阪本慎吾 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~15件を表示(15件中) 1/1ページ目

  1. 【課題】穿刺時の痛みを抑えることができると共に、より精度よく穿刺することができる、新規な構造の留置針組立体を提供すること。【解決手段】外針ハブ16を基端側に有する外針12に対して、内針ハブ38を基端側に有する内針14が抜去可能に挿通されている留置針組立体10において、外針ハブ16は、外針12が固定される針接合部18と、外部流路に接続される流路接続部20と、それら針接合...

    留置針組立体

  2. 【課題】薬液の投与量を管理し易く、薬液の過剰投与を防ぐことができる、新規な構造の薬液注入コントローラを提供すること。【解決手段】サブリザーバー14を収容するハウジング12において押圧操作により急速の薬液投与を実行する押圧操作部材62が往復移動可能に組み付けられており、押圧操作部材62の押圧操作による移動を規制するロック機構90を備えていると共に、サブリザーバー14へ薬...

    薬液注入コントローラ

  3. 【課題】ロックアウトタイムの設定が可能で且つプライミングが容易な薬液投与装置を提供する。【解決手段】急速投与部は、流入流路111と流出流路112との間に接続され、薬液を貯留する薬液貯留部113と、薬液貯留部113への薬液の貯留及び前記薬液貯留部113からの薬液の送出を制御する制御部114とを備えている。流入流路111は、第1の流路111Aと第1の流路111Aよりも流路...

    急速投与部

  4. 【課題】ハウジングの強度を確保しつつ、弾性弁体が脱落しにくい医療用コネクタを実現できるようにする。【解決手段】医療用コネクタ100は、ハウジング部101と、挿入口111を閉塞するようにハウジング部101に固定された、弾性弁体102とを備えている。筒状部131は、上端面の裏面に設けられ下方に突出した上側凸部141と、上側凸部141と相対する位置に設けられ、上方に突出した...

    医療用コネクタ

  5. 【課題】従来構造のリザーバー容器とは異なる、新規な構造のリザーバー容器を提供する。【解決手段】薬液注入用のリザーバー容器10において、ハウジング16を構成する有底筒形状のハウジング本体18における筒状周壁部26の内面が開口側に向かって広がる傾斜内面94とされている一方、傾斜内面94にはハウジング本体18の長さ方向に延びる複数本の案内突条96が設けられていると共に、案内...

    薬液注入用のリザーバー容器

  6. 【課題】押圧操作部材及び主動部材を所定の位置に配置し易くなると共に、急速投与用の弁体の安定した作動を実現できる、新規な構造の薬液注入コントローラを提供すること。【解決手段】自己操作による薬液の急速注入を実行可能とする薬液注入コントローラ10であって、サブリザーバー14を収容するハウジング12において急速の薬液投与を実行する押圧操作部材52が往復移動可能に組み付けられて...

    薬液注入コントローラ

  7. 【課題】外部流路における雄ルアーの形状等に拘らず、弾性弁体を安定して押し開くことのできる、新規な構造の弁付き針組立体を提供する。【解決手段】中空針12の基端側に設けられた針ハブ14の内部に弾性弁体18が配された弁付き針組立体10において、内部流路16を形成すると共に基端側において外部流路134に連通される筒状接続体104が、針ハブ14の基端側から突出して設けられており...

    弁付き針組立体

  8. 【課題】 所定容量の薬液を簡易な操作で投与することができる薬液自己注入装置を提供する。【解決手段】 薬液自己注入装置1は、ハウジング10に収容されたリザーバ32と、ハウジング10外からの操作によりリザーバ32を押圧変形させる操作部20と、リザーバ32に接続されてリザーバ32の変形によりリザーバ32内の薬液を流出させる流出路50と、を有し、流出路50には、リザーバ3...

    薬液自己注入装置

  9. 技術 医療用弁

    【課題】弾性弁体の外周部分をハウジングに対してより確実に支持させることができて、弾性弁体の内方への抜け落ちの不具合が防止される、新規な構造の医療用弁を提供する。【解決手段】医療用弁10であって、弾性弁体16には環状溝76,74が形成されていると共に、それらの間に位置する環状連結部72の外周側に筒状支持部70が形成されている。環状連結部72の弁内外面に設けられた環状溝7...

    医療用弁

  10. 【課題・解決手段】内部流路中の空気を排出することができる、新規な構造の止血弁付留置針を提供する。経皮的に血管に挿し入れられるカニューラ12を先端側に有していると共に、接続コネクタ14を基端側に備えており、該カニューラ12から該接続コネクタ14に至る内部流路18が形成されていると共に、該接続コネクタ14の内部に止血弁16が配されている止血弁付留置針10において、前記接続...

    止血弁付留置針および留置針組立体

  11. 技術 医療用弁

    【課題】ニードルレスタイプの雄コネクタの挿入に伴う弾性弁体の損傷が軽減される、新規な構造の医療用弁を提供する。【解決手段】ディスク状の弾性弁体16が装着された雄コネクタ接続用のポート14が設けられていると共に、弾性弁体16の外周部分に形成された内側係止溝26と外側係止溝28に対してハウジング12に形成された内側爪部62と外側爪部78が係止されて支持されている医療用弁1...

    医療用弁

  12. 【課題】急速の薬液投与を行うために設けられるサブラインのプライミングの作業を簡単に行うことができる、新規な構造の薬液投与装置を提供すること。【解決手段】薬液投与装置10において、サブライン26のプライミングを行うプライミング機構として、(i)サブリザーバー42と流量制御部38の少なくとも一方よりも下流側に設けられたプライミング用エア抜き部62と、(ii)プライミング用...

    薬液投与装置と薬液投与装置に用いられる薬液注入コントローラ

  13. 【課題】コネクタの緩み又は脱落が生じにくく且つ組み立てが容易な採血ホルダを実現できるようにする。【解決手段】採血ホルダ(100)は、先端側に天板部(114)を有する筒状のホルダ本体(110)と、天板部(114)に配置され、コネクタが接続される接続部(121)とを備えている。接続部(121)は、コネクタに設けられた雄ねじと係合する雌ねじを有する第1の部分(123)と、第...

    採血ホルダ

  14. 【課題】狭窄流路の液密性を確保することができる、新規な構造の流量制御装置を提供すること。【解決手段】薬液を患者の体内に注入する薬液流路62上に設けられて、薬液の流量を調節する狭窄流路26を備えた流量制御装置10であって、表面に開口して延びる凹溝24が形成された溝形成部材20を備えていると共に、凹溝24の開口を覆って狭窄流路26を形成する弾性シール材22と、弾性シール材...

    流量制御装置

  15. 【課題】(a)〜(c)の少なくとも1つを実現し得る、新規な構造の薬液注入器具を提供すること。(a)フィルタを容易に配設可能で、薬液中への空気の残留を防ぎ易い。(b)携行性に優れる。(c)薬液を薬液リザーバへ充填し易い。【解決手段】薬液注入器具10であって、(A)〜(C)の少なくとも1つを有する。(A)フィルタ68を固設した薬液流出口72が薬液リザーバ14の上側となる向...

    薬液注入器具