飯田俊英 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~20件を表示(20件中) 1/1ページ目

  1. 【課題】接合したチューブの長手方向一端部の耐引抜性能を向上させることができる樹脂製管継手を提供する。【解決手段】樹脂製管継手1は、前記チューブ2の長手方向一端部5を挿入可能な筒部22を有する継手本体11と、前記チューブの長手方向一端部側に圧入され得る圧入部31を有するインナーリング12と、径方向に関して前記圧入部との間に前記チューブの長手方向一端部を挟むように前記継手...

    樹脂製管継手

  2. 【課題】接合したチューブの長手方向一端部の耐引抜性能を向上させることができる樹脂製管継手を提供する。【解決手段】樹脂製管継手1は、チューブ2の長手方向一端部5を挿入可能な筒部22を有する継手本体11と、前記チューブの長手方向一端部側に圧入され得る圧入部31を有するインナーリング12と、径方向に関して前記圧入部との間に前記チューブの長手方向一端部を挟むように前記継手本体...

    樹脂製管継手

  3. 【課題】流体デバイスの成形時に径外側シール溝の真円度が低下しても、その径外側シール溝にガスケットの径外側圧入部を圧入できるようにする。【解決手段】2つの配管ブロック11,12にそれぞれ形成された流路孔13,14同士を接続するためのガスケット2は、環状の本体部21と、本体部21の軸方向両端部それぞれの径内側から軸方向外側に突出し、両配管ブロック11,12の流路孔13,1...

    ガスケット、及び流路継手構造

  4. 【課題】ガスケットのシール周面を傷つけることなく流体デバイスからガスケットを取り外せるようにする。【解決手段】2つの配管ブロック11,12にそれぞれ形成された流路孔13,14同士を接続するためのガスケット2は、両配管ブロック11,12の端面11a,12aにおいて流路孔13,14よりも径方向外側に形成された筒状の径外側シール溝4にそれぞれ圧入される一対の筒状の径外側圧入...

    ガスケット、及び流路継手構造

  5. 【課題】ガスケットにより接続された2つの流体デバイスのうち所望の流体デバイスのみをガスケットから取り外せるようにする。【解決手段】2つの配管ブロック11,12を接続する流路継手構造1は、両配管ブロック11,12の端面11a,12aにおいて流路孔13,14よりも径方向外側に形成された筒状の径外側シール溝4A,4Bと、両径外側シール溝4A,4Bにそれぞれ圧入される一対の径...

    流路継手構造、及びガスケット

  6. 【課題】流体デバイスによってガスケットを挟み込んだときに、ガスケットの周方向におけるシール性能を均一にする。【解決手段】集積ブロック1は、第1方向に沿って並設された一対の挿通孔15、15と、一対の挿通孔15、15の間に配置され、流路Pの一端を成す流通口13と、流通口13の外周縁に沿って設けられ、ガスケット2が挿入される環状溝14と、を有し、環状溝14の中心軸C1を通る...

    流体システム

  7. 【課題】ガスケットと装着部材との間のシールの性能を向上させる。【解決手段】ガスケットの装着構造は、装着部材3とガスケット1とを備える。装着部材3は、第1ベース部11、第1ベース部11に突出するように設けられた外側筒部13、第1ベース部11に外側筒部13と同方向へ突出するようにかつ外側筒部13の径方向内方に設けられた内側筒部15、および、第1ベース部11と外側筒部13と...

    ガスケットの装着構造

  8. 【課題】第1部材の第1流路とこの第1流路の延在方向と異なる方向に延びる第2部材の第2流路との接続部に設けられるガスケットの小型化を図る。【解決手段】ガスケット1は、互いに対向する第1部材3および第2部材5Aの間に介在し、第1部材3の第1流路7Aとこの第1流路7Aの延在方向と異なる方向に延在する第2部材5Aの第2流路9Aとの接続部に設けられる。そして、ガスケット1は、第...

    ガスケット

  9. 【課題】樹脂製ブロックの製造時に、このブロックのガスケット装着部を形成する樹脂材料の収縮の発生を抑制する。【解決手段】ブロックへのガスケットの装着構造は、流体流路11を有する樹脂製のブロック1と、流体流路11の開口部13を囲むガスケット3とを備え、ガスケット3がブロック1に圧入状態で装着される。ブロック1は、筒状壁部37と、溝部40と、圧入部70とを有する。筒状壁部3...

    ブロックへのガスケットの装着構造およびブロック

  10. 【課題】ガスケットによってシールされる流路を有する流体デバイスにおいて、ガスケットをスムースに挿入し、そのシール性を確保する。【解決手段】流体デバイスとしての集積ブロック1は、その流路Pの一端を成すように開口した流通口13と、流通口13の外周縁に沿って設けられ、ガスケット2が挿入されるように開口した環状溝14と、環状溝14における内径側の内壁部14bに設けられ、環状溝...

    流体デバイス

  11. 【課題】ブロックへのガスケットの装着時のシール性能を向上させる。【解決手段】ブロックへのガスケットの装着構造が、流体流路11を有するブロック1と、流体流路11の開口部13を囲むガスケット3とを備える。そして、ガスケット3が、流体流路11の開口部13の径方向外側に設けられた樹脂製の筒状壁部としてのシール突部23を有する。このシール突部23が、ブロック1内に圧入されるよう...

    ブロックへのガスケットの装着構造およびガスケット

  12. 【課題】継手本体とインナーリングとの間のシール性能の向上を図ることができる樹脂製管継手を提供する。【解決手段】樹脂製管継手1は、筒部22を有する継手本体11と、前記筒部と径方向に接するように前記筒部に挿入され得る挿入部32および前記チューブの長手方向一端部側に圧入され得る圧入部31を有するインナーリング12と、前記継手本体に連結可能に構成されたユニオンナット13とを備...

    樹脂製管継手

  13. 【課題】継手本体とインナーリングとの間のシール性能の向上を図ることができる樹脂製管継手を提供する。【解決手段】樹脂製管継手1は、筒部22を有する継手本体11と、前記筒部と径方向に接するように前記筒部に挿入され得る挿入部32および前記チューブの長手方向一端部側に圧入され得る圧入部31を有するインナーリング12と、前記継手本体に連結可能に構成されたユニオンナット13とを備...

    樹脂製管継手

  14. 【課題】ブロックへのガスケットの装着時のシール性能を向上させる。【解決手段】ブロックへのガスケットの装着構造は、流体流路11を有するブロック1と、流体流路11の開口部13を囲む筒状のガスケット3とを備える。そして、ブロック1が、流体流路11の開口部13の径方向外側に設けられた樹脂製の筒状内壁部37と、この筒状内壁部39の径方向外側に設けられた樹脂製の筒状外壁部37とを...

    ブロックへのガスケットの装着構造

  15. 【課題】ブロックへのガスケットの装着時のシール性能を向上させる。【解決手段】ブロックへのガスケットの装着構造は、流体流路11を有するブロック1と、流体流路11の開口部13を囲む筒状のガスケット3とを備える。そして、ブロック1が、流体流路11の開口部13の径方向において開口部13の外側にかつ前記ガスケットの軸方向一側部の内側に設けられた樹脂製の筒状壁部5(筒状内壁部39...

    ブロックへのガスケットの装着構造

  16. 【課題】ブロックへのガスケットの装着時のシール性能を向上させる。【解決手段】ブロックへのガスケットの装着構造が、流体流路11を有するブロック1と、流体流路11の開口部13を囲むガスケット3とを備える。そして、ブロック1が、流体流路11の開口部13の径方向において開口部13およびガスケット3の軸方向一側部17の外側に設けられた樹脂製の筒状壁部5(筒状外壁部37)を有する...

    ブロックへのガスケットの装着構造

  17. 【課題】継手本体と第2リングとの間に保持された第1リングにより形成されるシール部のシール力が第2リングのがたつきの発生により低下することを防止できる管継手構造を提供する。【解決手段】管継手構造1は、石英管2と、継手本体3と、軸方向一方側の一部が継手本体3の受口13と石英管2との周面間に配置される第1リング4と、第1リング4を軸方向一方側に押圧する第1リング押圧面19を...

    管継手構造

  18. 【課題】流体機器の設置スペースの省スペース化を図ることができる流体機器の接続構造を提供する。【解決手段】流体機器の接続構造は、第1流体機器1にその第1流体流路21に連通するように設けられた筒状の第1受口部11と、第2流体機器2にその第2流体流路25に連通するように設けられた筒状の第2受口部12と、第1係合部53を有し、第1受口部11に設けられた第1筒状部材13と、第1...

    流体機器の接続構造

  19. 【課題】流体機器の設置スペースの省スペース化を図ることができる流体機器の接続構造を提供する。【解決手段】第1流体機器1の第1流体流路21に接続され、第1流体機器1に設けられた筒状の第1受口部11と、第2流体機器2の第2流体流路25に接続され、第2流体機器2に設けられた筒状の第2受口部12と、第1受口部11に設けられ、第1螺合部53を外周側に有する第1筒状部材13と、第...

    流体機器の接続構造

  20. 【課題】流体機器の設置スペースの省スペース化を図ることができる流体機器の接続構造を提供する。【解決手段】 流体機器の接続構造が、第1受口部11と、第2受口部12と、第1筒状部材13と、第2筒状部材14と、接続体15と、締結部材16とを備える。第1筒状部材13は、第1受口部11の外周側に設けられる。第2筒状部材14は、第2受口部12の外周側に設けられる。接続体15は、...

    流体機器の接続構造