ミーンウェル,ニコラスエー. さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~2件を表示(2件中) 1/1ページ目

  1. 薬物及び生体影響(bio-affecting)特性を有する化合物、それらの医薬組成物並びに使用の方法が記載されている。具体的には、式(I)【化1】の化合物で表される、独特の抗ウイルス活性を保有するアザデカリン誘導体がHIV成熟阻害剤として提供される。これらの化合物はHIV及びAIDSを処置するのに有用である。

    ヒト免疫不全ウイルス複製の阻害剤としてのアザデカリン誘導体

  2. 【課題・解決手段】薬物及び生体に影響を与える特性を有する化合物、それらの医薬組成物及び使用方法が記載される。特に、特有の抗ウイルス活性を有するベツリン酸誘導体が、HIV成熟阻害剤として提供され、式Iの化合物として表される。これらの化合物は、HIV及びAIDSの治療に有用である。化1】。

    HIV−1阻害剤としてのC−3およびC−17修飾トリテルペノイド