ヤオ,チェンリン さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~4件を表示(4件中) 1/1ページ目

  1. 【課題】殺真菌性化合物を含む相乗的組成物の提供。【解決手段】殺真菌的に有効な量の式Iの化合物:5−フルオロ−4−イミノ−3−メチル−1−トシル−3,4−ジヒドロピリミジン−2(1H)−オン、ならびに、マンコゼブ、クロロタロニル、ピラクロストロビン、フルオキサストロビン、アゾキシストロビン、トリフロキシストロビン、ピコキシストロビンおよびクレソキシムメチルからなる群から...

  2. 【課題】使用が容易であり、安価な殺真菌剤の提供。【解決手段】式Iの化合物及び殺真菌剤としてのそれらの使用。(Xは、H又はC(O)R5;Yは、H、C(O)R5又はQ;R5は、アルコキシ又はベンジルオキシ;R1は、H又はアルキル;R2は、メチル;R3は、アリール又はヘテロアリール;R4は、H、ハロゲン、ヒドロキシル、アルキル又はアルコキシ;R11は、H又はアルキル;R12...

  3. 【課題・解決手段】本開示は、農業的に有用な条植え作物における真菌性の病気を防除するための化合物Iおよびその使用を含む、農業用化学物質の分野に関する。化1】。

    条植え作物における植物病原性真菌を防除するための殺真菌剤としての非環式ピコリンアミド化合物の使用

  4. 【課題・解決手段】本開示は、式(I)のピコリンアミドおよび殺真菌剤としてのそれらの使用に関する。

    殺真菌剤としてのピコリンアミド