飯山俊男 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】入力軸4が停止した位置を保持したまま、出力軸6を双方向に空転させることができる小型のフリータイプ双方向クラッチを提供すること。【解決手段】出力歯車44と一対の作動歯車8a及び8bとの間に、各々の一対の作動歯車8a及び8bに対して周方向の逆側で噛み合うよう一対の中間歯車10a及び10bを配置する。一対の作動歯車8a及び8bの各々には、軸方向に突出した突出部50a...

    歯車の空転を利用するフリータイプ双方向クラッチ

  2. 【課題】入力軸が停止した位置を保持したまま出力軸を双方向に空転させることができ且つ長寿命のフリータイプ双方向クラッチを提供すること。【解決手段】外周面に凹部52が形成されたカム体48を遊星歯車46と軸方向に並列して固着するとともに、上記カム体48が挿入される空間部32を入力軸4に設ける。入力軸4が回転し、空間部32においてカム体48が所定の姿勢で入力軸4と当接すると遊...

    フリータイプ双方向クラッチ

  3. 【課題】入力軸が停止した位置を保持したまま出力軸を双方向に空転させることができ且つ長寿命のフリータイプ双方向クラッチを提供すること。【解決手段】遊星歯車41の中心に対して偏心した円板形状のカム体43を固着すると共に上記カム体43が挿入される円形断面の空間部23を入力軸2に設ける。入力軸2が回転し、空間部23においてカム体43が所定の姿勢で入力軸2と当接すると遊星歯車体...

    フリータイプ双方向クラッチ

  4. 【課題】入力部材と出力部材が偏心している伝達装置に適用可能な、簡単な構成の定範囲伝達装置を提供すること。【解決手段】入力部材106に固着した入力端板134に、入力部材106の回転軸o1´を中心とした円周上を移動する係合片158を設ける一方、出力部材108に固着した出力端板167には、出力部材108の回転軸o2´を中心とした円周上を移動する被係合片168を設け、両部材の...

    定範囲伝達装置

  5. 【課題】簡単な構成の定範囲伝達装置を提供すること。【解決手段】入力部材6、106に入力端板34、134を設け、入力端板34、134には入力部材6、106の回転軸に対して偏心した偏心軸eo、eo´を中心に回転可能な伝達部材46、146を配置し、伝達部材46、146に係合片58、158を設けると共に出力部材8、108に被係合片68、168を設ける。

    定範囲伝達装置

  6. 【課題】2個の内接式遊星歯車を設けた変速装置において、一方の遊星歯車を内歯歯車としてハウジングとの間に案内機構を設置し、円滑な回転伝達を行う。【解決手段】第1回転軸2に固着した偏心部材21に、2個の遊星歯車を有する遊星歯車体4を嵌め込んで装着し、第1遊星歯車p1とハウジング1に固定の固定リング歯車r1に噛み合わせて第1内接式遊星歯車機構を構成するとともに、第2遊星歯車...

    内接式遊星歯車機構を組み合わせた変速装置

  7. 【課題】噛み込み用ローラを用いることなく、歯車機構を組み合わせてロックタイプ双方向クラッチを構成し、作動に伴う異音等の発生を防止するとともに、出力軸を停止させるときはロック状態を確実に保持するようにすること。【解決手段】ハウジング2の内側に、共に回転軸oに対して偏心し且つ軸方向に並列して配置される作動歯車体8及び制御歯車体10と、制御歯車体10に対する作動歯車体8の公...

    ロックタイプ双方向クラッチ

  8. 【課題】応答性に優れたフリータイプ双方向クラッチを提供する。【解決手段】回転不能のハウジング4内には、共通の中心軸Oの回りに回転可能な入力軸6及び出力軸8が設置されている。入力軸6には、一対の円弧状周縁32a及び32bを有する貫通開口が形成された回転体28が固着され、出力軸8には太陽歯車34が固着されている。貫通開口には遊星歯車体38が配置され、遊星歯車体38は、遊星...

    フリータイプ双方向クラッチ

  9. 【課題】応答性に優れたフリータイプ双方向クラッチを提供する。【解決手段】ハウジング4内で、入力軸6に円弧状周縁35a、35bを有する一対の貫通開口34a、34bが形成されたディスク体32が固着され、出力軸8に太陽歯車42が固着される。貫通開口34a、34bに配置された遊星歯車体44a、44bは、太陽歯車42と噛み合う遊星歯車48a、48bと、一方向クラッチ54a、54...

    フリータイプ双方向クラッチ