青山好高 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】進退動作をする検知部材への通電性を向上し、構造を簡素化して、生産性向上、作動耐久性向上を図ること。【解決手段】断面円形の電極本体10に、大径孔17と小径孔18が形成され、大径孔17に主案内筒20がはめ込まれ、小径孔18に副案内筒23がはめ込まれ、断面円形の主検知部材27が、主案内筒20内に摺動可能な状態ではめ込まれ、主検知部材27と一体化されている断面円形の副...

    電気抵抗溶接電極

  2. 【課題】ガイドピンの中空空間側への放熱と、電極本体側への放熱を良好に行うこと。【解決手段】軸部20と、円形のフランジ21と、複数の溶着用突起22を有するプロジェクションボルト19が溶接の対象とされ、電極本体1の端面から突出し、鋼板部品3の下孔10を貫通するガイドピン12が、軸部20の受入孔35を有する中空形状とされ、ガイドピン12に一体化され電極本体1のガイド孔6に摺...

    電気抵抗溶接電極およびその冷却方法

  3. 【課題】表向き部品を凹溝で案内して正確に位置決めをしながら搬送し、裏向きの部品はスライド面で位置ずれを発生させて、落下孔から転落させる。【解決手段】中央部に突起部材4が形成されているとともに、他側の端面6は平坦面とされた部品1を表裏選別の対象とし、通路部材7に、突起部材4が通過する凹溝16が形成され、凹溝16の内側面が突起部材4のガイド面17とされ、凹溝16の両側に部...

    部品選別用通路部材およびパーツフィーダ

  4. 【課題】電極の進出前に軸状部品の有無を検知するとともに、確実な検知動作を確保すること【解決手段】軸部2と、フランジ3と、溶着用突起4を有する軸状部品1を対象とし、円筒状の電極本体5に、絶縁材料製のガイド筒10が挿入され、電極本体5の蓋部材15に、軸部2が挿入される受入孔17が形成され、絶縁筒18が受入孔17に設けられ、ガイド筒10の貫通孔12に、磁石24を収容する容器...

    電気抵抗溶接電極および部品検知方法

  5. 【課題】電極のガイドピンとガイド部材の相対位置を選定して、ガイドピンへのナットの嵌めあわせが完了するまでガイド機能を維持すること。【解決手段】 供給ロッド18に、ナット1の開口側端面5が密着する保持面25と、一対のガイド部材26が設けられ、ガイド部材26間に進入してきたナット1を受け止めるストッパ部材29が、ガイド部材26間を架橋しているとともに、傾斜した供給ロッド...

    プロジェクションナットの供給ロッドおよび供給方法

  6. 【課題】ガイド筒と摺動部材の一体化部材が、ガイド孔内に収容されていても、溶接熱を効果的に放熱すること。【解決手段】電極本体6が、金属材料を用いて構成され、電極本体6に大径孔14と小径孔15から成るガイド孔13が形成され、軸部2が挿入されるガイド筒17が、摺動部材18と同軸状態で一体的に組み合わされて一体化部材20を構成し、ガイド筒17を摺動部材18の端部から突出させて...

    電気抵抗溶接用電極

  7. 【課題】永久磁石に伝えられた溶接熱を、合成樹脂製絶縁材料で構成されたガイド筒から、金属材料製の電極本体に効果的に伝熱させること。【解決手段】筒状の電極本体1が、金属材料を用いて構成され、電極本体1内に、合成樹脂製絶縁材料で構成されたガイド筒6が設けられ、電極本体1の端部材10に受入孔12が形成され、受入孔12に差し込まれた軸部16を吸引する永久磁石19が、ガイド筒6に...

    電気抵抗溶接用電極

  8. 【課題】袋ナット特有の形状を利用して、電極の受入孔におけるナット保持を、安定した状態で確保すること。【解決手段】ナット本体1とカバー部材16を有する袋ナット20が溶接の対象とされており、電極本体1に結合した加圧部材9に、カバー部材16の円筒部17が挿入される受入孔12が形成され、電極本体1に、絶縁材料製で大径孔6と小径孔7が形成されたガイド筒8が挿入され、ストッパ部材...

    袋ナット用の電気抵抗溶接電極

  9. 【課題】可動端面と静止内端面の密着時に、静止内端面側に特有の弾性変形を行わせて、冷却空気の遮断性を向上すること。【解決手段】電極本体1のガイド孔6にはめ込んだ摺動部13に、ガイドピン12が結合され、摺動部13に可動端面37が形成され、ガイド孔6内に固定された合成樹脂製の受け部材29の通気孔30に、ガイドピン12を貫通して通気隙間31を形成し、通気孔30の開口角部32の...

    電気抵抗溶接電極の冷却空気断続方法

  10. 【課題】鋼板部品の下孔に直接挿入される求心ガイド部を、プロジェクションボルトに形成し、該ボルトの中心軸線が下孔の中心からずれる量を最小化、もしくはなくすこと。【解決手段】軸部2と、フランジ3と、溶着用突起5を有し、電極本体9の進退作動式のガイドピン19が、鋼板部品7の下孔8を貫通し、ガイドピン19の受入孔20に軸部2が挿入されるものであって、下孔8に挿入される求心ガイ...

    プロジェクションボルトの電気抵抗溶接方法