福江修平 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~6件を表示(6件中) 1/1ページ目

公開年
  1. 技術 定着装置

    【課題】無端ベルトによりゴムパッドが意図せぬ形状に変形するのを抑制すること。【解決手段】定着装置8は、上流ゴムパッドP1と、下流ゴムパッドP2と、各ゴムパッドP1,P2を保持するホルダ140と、上流ゴムパッドP1の上流側で無端ベルト130をガイドするガイド面Fgを有する上流ガイド160と、ホルダ140を所定方向に付勢する付勢部材を備える。上流ゴムパッドP1は、無端ベル...

    定着装置

  2. 技術 定着装置

    【課題】ホルダのステイとの接触面の精度を向上させて、幅方向におけるニップ圧分布を略均一にすることを目的とする。【解決手段】定着装置は、回転体との間で無端ベルトを挟んでニップ部を形成するニップ形成部材Nと、ニップ形成部材Nを保持するホルダ140と、ホルダ140を支持する第1ステイ210を備える。ホルダ140は、ニップ形成部材Nに対して回転体と反対側に位置し、ニップ形成部...

    定着装置

  3. 技術 定着装置

    【課題】荷重が入力されるステイに対するホルダの移動方向における位置精度を安定させ、ニップ圧分布が不均一になることを抑制することを目的とする。【解決手段】定着装置は、ニップ部を形成するニップ形成部材と、ニップ形成部材を保持するホルダ140と、ホルダ140を支持する第1ステイ210と、第1ステイ210を回転体に向けて付勢する付勢部材を備える。ホルダ140は、ニップ形成部材...

    定着装置

  4. 技術 定着装置

    【課題】ステイのホルダとの接触面の位置を精度良く配置することができる定着装置を提供することを目的とする。【解決手段】定着装置は、回転体との間で無端ベルトを挟んでニップ部を形成するニップ形成部材Nと、ニップ形成部材Nを保持するホルダ140と、ホルダ140を支持する第1ステイ210と、ニップ部における無端ベルトの移動方向において、第1ステイ210の上流側に配置され、ホルダ...

    定着装置

  5. 技術 定着装置

    【課題】ローラに対する第1加圧パッドの位置精度の向上を図ることができる定着装置を提供する。【解決手段】定着装置1は、加熱ローラ2と、ベルト3と、第1加圧パッド4と、パッドホルダ6と、フレーム7と、サブフレーム9とを備える。加熱ローラ2は、第1方向に延びる。ベルト3は、第2方向において、加熱ローラ2と向かい合う。第1加圧パッド4は、ベルト3を加熱ローラ2に向けて加圧する...

    定着装置

  6. 【課題】各ニップ形成部材の製造誤差やニップ状態・ニップリリース状態の繰り返しなどによって各ニップ部の位置がばらつくのを抑えることを目的とする。【解決手段】定着装置8は、ヒータ82によって加熱される回転体(加熱ローラ81)と、無端ベルト83と、回転体との間で無端ベルト83を挟んで上流ニップ部NPuを形成する上流ニップ形成部材Xと、上流ニップ形成部材Xの移動を規制する第1...

    定着装置および搬送装置