風間憲男 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~13件を表示(13件中) 1/1ページ目

  1. 【目的】リッドの開閉状態によらずカップ類を保持でき、簡単な構造で空間の有効利用を図ることが可能な構造の提供。【構成】コンソールボックス本体3の後部に設けられ、コンソールボックス本体3に形成された主開口7を開閉し、開移動に伴って主開口7の上部に上方開口部19を形成する外リッド部15と、上方開口部19の下方内部に設けられ、上部21aが開口する収納部21と、収納部21の上方...

    コンソールボックスのカップホルダ構造

  2. 【目的】リッドの上下寸法を増大せず、カップ類の安定した保持を可能とする。【構成】コンソールボックス本体3に軸支され開状態で略水平位置に保持されるリッドインナ部9と、リッドインナ部9の外側に設けられたリッドアウタ部11と、リッドアウタ部11をリッドインナ部9に着脱自在に固定するロック手段13と、リッドインナ部9を開状態としてロック手段13を解除したときリッドアウタ部11...

    コンソールボックスのリッド構造

  3. 【目的】カードホルダ機能とカップホルダ機能とを十分に確保しつつ、収納空間を極力小さく抑えて空間の有効利用を図ることができる構造の提供。【構成】車体側のアウタケース11から車室内1へ出没自在に設けられたインナケース13と、インナケース13に設けられ、車室内1へ開口する挿入部41をインナケース13の突出先端に有し、挿入部13から挿入されたカード類43を収容するカードホルダ...

    カードホルダとカップホルダとの兼用構造

  4. 【目的】ソフト感のある布調の風合いを持つ樹脂製品の製造方法の提供を図る。【構成】着色した短繊維パイル13が混在したペレット状の樹脂原料Pを射出成形機1のホッパー2に供給し、この樹脂原料Pをスクリュー3の回転により前方へ送ってシリンダ5内で加熱溶融すると、流れ抵抗により短繊維パイル13の繊維の向きが溶融樹脂の流れ方向に揃うようになり、溶融樹脂を加圧してノズル8から溶融樹...

    樹脂製品の製造方法

  5. 【目的】短繊維パイルが起毛したソフト感のある布調の風合いを持つ樹脂製品の製造方法の提供を図る。【構成】熱可塑性樹脂配合原料に発泡剤と着色した短繊維パイルとを混合した樹脂原料Pを射出成形機1のシリンダ5内で加熱溶融して前方へ送り出すと、流れ抵抗により短繊維パイル13の繊維向きが溶融樹脂の流れ方向に揃い、金型9のキャビティ10内に射出することにより、樹脂層12内に短繊維パ...

    樹脂製品の製造方法

  6. 【目的】短繊維パイルが起毛したソフト感のある布調の風合いを持つ樹脂製品の製造方法の提供を図る。【構成】着色した短繊維パイル8が混在したペレット状の樹脂原料Pを押出し成形機1のホッパー2に供給し、樹脂原料Pをスクリュー3の回転により前方へ送ってシリンダ4内で加熱溶融すると、流れ抵抗により短繊維パイル8の繊維向きが溶融樹脂の流れ方向に揃うようになって、ダイ6から短繊維パイ...

    樹脂製品の製造方法

  7. 【目的】短繊維パイルが起毛したソフト感のある布調の風合いを持つ樹脂製品の製造方法の提供を図る。【構成】熱可塑性樹脂配合原料に着色した短繊維パイル3を混合して混練した樹脂原料Pを、カレンダーロール1に供給して樹脂シートPS を成形すると、その成形過程で短繊維パイル3の繊維の向きが樹脂層2の圧延方向の加圧流動によりその流れ方向に揃うようになり、該樹脂シートPS が最後段ロ...

    樹脂製品の製造方法

  8. 【目的】パイルの再利用が容易で色むらが生ぜず、スプレーガンの目詰まりが生じないファブリック調内装成形品を提供すること。【構成】所定形状に形成された合成樹脂成形品本体2上に接着層3が形成され、該接着層3が硬化する前に、短繊維のパイル4を多量低圧スプレーガン5により吹き付けることで、該パイルの少なとも一端が前記接着層3に突き刺さり且つ該パイルの側面を前記接着層3の表面上に...

    ファブリック調内装成形品

  9. 【目的】ソフト感のある布調の風合いを持つ装飾用樹脂製品の提供を図る。【構成】淡く着色した透明又は半透明の合成樹脂製の基材1に、該基材1よりも濃く着色した合成樹脂製の短繊維パイル2を、単パイル2aと複数の単パイルが交絡した交絡パイル2bとで粗密状態に分布させて混在させてある。

    装飾用樹脂製品

  10. 【目的】触感で柔軟性を高める手段を安価なファブリック調内装成形品を提供すること。【構成】所定形状に形成された合成樹脂成形品本体2上に発泡性接着層3が形成され、該発泡性接着層3が硬化する前に、短繊維のパイル4を多量低圧スプレーガン5により吹き付けることで、該パイル4の少なくとも一端41が前記発泡性接着層3に突き刺さり且つ該パイル4の側面42を前記発泡性接着層3の表面上に...

    ファブリック調内装成形品

  11. 【目的】パイルの遊び毛が生ぜず、スプレーガンの目詰まりが生ぜず、細かいピッチのパターンの風合いを可能にしたファブリック調内装成形品を提供すること。【構成】所定形状に形成された略平板状の表面に所定のパターンの凹凸部6が形成された合成樹脂成形品本体上2に接着層3が形成され、該接着層3が硬化する前に、短繊維のパイルを多量低圧スプレーガン5により吹き付けることで、該パイル4の...

    ファブリック調内装成形品

  12. 【目的】ソフト感のある布調の風合いを持つ装飾用樹脂製品の提供を図る。【構成】淡く着色した透明又は半透明の合成樹脂製の基材1に、該基材1よりも濃く着色した合成樹脂製の短繊維パイル2を混在させてある。

    装飾用樹脂製品

  13. 【目的】乗降に支障を来すことなく多種多様の傘を収納でき、かつ、傘の布を束ねて整然と傘を収納できる傘収納構造の提供を図る。【構成】ドア5とシートクッション7との間の間隙8の下方に該間隙8より落し込まれた傘11を収納するホルダー部材9をサイドシル2の側面に沿って配設し、前記シートクッション7の後端部のリヤモースト位置に略対応する部位で、前記間隙8より傘を落し込んだ隙に該傘...

    自動車の傘収納構造