大形悠一郎 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~4件を表示(4件中) 1/1ページ目

  1. 【課題】造血幹細胞の血液細胞への分化を促進する新規な物質を見出し、造血幹細胞の分化促進剤として提供すること。【解決手段】マンネンタケ胞子の超臨界抽出物、又は、マンネンタケ胞子の超臨界抽出物と、ケイヒ、ニンジン、オオバコ、カンゾウ、チンピ、ショウキョウ、キキョウ、及びサンザシから選択される1種又は2種以上の生薬の抽出物との混合物を有効成分として含有する、造血幹細胞の血液...

  2. 【課題】幹細胞に対してより高い増殖促進活性を有する新たな物質を見出し、生体安全性に優れた幹細胞の増殖促進剤を提供することを課題とする。【解決手段】マンネンタケ胞子の超臨界抽出物、又は、マンネンタケ胞子の水及び/又は有機溶媒抽出物を有効成分として含有する幹細胞の増殖促進剤。

  3. 【課題】マクロファージの機能低下を抑制できる新たな因子を見出し、加齢に伴う免疫機能低下や老化幹細胞を含む老化細胞の蓄積に起因する加齢性疾患などのマクロファージの機能低下に関連する疾患又は症状の治療及び/又は予防に有効な製剤を提供すること。【解決手段】IL-1α、IL-1β、IL-8、GM-CSF、TNF-α、IFN-γ、MMP-1、MMP-2、PAI-2、及びMIFか...

  4. 【課題】本発明は、霊芝を含有することを特徴とする遺伝子発現調節剤であり、加齢に伴う遺伝子発現変化を改善する遺伝子発現調節剤に関する。より詳しくは、遺伝子が、免疫賦活に関わるIFNG、IL2RB、IL2RG、GZMA、GZMB、NCR1、KLRK1、食欲調節に関わるLEP、脂質代謝に関わるLIPE、GPD1、FASN、CYP7A1、ADRB3、皮膚幹細胞の機能維持に関わ...