馬田一郎 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~6件を表示(6件中) 1/1ページ目

  1. 【課題】複数の対象者の統合度を推定する。【解決手段】統合度推定装置1は、所定期間に含まれる複数の期間のそれぞれにおける、所定エリアに存在する複数の対象者により構成されるグループの状態を推定するグループ状態推定部121と、グループ状態推定部121が推定した複数の期間のそれぞれのグループの状態に基づいて、所定期間における複数の対象者の統合度を推定する統合度推定部122と、...

    統合度推定装置及び統合度推定方法

  2. 【課題】インタラクションに関するマルチモーダルデータの機械学習において、学習データ量を抑える技術を提供する。【解決手段】データ取得部30は、インタラクションイベントを含むマルチモーダルデータを各モダリティから取得する。特徴量抽出部31は、マルチモーダルデータのそれぞれから、異なる複数の特徴量それぞれの時間変動を抽出する。組分け部32は、複数の特徴量の時間変動のパターン...

    情報処理装置、情報処理方法、及びプログラム

  3. 【課題】人物が移動していない状態であってもグループを推定する。【解決手段】グループ推定装置1は、所定エリアに存在し、グループに属する可能性がある複数の対象者のそれぞれが注視する領域を示す注視領域を特定する注視領域特定部と、前記注視領域特定部が特定した前記複数の対象者のそれぞれの前記注視領域に基づいて、前記複数の対象者のうち、少なくとも一部の対象者を含むグループを推定す...

    グループ推定装置及びグループ推定方法

  4. 【課題】作業者の作業品質を適切に推定する。【解決手段】推定装置1は、作業者の生体情報を取得する取得部131と、作業者が所定の作業を行っている作業期間に取得部131が取得した作業時生体情報に基づいて、作業者の作業品質を推定する推定部134と、推定部134が推定した作業者の作業品質に関する情報を出力する出力部135と、を有する。推定部134は、作業者が所定の作業を行ってい...

    推定装置、推定方法及び推定プログラム

  5. 【課題】共同作業における作業者間の共感度を推定する精度を向上させることができる出力装置及び出力方法を提供する。【解決手段】出力装置は、共同して作業を行う2人の作業者それぞれの視線に関する視線データから、一方の作業者がいる位置を起点とした一方の作業者の視線の向きと、他方の作業者がいる位置を起点とした他方の作業者の視線の向きとを関連付けて特定する特定部121と、特定部12...

    出力装置及び出力方法

  6. 【課題】説明発話の能力を推定する精度を向上させる。【解決手段】出力装置1は、インタラクションにおける話者の発話を含む音声データから、話者が発話した期間である複数の発話期間を特定する発話期間特定部121と、話者の視線に関する視線データから、複数の発話期間それぞれにおける話者の視線移動の回数を特定する移動回数特定部123と、インタラクション全体の期間における複数の発話期間...

    出力装置及び出力方法