他方の行を前記冗長表示領域または主表示領域に表示させる表示制御回路を設けた構成を備えている。

0017

各識別情報キャラクタデータを1種類づつ変動表示の順序にしたがって所定番地から順次格納しさらに該格納番地最小値または最大値のキャラクタデータを一部に有する識別情報を含む該識別情報に隣接した識別情報の表示行数に相当する数の識別情報を構成する各キャラクタデータを変動表示の順序にしたがって前記格納番地の最大値または最小値に隣接させて格納したメモリを表示制御回路に設けた構成を備えている。

0018

表示制御回路が可変表示装置の主表示領域および冗長表示領域に表示される識別情報のキャラクタデータを格納したメモリの特定番地を指定することに基いて識別情報を表示する構成を備えている。

0019

可変表示装置に表示される識別情報の行数および列数が同数である構成を備えている。

0020

可変表示装置がLCD表示素子を備えている。

0021

可変表示装置が複数色を表示可能な表示素子を備えている。

0022

このような構成としたことにより、識別情報は表示制御回路によって1行複数列で主表示領域から冗長表示領域にかけて連続に表示されるほか、この識別情報の前列および後列に配置された各行複数列の識別情報のいずれか一方の行は主表示領域または冗長表示領域に表示され、かつ、他方の行が冗長表示領域または主表示領域に表示される。

0023

各識別情報のキャラクタデータを1種類づつ変動表示の順序にしたがって所定番地から順次格納しさらに該格納番地の最小値または最大値のキャラクタデータを一部に有する識別情報を含む該識別情報に隣接した識別情報の停止表示行数に相当する数の識別情報を構成する各キャラクタデータを変動表示の順序にしたがって格納番地の最大値または最小値に隣接させて格納したメモリを表示制御回路に設けた構成を備えた場合、格納番地の最小値または最大値に位置するキャラクタデータと、このキャラクタデータに隣接するキャラクタデータとが冗長データとして設けられることなり、これら互いに隣接するキャラクタデータを一部に有する識別情報を表示するときには、いずれかの組のキャラクタデータが格納されているメモリの番地を指定するだけで両識別情報をその境界とともに動画および静止画で可変表示装置に表示できる。

0024

表示制御回路が可変表示装置の主表示領域および冗長表示領域に表示される識別情報のキャラクタデータを格納したメモリの特定番地を指定することに基いて識別情報を表示する構成を備えた場合、複数列の識別情報は1つの番地を指定するだけで表示され、複数番地を指定しなくてもよい。

0025

可変表示装置に表示される識別情報の行数および列数が同数である場合、識別情報を対角線状に並べて停止表示させることができる。

0026

可変表示装置がLCD表示素子を備えた場合には、LEDおよびCRTからなる表示素子と比較して電力消費量は抑制され、かつ、設置空間が縮小される。

0027

可変表示装置が複数色を表示可能な表示素子を備えた場合、識別情報を複数色で表示できる。

0028

つぎに本発明の一実施例を図1ないし図11に基いて詳細に説明する。図1および図2は本発明に係るパチンコ機の画像表示装置の要部を表している。

0029

1は可変表示装置を示し、2は可変表示装置1の一部を構成するLCDカラーパネル(LCD表示素子)である。可変表示装置1は図2に示したパチンコ機本体3の遊技盤4面のほぼ中央に配置されている。

0030

本実施例においてLCDカラーパネル2は、およそ10万画素を備え、各画素は光の三原色としての赤(以下、Rと表示する)、緑(以下、Gと表示する)および青(以下、Bと表示する)をそれぞれ1ドットづつ、合計3ドットで形成されている。

0031

各ドットは図1に示した表示制御回路5によって表示制御され、表示制御回路5には各ドットの輝度を調節することにより、各画素を単位として4096種の色調に表示する機能が備えてられている。

0032

LCDカラーパネル2は、パチンコ機本体3が設置された状態で遊技客着座または起立状態において、その表示内容を明瞭に認識できるように、明視方向を上方から下方(12H)に設定している。

0033

このように可変表示装置1はLCD表示素子からなる構成なので、CRT(ブラウン管)およびLED表示素子で構成された場合と比較して、外形および消費電力が小さいため、設置空間と消費電力との省力化が容易に図られる。

0034

LCDカラーパネル2の表示面は図2実線で示すように、右中左の3列に分割され、各列は主表示領域および冗長表示領域を構成するため、上行各分割表示面イ〜ハと下行の各分割表示面ニ〜ヘとの境界線Lから上下に2行に分割すなわち合計6つの分割表示面イ〜ヘを備えている。なお本実施例においてLCDカラーパネル2は実線で6分割された表示になっているが、この分割境界線は実際に目視できるものではない。

0035

主表示領域は境界線Lから上側に位置する1行3列分の分割表示面イ〜ハからなり、冗長表示領域は主表示領域(分割表示面イ〜ヘ)に連続する境界線Lから下側に位置する1行3列分の分割表示面ニ〜ヘから構成されている。

0036

また各分割表示面イ〜ヘにはそれぞれ1つ分いいかえればLCDカラーパネル2には合計で6つ分の識別情報(図3および図4参照)を表示する広さが備えられている。

0037

表示制御回路5は識別情報とは異なる一般情報と識別情報とを各分割表示面イ〜ヘ単位で動画または静止画により、分割表示面イ〜ハの一部から分割表示面ニ〜ヘの一部にわたって連続に表示制御する(図5ないし図8参照)。

0038

本実施例において、識別情報はゲーム中の変動表示の順序に基いて便宜上配置された数字「1」ないし「7」で与えられ、非ゲーム時において遊技盤4に配設された入賞領域としての始動入賞口(図2参照)6にパチンコ球が入賞した場合、可変表示装置1はゲームを開始するためにLCDカラーパネル2に表示されている一般情報を識別情報の表示に置き換える。

0039

なお始動入賞口6には図示を省略した近接センサが装着され、この近接センサは表示制御回路5に接続されているので、始動入賞口6への入賞を表示制御回路5に検出させることができる。

0040

また本実施例は始動入賞口6を設けた場合を説明したが、これに限定されるものではなくてパチンコ球が所定位置を通過したことを検出したのち、この通過球をふたたび遊技盤4に戻すように構成してもよい。

0041

上述した一般情報はいわゆるデモンストレーション画面(以下、デモ画面という)と各種メッセージ画面とで与えられる。この一般情報はゲーム中でない場合に表示される。そのうちのメッセージ画面には権利およびエラーが発生した旨、権利の行使回数、図示を省略した大入賞口への入賞球数、権利の継続が決定した旨および権利が終了した旨などがあり、これらは図7に示すように分割表示面イ〜ヘの全体にわたって表示される。

0042

他方、識別情報は、本実施例において分割表示面イ〜ハの一部および分割表示面ニ〜ヘの一部に境界線Lに沿って1行のみが停止表示され、分割表示面イ〜ハの他部および分割表示面ニ〜ヘの他部には、停止表示されている識別情報の前後列に配置された両識別情報の一部が表示される。なお分割表示面イ〜ハの他部および分割表示面ニ〜ヘの他部に一部のみが停止表示される2種類の識別情報は、上記行数には含まれないものとする。

0043

また分割表示面イ〜ヘの表示内容はパチンコ遊技の進行に応じて変化し、非ゲーム状態が所定時間(たとえば3分間)継続した場合、LCDカラーパネル2のいわゆる焼き付きを抑止するために、本実施例では図5に示すように分割表示面イ〜ハおよび分割表示面ニ〜ヘ間で一般情報の表示内容を入れ換える。

0044

この非ゲーム時に始動入賞口6に入賞球があった場合、その入賞球は上記近接センサを介して上述したように表示制御回路5で検出され、表示制御回路5は可変表示装置1によってゲームを開始するため、LCDカラーパネル2に識別情報を変動表示させる。

0045

識別情報の変動表示は複数種の識別情報を図2中、LCDカラーパネル2の上方から下方に上記変動表示時間、継続的にスクロールさせる動画からなり、これにより識別情報が図3に示した順序にしたがって1種類づつ変動表示される。

0046

そして変動表示から上記変動表示時間が経過すると、表示制御回路5はいずれかの識別情報をLCDカラーパネル2の中央位置に所定の停止表示時間だけ停止表示させる。

0047

このとき表示制御回路5は識別情報たとえば図4に示す「6」を境界線Lを中心として分割表示面イ〜ハの一部から分割表示面ニ〜ヘの一部にわたって連続に1行3列で停止表示するとともに分割表示面イ〜ハの他部および分割表示面ニ〜ホの他部に識別情報「6」の前列に配置された識別情報「5」全部を、同じく後列に配置された識別情報「7」の全部を停止表示する。なお図4では分割表示面イおよび分割表示面ニ以外の分割表示面ロ,ハ,ホ,ヘに停止表示される1行2列の識別情報の図示が省略されている。

0048

各識別情報を表示するためのキャラクタデータは、表示制御回路5のキャラクタジェネレータROM(図1参照〜以下、C-G.ROMという)7に格納されている。C-G.ROM7には識別情報のキャラクタデータのほか、デモ画面および各種メッセージ画面のキャラクタデータ、各キャラクタの静止(停止)表示、いわゆるリーチ状態および動画(変動)表示のための制御手順命令)、いわゆるリーチ状態に係る識別情報の停止表示用素材データ(以下、リーチ状態停止素材データという)、遊技者に有利な権利の発生および行使に相当する大役処理継続回数静止画素材データ、権利表示画像データとしての大当たりキャラクタデータ、各種デモ用の静止画素材データ、同動画素材データ、入賞球数データ、各種メッセージ大役発生表示、大役処理中表示、権利継続決定表示、権利終了表示およびエラー表示など)用静止画素材データ、同動画素材データおよび色彩に係るデータなどが格納されている。

0049

上述したリーチ状態は、複数種の識別情報が上記変動表示時間だけ複数列を変動表示されたのちに任意の順序で1列づつ順次停止表示され、特定の識別情報の組合せになる可能性が残されている状態をいう。

0050

この識別情報のキャラクタデータは変動表示の順序すなわち図3の配列にしたがって図9に示すように所定番地から順次格納されており、図9中、横方向がLCDカラーパネル2の画素を構成する8ビット分の2進データから構成されている。他方、図9中、縦方向にはデータのアドレスが8ビット単位で付与されている。

0051

LCDカラーパネル2の画素は、1画素分のデータがMSB.からLSB.にかけてR−G−B−bl(ブランク)の順に配列された4ビットの2進データからなり、1バイトの2進データでは図10に示すように2画素が形成されている。そして識別情報などの各キャラクタデータは各分割表示面イ〜ヘ単位で構成され、1キャラクタについて32バイトの2進データを要する。

0052

本発明では識別情報のキャラクタデータが「1」ないし「7」まで1種類づつ変動表示の順序にしたがってC-G.ROM7に所定番地から順次格納され、さらに識別情報の格納エリアにおける格納番地の最小値のキャラクタデータを一部に備えた識別情報(たとえば「6」〜図3参照)と、この識別情報に隣接した2つの識別情報(「7」および「1」)とを構成する各キャラクタデータを冗長データとして、変動表示の順序にしたがって識別情報の格納エリアにおける格納番地の最大値のキャラクタデータ(識別情報「5」のキャラクタデータ)に隣接させて格納している。

0053

識別情報の変動表示用の動画素材データはゲームの開始に伴って、識別情報を変動表示させるためのデータ、停止識別情報の静止画素材データはいずれかの識別情報を停止表示させる際に使用されるデータである。

0054

そして図1に8で示したCPUは、C-G.ROM7に格納された上記手順を順次実行し、手順の実行に際して上述した各種データ、手順および演算値は、9で示したビデオRAM(以下、V.RAMという)に一時的に格納される。

0055

CPU8は時計機能を備えており、インタフェイス回路(以下、I/F回路という)10を介して後述するコントロールIC11に交信可能に接続されている。このコントロールIC11はCPU8から入力される制御信号(たとえばリーチ状態を表示するためのリーチ信号)に基いてLCDカラーパネル2を直接ドライブする。

0056

なおパチンコ機本体3の本体側のCPU(図示省略)と、CPU8とはインタフェイス回路(図示省略)を介して交信可能に接続されており、上述した近接センサによって検出された入賞球の信号および各分割表示面イ〜ヘの表示内容に相当する信号はCPU8に入力される。

0057

またパチンコ機本体3本体側のCPUに付随するROMおよびRAM、そしてパチンコ機本体3の被制御部の各々の図示が省略されている。さらにCPU8は電源回路としてレギュレータ12、DC−DCコンバータ13、LCD電源発生回路14およびバックライト駆動回路(以下、BL駆動回路という)15を備えている。

0058

BL駆動回路15はLCDカラーパネル2の背面に設けられたバックライト16をドライブすることにより、LCDカラーパネル2の表示に内容を明視化する。CPU8のリセット回路クロック回路および分周回路は図示を省略している。

0059

コントロールIC11はCPU8から入力される命令に基いてLCDカラーパネル2の表示制御すなわち走査制御をするためのもので、LCDカラーパネル2にはXドライバ回路17,17およびYドライバ回路18,18が分割表示面イ〜ヘの駆動用に設けられ、X−Y制御回路19によって制御される。

0060

なお上述したC-G.ROM7からの読み込み、V.RAM9への書き込みおよびX−Y制御回路19へのキャラクタデータの入力に係る各タイミングは、それぞれコントロールIC11に外付けされたクロック素子20の基本クロック(図示省略)に基いて図られる。

0061

そしてコントロールIC11は遊技状態に応じてC-G.ROM7から識別情報のキャラクタデータを一旦、V.RAM9に書き込んだのち、V.RAM9から順次、X−Y制御回路19に入力し、X−Y制御回路19はXドライバ回路17およびYドライバ回路18を介していずれかのキャラクタをLCDカラーパネル2に表示する。

0062

たとえばデモ画面およびメッセージ画面はX−Y制御回路19により、図7に示すようにLCDカラーパネル2の全体すなわち合計6つの分割表示面イ〜ヘのすべてに静止表示され、これらの画面は1枚につき192バイトのキャラクタデータからなる。

0063

そしてデモ画面が複数種n(n=整数)だけ必要な場合、192nバイトのキャラクタデータを要することになる。また識別情報の変動表示にあっては7種類の識別情報を上下に配置された三対の分割表示面イ,ニ、分割表示面ロ,ホおよび分割表示面ハ,ヘの各々にそれぞれ別個にスクロールさせるが、このスクロールのための動画は各対の分割表示面イ,ニ、ロ,ホ、ハ,ヘについて、それぞれ24枚分のキャラクタデータから構成されている。

0064

すなわち「1」ないし「7」までの識別情報のキャラクタデータが動画として3回分繰り返して各対の分割表示面イ,ニ、ロ,ホ、ハ,ヘに表示制御されるのである。

0065

本発明において、コントロールIC11はC-G.ROM7の特定番地たとえば分割表示面イ,ロ,ハの左上角位置に相当する番地のみを各列単位すなわち各対の分割表示面イ,ニ、ロ,ホ、ハ,ヘ単位で指定することにより、識別情報をはじめとする各情報をLCDカラーパネル2に表示する。

0066

そしてコントロールIC11が上記特定番地の指定を停止時間だけ継続させた場合に識別情報は停止表示される。識別情報を3列ともに停止表示する場合、コントロールIC11は境界線Lを中心にして左中右に1つずつ上下2行に割り当てる(図4参照)。

0067

また各分割表示面イ〜ヘは上述したように縦横寸法が定められているため、境界線Lよりも上側と下側とには、停止識別情報の前後列に配置された識別情報の全部も同時に停止表示される(図3参照)。

0068

また指定する特定番地をスクロール速度に応じて所定時間毎図3の下方から上方にかけて各識別情報のキャラクタデータを漸次書き換えれば、識別情報が順次1種類づつ変動表示されることになる。

0069

さらにはリーチ状態においてコントロールIC11はCPU8から入力されるリーチ信号の発生に基いて、リーチ状態を構成している識別情報のリーチ状態停止素材データをC-G.ROM7から読み出してV.RAM9に書き込み、リーチしている分割表示面イ〜ヘのいずれかをほかの色彩の種別によって識別可能に表示する(図8参照)。

0070

これによりCPU8はリーチ状態を遊技者に報知表示することができる。本実施例ではリーチ状態にある分割表示面イ〜ヘの停止識別情報とリーチ状態停止素材データに対応する停止識別情報とを所定タイミングで互いに入れ換える。

0071

大当たりキャラクタデータは遊技者に有利な権利が発生したときに使用されるもので、特定状態静止画素材データと大役静止画素材データとからなる。特定状態静止画素材データは権利発生の旨を表示するためのもので、大役静止画素材データは大役処理中に遊技変化をもたらせるための装飾を主目的としている。

0072

またC-G.ROM7には色彩に係るデータとして3種類のグループが備えられ、各グループはそれぞれ8色分の色彩データで構成されている。3種類のグループには各々8色分、合計で24色分の色彩データ格納エリアが備えられ、以下、この格納エリアはそれぞれパレットないしパレットという。

0073

RGBが3ビットデータで構成され、「1」を「ON状態」、「0」を「OFF状態」に定め、たとえば第1グループにおいて、パレットは、RGBが共に「0」で黒を示し、パレットがRGBの順序で「1」、「0」、「0」で赤を示し、以下同様に、パレットが「0」、「1」、「0」で緑を、パレットが「0」、「0」、「1」で青を、パレットが「1」、「1」、「0」で黄を、パレットが「0」、「1」、「1」でシアンを、パレットが「1」、「0」、「1」でマゼンダを、そしてパレットが「1」、「1」、「1」で白をそれぞれ格納している。他方、第2および第3のグループにあっては、各パレットの全部または一部を異なる色の組合せで構成している。

0074

このようにグループはそれぞれ8色のカラーデータからなり、各カラーデータは共通しているものの、各パレット〜に対応するカラーデータの組合せいいかえればカラーデータを格納しているC-G.ROM7のアドレスが異なる。

0075

そしてコントロールIC11はグループのいずれかを選択し、選択されたグループに基いて上述した各画素を構成するドットを異なる色調に調節している。これによりLCDカラーパネル2はグループのいずれかの色調に基く配色で表示される。

0076

このことから選択中のいずれかのグループから、選択されているものとは異なる他グループのいずれかに変更するだけで、任意のキャラクタデータの画像データを変更することなく、LCDカラーパネル2上の配色すなわち色調(または輝度)を容易迅速に変更することができる。

0077

たとえば複数種のグループの同番号のパレットに輝度が異なる同色を格納し、グループ番号の若い順に輝度を漸次減少(または増大)するように構成すれば、LCDカラーパネル2に表示された所定キャラクタデータをグループ番号の若い順にグループを変更することによって、上記キャラクタデータを段階を追って溶明(溶暗)表示させることができる。

0078

CPU8には図示を省略した無限カウンタ(または乱数表)が備えられ、始動入賞口6への入賞タイミングに応じ、CPU8は上記無限カウンタから停止識別情報に対応する停止図柄データを各行毎に選択し、該データに相当する制御信号がCPU8からI/F回路10を介してコントロールIC11に入力される。

0079

これと並行してコントロールIC11は始動入賞口6への入賞時点でLCDカラーパネル2に識別情報を所定時間変動表示させたのち、左列、中列および右列の順で各行の停止図柄データに相当する停止識別情報を順次表示する。

0080

この停止識別情報の表示に際し、左列および中列が同じ停止識別情報でリーチ状態にあるとき、CPU8は上記リーチ信号をコントロールIC11に入力する。これによりコントロールIC11はリーチ状態の分割表示面イ,ロ,ニ,ホと、他の分割表示面ハ,ヘとを、上述したリーチ状態停止素材データによって互いに異なる態様で表示制御する。

0081

上記異なる態様は、上述した互いに異なる色彩による所定タイミングでの入れ換えのみでなく、に限定されるものではなく、リーチ状態の分割表示面イ,ロ,ニ,ホと、他の分割表示面ハ,ヘとが判別可能であるかぎり、いかなる態様であってもよい。

0082

ついでリーチ状態から分割表示面ハ,ヘの識別情報が停止すると、CPU8は、停止図柄データに相当する停止識別情報の組合せが特定識別情報であるか否かを判定し、特定識別情報である場合には、遊技者に有利な権利が発生する。

0083

つぎに上記構成に係るパチンコ機の制御手順を以下に説明する。まず上記電源回路から電力が供給されると、CPU8は上記リセット回路によって初期化され、これと同時にCPU8はパチンコ機本体3の各部に初期設定の処理を施す。

0084

ついでコントロールIC11は、CPU8から入力される制御信号により、C-G.ROM7から初期設定時におけるデモ用画面素材データを読み出す。そして読み出したデモ用画面素材データをV.RAM9に書き込むとともにLCDカラーパネル2にそのデモ用画面を表示する。

0085

このときコントロールIC11は各分割表示面イ,ロ,ハの左上角位置に相当するC-G.ROM7の格納番地のみを指定して、デモ用画面素材データを各対の分割表示面イ,ニ、ロ,ホ、ハ,ヘ単位でC-G.ROM7から読み出している。

0086

この表示中、CPU8はゲームの開始まで始動入賞球の検出待ち状態になっており、始動入賞口6に入賞球があった場合、図示を省略した図柄自動停止タイマスタートさせる。つぎに左列、中列、右列の各識別情報を変動表示するために図6に示す上方から下方にスクロールさせる動画を上述した手順にしたがって開始させる。

0087

ここでコントロールIC11は、識別情報のキャラクタデータが格納されているC-G.ROM7の複数番地を各行および各列毎に指定するのではなく、各分割表示面イ,ロ,ハの左上角位置に相当するC-G.ROM7の格納番地のみを各列について指定することにより、各識別情報をLCDカラーパネル2に変動表示させている。

0088

すなわち上記変動表示中、上記格納番地の指定が図3中、最上位置の識別情報「6」の左角上位置に相当するC-G.ROM7の格納番地を指定した瞬間、即座に図3中、最下位置から3番目に位置する識別情報「6」の左角上位置に相当するC-G.ROM7の格納番地のみを各列について指定する。

0089

これにより識別情報の変動表示とくに便宜上配置の両端に位置する識別情報の境界に係る動画用プログラムの構成が、識別情報のキャラクタデータを1種類のみ格納するとともに各行および各列毎にキャラクタデータの格納番地を指定した場合と比較して簡素化され、かつ、動画の表示を円滑にできる。

0090

つぎに上記図柄自動停止タイマに基いて変動表示中の左列識別情報と、呼び出し済の左列停止図柄データとが一致したか否かを判定する。一致している場合、左列識別情報の変動を停止させる一方、一致していない場合には一致するまで変動表示を継続させる。

0091

つづいてCPU8は変動表示中の中列識別情報と呼び出し済の中列停止図柄データとが一致したか否かを上記無限カウンタに基いて判定し、一致している場合、中列識別情報の変動を停止させる一方、一致していない場合には一致するまで変動表示を継続させる。

0092

そして停止表示された左列識別情報および中列識別情報のうち、行方向または対角線方向の合計5種類方向のいずれかに左列停止識別情報と中列停止識別情報とが一致している場合、CPU8は上記リーチ信号をI/F回路10を介してコントロールIC11に入力する。これによりCPU8はリーチフラグをセットしたのち、左列停止識別情報と中列停止識別情報とのリーチ状態がLCDカラーパネル2に上述したように表示される。

0093

つぎに図示を省略したリーチ目タイマをスタートし、右列識別情報の変動速度いいかえれば上方から下方へのスクロール速度を現動画の変動(スクロール)速度よりも遅く切り換え、この状態を上記リーチ目タイマがタイムアップするまで継続させ、タイムアップと同時にリーチフラグをクリアする。

0094

ついで変動表示中の右列識別情報と呼び出し済の右列停止図柄データとが一致するまで両者を比較判定し、一致したならば右列識別情報の変動表示を停止表示に移行させる。

0095

つづいて停止表示された左列停止識別情報と中列停止識別情報と右列停止識別情報とが行方向または対角線方向の合計5種類方向のいずれかに全て一致していなければ、図示を省略したエンドウェイトタイマをスタートし、タイムアップに基いて初期状態に戻る。

0096

他方CPU8は、停止表示された左列停止識別情報と中列停止識別情報と右列停止識別情報とが全て一致しているか否かを上記無限カウンタに基いて判定し、一致している場合にはその旨を大役発生表示に係る静止画素材データに基いてLCDカラーパネル2に表示する。

発明の効果

0097

本発明は上記のように構成したので、識別情報が列単位で主表示領域から冗長表示領域にかけて連続に表示されるとともにその識別情報の前後列に配列された識別情報が行単位で表示されるため、可変表示装置を構成する表示素子を増設することなく、識別情報の表示行数を増大させることができる。このため変化に富んだ識別情報の表示制御が遊技意欲を向上させるだけでなく、可変表示装置のコストアップを抑止することができる。

0098

各識別情報のキャラクタデータを1種類づつ変動表示の順序にしたがって所定番地から順次格納しさらに該格納番地の最小値または最大値のキャラクタデータを一部に有する識別情報を含む該識別情報に隣接した識別情報の停止表示行数に相当する数の識別情報を構成する各キャラクタデータを変動表示の順序にしたがって格納番地の最大値または最小値に隣接させて格納したメモリを表示制御回路に設けた構成を備えた場合、いずれかの組のキャラクタデータが格納されているメモリの番地を指定するだけで両識別情報をその境界とともに動画および静止画で可変表示装置に表示できるので、冗長データによって識別情報の動画および静止画のプログラムが容易にできることから、開発期間を短縮することによって開発コストを低減できる。

0099

表示制御回路が可変表示装置の主表示領域および冗長表示領域に表示される識別情報のキャラクタデータを格納したメモリの特定番地を指定することに基いて識別情報を表示する構成を備えた場合、複数列の識別情報は1つの番地を指定するだけで表示され、複数番地を指定しなくてもよい。

0100

可変表示装置に表示される識別情報の行数および列数が同数である場合、識別情報を対角線状に並べて停止表示させることができるので、特定識別情報の組合せを増大させて遊技性を良好にする。

0101

可変表示装置がLCD表示素子を備えた場合には、LEDおよびCRTからなる表示素子と比較して電力消費量は抑制され、かつ、設置空間が縮小され、維持コストを低減させる。

0102

可変表示装置が複数色を表示可能な表示素子を備えた場合、識別情報を複数色で表示できることから、視覚的に遊技変化を付与することよって遊技意欲を向上させる。

図面の簡単な説明

0103

図1本発明の一実施例を示す要部ブロック図である。
図2図1の装置を設けたパチンコ機本体の正面図である。
図3図1のメモリに格納された識別情報のキャラクタデータの便宜上配列を示す図である。
図4図1のLCDカラーパネルの分割表示面を示す正面図である。
図5図1のLCDカラーパネルの制御例を示す図である。
図6図5と異なる状態を示す図である。
図7図6と異なる状態を示す図である。
図8図7と異なる状態を示す図である。
図9図1のメモリに格納された識別情報の2進データの便宜上配列を示す図である。
図10図9の一部を示す図である。
図11図1のLCDカラーパネルに識別情報を表示した状態を示す正面図である。

--

0104

1可変表示装置
2LCDカラーパネル
3パチンコ機本体
4遊技盤
5表示制御回路
7 C-G.ROM
9 V.RAM
17 Xドライバ回路
18 Yドライバ回路
19 X−Y制御回路
イ〜ヘ分割表示面

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 沖マイクロ技研株式会社の「 遊技機の可動役物の移動機構」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】可動役物を上規定位置から落下させた際、下規定位置の落下点で確実に停止し、かつ静止させ、機構の耐久性の確保と共に遊技者の興趣を損なわせない遊技機の可動役物の移動機構を提供する。【解決手段】遊技機... 詳細

  • 株式会社大一商会の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】遊技興趣の低下を抑止可能な遊技機を提供する。【解決手段】遊技球が流下可能な遊技領域が形成された遊技盤を有し、始動条件の成立に基づいて抽選を行い、該抽選の結果に基づいて利益を付与する遊技機であっ... 詳細

  • 株式会社三洋物産の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】部材個数を削減することができる遊技機を提供すること。【解決手段】被軸支手段760が電気配線DK2にかかる負荷を減らすよう変位することで、電気配線DK2の変位量自体を減らしたり、電気配線DK2の... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ