千葉牧人 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~5件を表示(5件中) 1/1ページ目

  1. 【課題】予約サイトに希望する予約枠の在庫が存在しない場合に、他の予約サイトを介した予約を、ユーザに新たに個人情報を登録させることなく実行する。【解決手段】情報処理装置は、記憶部と通信部と制御部を有する。記憶部は第1の予約サイトにユーザ登録されたユーザ情報と、予約枠の在庫に関する在庫情報とを記憶する。通信部はユーザ端末と、第2の予約サイトを提供するサーバと通信可能である...

    情報処理装置、情報処理方法及びプログラム

  2. 【課題】飲食店のテーブル管理において、テーブルの結合による最大着席可能人数の変動に対応する。【解決手段】記憶部18は、複数のテーブルにそれぞれ設定された最大着席可能人数51を有するテーブル情報50を記憶する。CPU11は、複数のテーブルの結合が必要であることを示す要結合情報を受信した場合、上記テーブル情報50において結合後のテーブルの最大着席可能人数51を、結合前の複...

    情報処理装置、情報処理方法及びプログラム

  3. 【課題】各テーブルの最大着席可能人数を設定する情報処理において、座る人に窮屈さを感じさせないようにする。【解決手段】記憶部18は、テーブルごとに、辺の長さを示す情報と、利用客1人分の幅の情報と、を記憶する。CPU11は、複数のテーブルの結合を示す結合情報を受信した場合、上記複数のテーブルそれぞれの上記辺の長さを示す情報と、上記利用客1人分の幅の情報に基づいて、同じ辺に...

    情報処理装置、情報処理方法及びプログラム

  4. 【課題】店舗の利用客を店内に分散して案内することを可能にする。【解決手段】情報処理装置100は、記憶部18と制御部(CPU11)を有する。記憶部18は、店舗における各テーブルの配置に関する配置情報を記憶する。CPU11は、配置情報に基づいて、他の利用客グループの各テーブルからの距離の合計が所定の閾値以上又は最大になるテーブルを新規利用客グループのために選択する。

    情報処理装置、方法及びプログラム

  5. 【課題】テーブルや座席の利用確保の情報処理において、テーブル等と客グループの紐付けを限られたリソースで効率よく行うこと。【解決手段】客グループ情報取得部と記憶部と制御部を具備する情報処理装置である。上記客グループ情報取得部は、入店又は予約した新規客グループに関する客グループ情報を取得する。上記記憶部は、複数の客グループと当該複数の客グループの各々に対応するテーブルとの...

    情報処理装置、情報処理方法及びプログラム