図面 (/)

技術 桧の芳香剤の製造方法

出願人 鷲尾勉
発明者 鷲尾勉
出願日 1992年9月3日 (26年10ヶ月経過) 出願番号 1992-279133
公開日 1994年3月22日 (25年3ヶ月経過) 公開番号 1994-080985
状態 未査定
技術分野 化粧料 脂肪類、香料
主要キーワード コルク栓 有毒物質 利用法 混合比率 自動車 芳香剤 エタノール
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1994年3月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

目的

本発明は、桧の木材の精油、桧の葉の精油にエタノールを混合させるなどの工程を経て、瓶などの容器に入れることにより、芳香剤の役目をはたす桧の芳香剤の製造方法に関する。

構成

桧の木材の精油、桧の葉の精油とエタノールを適当比率において混合し、それを瓶などの容器に入れることを特徴とする。

概要

背景

従来、桧の木材の精油、桧の葉の精油は、そのまま原液を桧の水材に染み込ませた芳香剤はあった。

概要

本発明は、桧の木材の精油、桧の葉の精油にエタノールを混合させるなどの工程を経て、瓶などの容器に入れることにより、芳香剤の役目をはたす桧の芳香剤の製造方法に関する。

桧の木材の精油、桧の葉の精油とエタノールを適当比率において混合し、それを瓶などの容器に入れることを特徴とする。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

桧の木材の精油に適量のエタノールを混合させ、瓶などの容器に入れることを特徴とする、桧の芳香剤の製造方法。

請求項2

桧の木材の精油、桧の葉の精油に適量のエタノールを混合させた請求項1記載の桧の芳香剤の製造方法。

技術分野

0001

この発明は、桧の木材の精油、桧の葉の精油を利用した芳香剤の製造方法に関するものである。

背景技術

0002

従来、桧の木材の精油、桧の葉の精油は、そのまま原液を桧の水材に染み込ませた芳香剤はあった。

発明が解決しようとする課題

0003

桧の木材の精油、桧の葉の精油は、そのまま原液を芳香剤にしか利用されておらず、価格的にも高いものにつき、利用法が限られていた。本発明は以上の欠点を解決し、桧の木材の精油、桧の葉の精油に適量のエタノールを混合させることによってうまく融合し、桧の香り発散を助ける効果があり、また、以上の桧の芳香剤を瓶などの容器に入れることによって、桧の香りを楽しむことが幅広く利用できるものである。

課題を解決するための手段

0004

桧の木材の精油、桧の葉の精油に適量のエタノールを混合させる。それを瓶などの容器に入れる。以上の製造方法からなる桧の芳香剤の製造方法である。

0005

エタノールを混合させているために、うまく融合し、桧の香りの発散を助け、瓶などの容器に桧の芳香剤を入れることにより、いつどこでも桧の香りを楽しむことができる。

0006

以下、本発明の実施例について説明する。
(イ) 第1工程 桧の木材の精油にエタノールを混合させ、桧の芳香剤を製造する。このとき少量の水を加えてもよい。混合比率は下記の通り。
桧の木材の精油 5%〜30%
エタノール 70%〜95%
第2工程 第1工程を経たものを瓶などの容器に入れる。
(ロ) 第1工程 桧の木材の精油、桧の葉の精油にエタノールを混合させ、桧の芳香剤を製造する。このとき少量の水を加えてもよい。混合比率は下記の通り。
桧の木材の精油 3%〜30%
桧の葉の精油 2%〜20%
エタノール 50%〜95%
第2工程 第1工程を経たものを瓶などの容器に入れる。
桧の芳香剤を製造する過程で、エタノールを混合しているので、うまく融合し桧の香りの発散作用があり、有毒物質を用いていないので安心して使用できる。なお芳香剤は、瓶などの容器に入っているので、室内はもちろん、自動車の車内にも使用できる。このときエタノールを混合させているため、芳香剤の蒸発が多いので瓶の上部に穴のあいたコルク栓や、穴のあいたプラスチックの蓋で栓をすれば、外気に触れる部分が少なく芳香剤の蒸発が少なくなり、長時間にわたり桧の香りを楽しむことができる。

発明の効果

0007

桧の木材の精油、桧の葉の精油にエタノールを混合すると、うまく融合し、蒸発することにより桧の香りがする。これを瓶などの容器に入れれば、場所、時間を問わず利用できる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社資生堂の「 毛髪処理剤」が 公開されました。( 2019/05/30)

    【課題】 高い毛髪矯正効果を有しながら、従来よりも毛髪や頭皮に近い至適pHを有し、毛髪に過度の収斂を引き起こしにくく、頭皮に対して低刺激性で、使用感触に優れた毛髪処理剤を提供する。【解決手段】 (... 詳細

  • 株式会社伊勢半の「 睫毛化粧料」が 公開されました。( 2019/05/23)

    【課題】新規な睫毛化粧料を提供する。【解決手段】本発明の睫毛化粧料はポリウレタン及び極性溶媒を含有する。... 詳細

  • 株式会社フルメタルジャケットの「 毛髪にストレートパーマをかける方法」が 公開されました。( 2019/05/23)

    【課題】 本発明は、より毛髪の傷みが少なく、毛髪の艶がより改善される、毛髪にストレートパーマをかける方法を提供することを目的とする。【解決手段】 実施形態に従う毛髪にストレートパーマをかける方法は... 詳細

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ