須山浩史 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~5件を表示(5件中) 1/1ページ目

  1. 【課題】 本発明は、実着用しわ状態と相関性の高い防しわ性評価方法を提供する。【解決手段】 本発明の防しわ性評価方法は、織編物に曲げ圧縮を2回付与し、1回目の曲げ圧縮エネルギー(WC1)、2回目の曲げ圧縮エネルギー(WC2)を測定し、下記式で定義される、曲げ圧縮エネルギーロス率(%)を織編物の防しわ性の指標とすることを特徴とする防しわ性評価方法である。

    防しわ性評価方法

  2. 【課題】 本発明は、織編物の組織や加工に限定されず、少なくとも2種類以上の異なる短繊維が混在する複合紡績糸を構成する異なる短繊維群の混率が糸長手方向に断続的に切替っていることにより、細かい表面凹凸に優れた凹凸織編物を提供する。【解決手段】 本発明の凹凸織編物は、少なくとも2種類以上の異なる短繊維が混在する複合紡績糸を一部に用いてなる織編物であり、その複合紡績糸を構...

    凹凸織編物

  3. 【課題】従来技術では得られなかったポリエステル系マルチフィラメント繊維を使用した織編物であって、特に衣料用アウトウエアー分野に使用されるテキスタイルの着用時の快適性に寄与するストレッチ性、ふくらみ感、反発感に優れ、着用の審美性に寄与する皺の皺の付き難さに効果のある捲縮複合糸について提供する。【解決手段】粘度が異なる少なくとも2成分のポリエステル系ポリマーがサイドバイサ...

    複合捲縮糸

  4. 【課題】 本発明は、従来得ることができなかった織編物表面に均一な毛羽を有し、また繊細なスエードタッチに優れたスエード調織編物を提供することにある。【解決手段】 本発明の混繊糸は少なくとも2種類のポリエステルフィラメントが混繊された混繊糸であり、前記混繊糸は芯部および鞘部を有し、芯部を構成するポリエステルフィラメントAは沸騰水収縮率が15%以上であり、鞘部を構成する...

  5. 【課題】 本発明は、導通性および制電性の効率を高め、かつ洗濯耐久に優れた織物および衣服に好適に用いられる導電性複合加工糸を提供する。さらに詳しくは、本発明は、導電性複合加工糸の沸水収縮率と交絡間隔を制御することにより、工業洗濯後に導電糸の収縮が抑制されて、織物の内部に導電性複合加工糸が埋没して性能劣化するという課題を解消する導電性織物を提供する。【解決手段】 本発...

    導電性複合加工糸および導電性織物