図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(1994年3月25日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

目的

本発明は、金融機関等に設置され取引を行う取引処理装置に関し、外国人であっても、操作性の優れた装置を提供することを目的とし

構成

操作者所定順序に従う一連の操作によって、現金に関する取引処理を行う取引処理装置において、操作手順を指示する文章を表示し、指示のための用語を複数種国語切替え可能で且つ、国語選択時には、複数の国語で表示する選択表示手段と、操作者により希望の国語を選択することのできる国語選択手段と、前記国語選択手段で選択された国語を表示する信号を前記選択表示手段に入力し、かつ選択した国語表示に基づく一連の操作を終了した際の終了検知信号に応答して前記選択表示手段の表示内容を予め定めた国語の表示に切替える表示切替手段とにより構成する。

概要

背景

今日銀行等の金融機関における現金預入れ、払い戻し等の取引漸次自動化されつつある。人間すなわち銀行員に代わって現金の受取支払等を行う自動機械が自動機械が自動入出金機自動現金支払機等と呼ばれる自動機械であり、入金または出金をなさんとする人、すなわち預金者によって操作される。それゆえ上記のような自動機械においては預金者の操作の各段階ごとに表示部に次の段階の操作が文字によって表示される。このことは自動両替機振込装置においても同様であって、そこで本明細書は上述の現金を取扱う自動機械を総称して取引処理装置と呼ぶことにする。

さて現在我国内にある取引処理装置においては取引のための操作手順を指示する案内の表示はすべて日本文でなされている。

概要

本発明は、金融機関等に設置され取引を行う取引処理装置に関し、外国人であっても、操作性の優れた装置を提供することを目的とし

操作者所定順序に従う一連の操作によって、現金に関する取引処理を行う取引処理装置において、操作手順を指示する文章を表示し、指示のための用語を複数種国語切替え可能で且つ、国語選択時には、複数の国語で表示する選択表示手段と、操作者により希望の国語を選択することのできる国語選択手段と、前記国語選択手段で選択された国語を表示する信号を前記選択表示手段に入力し、かつ選択した国語表示に基づく一連の操作を終了した際の終了検知信号に応答して前記選択表示手段の表示内容を予め定めた国語の表示に切替える表示切替手段とにより構成する。

目的

しかし、現在では金融機関の店舗外に設置された取引処理装置が増加しており、また、休日等の係員常駐しない場合もに取引処理装置は稼働しており、このような場合には無人となるので前記の外国人は係員等に質問したり、助けを乞ことができないためいっそう不便であった。本発明は前述の点に鑑みなされたもので、所要外国語の選択手段と、これに対応する各外国語による表示切替手段とを具備した新規自動現金処理機を提供するものである。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

操作者所定順序に従う一連の操作によって、現金に関する取引処理を行う取引処理装置において、操作手順を指示する文章を表示し、指示のための用語を複数種国語切替え可能で且つ、国語選択時には、複数の国語で表示する選択表示手段と、操作者により希望の国語を選択することのできる国語選択手段と、前記国語選択手段で選択された国語を表示する信号を前記選択表示手段に入力し、かつ選択した国語表示に基づく一連の操作を終了した際の終了検知信号に応答して前記選択表示手段の表示内容を予め定めた国語の表示に切替える表示切替手段と、からなることを特徴とする自動現金処理機。

請求項2

操作手順の指示を音声によって行うことを特徴とする請求項1記載の取引処理装置。

技術分野

0001

本発明は、金融機関で使用され、操作者の操作に基づいて、取引遂行する取引処理装置に関する。

背景技術

0002

今日銀行等の金融機関における現金預入れ、払い戻し等の取引は漸次自動化されつつある。人間すなわち銀行員に代わって現金の受取支払等を行う自動機械が自動機械が自動入出金機自動現金支払機等と呼ばれる自動機械であり、入金または出金をなさんとする人、すなわち預金者によって操作される。それゆえ上記のような自動機械においては預金者の操作の各段階ごとに表示部に次の段階の操作が文字によって表示される。このことは自動両替機振込装置においても同様であって、そこで本明細書は上述の現金を取扱う自動機械を総称して取引処理装置と呼ぶことにする。

0003

さて現在我国内にある取引処理装置においては取引のための操作手順を指示する案内の表示はすべて日本文でなされている。

発明が解決しようとする課題

0004

しかし、現在では、外国人の取引処理装置利用は漸次増加しつつあり、これら外国人利用者は日本文を読解することができない人には操作手順がわからないという不便があった。そこで日本文を解読することのできない、外国人は係員等に助けて貰い取引処理装置を操作し、取引を行っている。

0005

しかし、現在では金融機関の店舗外に設置された取引処理装置が増加しており、また、休日等の係員が常駐しない場合もに取引処理装置は稼働しており、このような場合には無人となるので前記の外国人は係員等に質問したり、助けを乞ことができないためいっそう不便であった。本発明は前述の点に鑑みなされたもので、所要外国語の選択手段と、これに対応する各外国語による表示切替手段とを具備した新規自動現金処理機を提供するものである。

課題を解決するための手段

0006

操作者の所定順序に従う一連の操作によって、現金に関する取引処理を行う取引処理装置において、操作手順を指示する文章を表示し、指示のための用語を複数種国語切替え可能で且つ、国語選択時には、複数の国語で表示する選択表示手段と、操作者により希望の国語を選択することのできる国語選択手段と、前記国語選択手段で選択された国語を表示する信号を前記選択表示手段に入力し、かつ選択した国語表示に基づく一連の操作を終了した際の終了検知信号に応答して前記選択表示手段の表示内容を予め定めた国語の表示に切替える表示切替手段とを備えたものである。

0007

また、操作手順の指示を音声によって行うようしたものである。

0008

複数の国語を選択可能に選択表示手段に表示しておき、国語選択手段から操作者が国語を選択した場合には、表示切替手段により、選択表示手段に選択された国語で操作の案内を表示し、取引を遂行し、取引終了時には、予め定められた国語の表示に切替えるようにしたものである。

0009

下図面を用いて本発明の実施例について説明する。図1は取引処理装置の外観図である。操作者が日本人である場合には国語の選択をとくに行わず、また日本語以外の表示文としては英語文およびドイツ語文の2種に限られている。

0010

図1において、1は預金者カード挿入口、2は現金出口である。3は表示部で、本実施例においては文字部だけを透明にし、他部を黒色にしたプラスチック板の裏面から光を照射する形式とする。4は金額示用数字キー群である。これらは通常の現金処理機に具備されているものと本質的に同じである。5は国語選択部であり、英語選択用ボタン5aとドイツ語選択用ボタン5bの2個がある。これらの両ボタンには、例えば「English」、「Deutsh」、それぞれ英文とドイツ文とで表示がなされている。また預金者が日本人ならばボタンを押す必要がない旨の断り書きがなされている。

0011

次に預金者が英文を読解し得る外国人である場合には英語選択用ボタンを押せば、文字板は英文に置換される。預金者が表示部3の指示に従って所定の操作を終われば表示部3は最初の状態、すなわち装置が日本国内に設置されているため利用頻度の最も高い日本文表示を行い得る状態に戻る。操作終了を検知するにはたとえば現金出口2から現金が除去されたことを検知すればよい。

0012

本発明実施例における回路および機構の一例を図2に簡略系として示した。国語選択用ボタン5a、5bのどちらが押されたかに関する情報は制御信号発生部6に与えられ、各ボタンにより異なる制御信号が出力されて制御部7に与えられる。制御部7は、文字板ユニット8を駆動し、押された選択用ボタンに対応する国語の文字板の組を表示可能な位置に移動させる。

0013

1回の操作が完了すれば終了検知器9から検知信号が制御信号発生部6に与えられ、このとき制御信号発生部6から出る信号は日本語の文字が表示されるように文字板ユニット8を駆動する。つぎに図3は、他の実施例の主要部上面図である。同図は、文字板による表示と陰極線管による文字表示とを同時に所要国語によって行い得るようにした実施例の操作パネルを示したもので本実施例においては全体の取扱説明を文字板10により行い、各操作段階の表示を陰極管11により行い、日本文表示も選択用ボタンにより行われるようにした、いわば国際型である。そして外国語の種類も、ヨーロッパ系のものだけでなく、中国語や、韓国語の表音文字であるハングル文字をも選択用ボタンにより選択表示し得るようになっている。12は国語選択部で、ボタン12a,12b,12c・・・はそれぞれ日本語、英語、ドイツ語、・・・に対応する。ボタンを表す長方形内にたとえば(英)と記入されているのは英語用ボタンである。

0014

図4は、図3の実施例における回路系統を示す簡略ブロック図であり、陰極線管による文字表示系統の簡略ブロック図を示すものである。各選択用押ボタン12a,12b,12c,・・・のどれかの圧下により制御信号発生回路6(図2同符号)は制御信号を発生し、その出力は制御部7(図2と同符号)と、記憶部13とに同時に与えられる。該制御信号によって記憶部13はあらかじめ蓄えられていた各国語の文字発生信号のうち上記信号に対応するものを選択して出力し、表示制御回路14に印加する。表示制御回路14は表示装置、この場合には陰極線管11を駆動して表示を行わせる。

0015

以上は本発明の実施例2種を説明したにすぎず、本発明は他に種々の変形実施が可能である。たとえば取扱い説明文をも陰極管表示として差し支えないことはもちろんであり、あるいはまた表示の一部ないし全部を他の表示手段たとえば液晶プラズマデッスプレイ等に置換してもよい。さらに、視覚的表示のみよらず、一部または全部を音声表示としてもよい。この場合には表示制御部回路を音声増幅器に、視覚的表示装置スピーカーに変えればよい。なお本発明の適用対象現金支払機に限らず、自動入金機、自動入出金機、両替機にもすべて適用可能である。

発明の効果

0016

本発明に係る取引処理装置は、操作手順の指示が操作者の選択した国語により行われるから操作者が外国人の場合にも理解し易く、また一連の操作が終了した場合後は表示内容が利用頻度の高い例えば日本文表示に自動的に切替わり、更に、国語を選択する場合には、複数の国語で表示しているため、操作性性に優れ、金融機関内に設置した場合においては該金融機関の係員が操作を補助する手数が省け、また、無人の場所に設置した場合にも、係員の手助けを必要としないという優れた利点がある。ゆえに外国人の利用者の多い、空港港町等に設置する入出金用、両替用の自動機械に適用して効果大である。

図面の簡単な説明

0017

図1本発明に取引処理装置の外観図である。
図2図1の実施例における回路系統を示す簡略ブロック図である。
図3本発明の他の一実施例の要部上面図である。
図4図3の実施例における回路系統を示す簡略ブロック図である。

--

0018

1カード挿入口
2現金出口
3 表示部
4金額指示用キー群
5国語選択部
5a英語選択用ボタン
5b ドイツ語選択用ボタン
10取扱説明板
11陰極線管による表示部
12 国語選択部
12a日本語選択ボタン
12b,12c外国語選択ボタン

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ