藤沼智洋 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~4件を表示(4件中) 1/1ページ目

  1. 【課題】構造物の下方に配置される装置の位置を特定することができる位置特定システムを提供すること。また、構造物の下方に配置される装置の位置を特定しながら、構造物の解体を効率良く行う解体方法を提供すること。【解決手段】位置特定システムは、構造物の第1面側に配置される第1装置の第1位置情報を検出する第1位置検出手段と、構造物の第2面側に配置される第2装置の第2位置情報を検出...

    搬送装置、位置特定システム及び構造物の解体方法

  2. 【課題】1個のアタッチメントの中に、各々が解体作業で使用することができる少なくとも2個のユニットを有する解体装置のアタッチメントを提供することを課題の一つとする。また、解体装置のアタッチメントの交換作業を不要とし、作業効率を向上させるアタッチメントを提供すること。【解決手段】解体装置のアタッチメントは、アームの一端に設けられた固定軸に取り付けられ、固定軸を中心軸として...

    解体装置のアタッチメント

  3. 【課題】検査対象物の状態と検査対象物の検出箇所の位置情報とを関連付けた評価を効率的に行いつつ構成の簡素化を図る。【解決手段】第1レーザースキャナ14Aで生成される第1走査情報に基づいて、検査対象物4の検出箇所の位置情報を、局所座標系における2次元位置情報である第1ローカル位置情報として検出し、個別情報と位置情報とを関連付けた検査対象物評価情報を生成した。カメラを用いて...

    検査対象物の状態評価装置

  4. 【課題】複数の外壁面材を上下に並べて下地材で連結してなる外壁パネルに開口設備を効率的に組み込んでいくことに役立つスタータ部材、外壁および外壁の施工方法を提供する。【解決手段】外壁の施工方法は、開口設備4が未装着とされる外壁パネル5を地組架台上で組み立てるとともにスタータ部材57を横胴縁54に取り付ける工程と、上記開口設備4が未装着の外壁パネル5を屋外側から建物の躯体に...

    スタータ部材、外壁および外壁の施工方法