林航平 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~4件を表示(4件中) 1/1ページ目

  1. 【課題・解決手段】シールチェーンは、大きな引張り荷重が作用すると、ブシュが曲がり、ブシュ突出部の突出量が小さくなるように変形する。ブシュ26の内プレート25から突出したブシュ突出部26aに、ポンチ等により塑性変形して外径方向に広がり部Lを形成する。これにより、ブシュ26に対する内プレート25の抜け抵抗力が増大する。ブシュは、中炭素鋼又は合金鋼からなり、断面全体で400...

    シールチェーン

  2. 【課題】 対称の標準歯形のスプロケットは、ローラチェーン噛合い時のローラ接触点の速度成分が大きく、衝突エネルギーが大きい。【解決手段】 歯底面13の最底部Sを、1歯の2等分線Dに対して所定量X噛合い側にずらす。歯底面の噛合い側円弧面13aの領域角度Aを、噛外し側円弧面13bの領域角度A’より大きくする。それに続く第2円弧面は、噛外れ側31に比して、噛合い側27の半...

    スプロケット

  3. 【課題】高炭素鋼を継手ピンに用いて、高い硬度の継手ピンを得ようとすると、カシメ時にカシメ割れを生ずることがある。【解決手段】0.5〜0.6%C、550〜750HVの継手ピン素材の全面に銅メッキDを施す(a)。被カシメ部となるピン先端部の外周面20を切削して銅メッキを除去すると共にカシメ用のザグリ穴19を形成する(b)。脱炭処理してピン先端部外周面からのみ炭素を発散し、...

    チェーンの継手ピン及びその製造方法

  4. 【課題】シールリングは、内プレートと外プレートとの間のクリアランスが大きくなり、ピンが長くなって曲げモーメントが大きくなる。【解決手段】内プレート26の外側面26aにブシュ孔35と同芯状の凹部36を形成し、該凹部にシールリング31を収納する。外プレート22の内側面は平坦面からなり、シールリング31は、該平坦面との間に挟持される。これにより、内プレート26と外プレート2...

    シールチェーン