阪田雅之 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 技術 ミキサー

    【課題】ミキサーの攪拌時における共振の程度を抑制する。【解決手段】本体カバー161は、上端から約3分の1の位置において、全周にわたって、段差161Bが形成されている。外周面161Aの上端部には、本体カバー161の上端面の全周にわたって、パッキン171Aが取り付けられる。外周面161Aの下端部には、段差161Bに全周にわたって、パッキン171Bが取り付けられる。外周面1...

    ミキサー

  2. 技術 ミキサー

    【課題】蓋がカップから外れにくいミキサーを提供する。【解決手段】調理対象物を収容する容器本体120と、調理対象物を攪拌するための回転力を提供する本体と、容器の上部を閉じるための蓋130と、を備えるミキサーが提供される。容器本体120の上部の内周面に凸部または凹部が形成される。蓋130の下部の外周面に凸部または凹部に係合する凹部または凸部が形成される。また、蓋130の下...

    ミキサー

  3. 【課題】電動機を適切に保護可能である回転式破砕混合調理器を提供することを課題とする。【解決手段】本発明に係る回転式破砕混合調理器100は、「第1開口Ou1を含む第1天壁部111bを有する筐体111と、筐体に収容される電動機115と、電動機から第1開口を通って上方に向かう回転軸116A,151eとを有する本体110」と、「底壁部151b,151iと、底壁部の上側において...

    回転式破砕混合調理器

  4. 【課題】本発明の課題は、空気吸込み音を低減することができる電動調理器(回転式破砕混合調理器)を提供することである。【解決手段】本発明に係る回転式破砕混合調理器100は、「回転刃151dを収容する容器150」と、「給気口Msが形成される底壁部111dを含む筐体111と、前記筐体に収容される給気装置118と、前記筐体に収容されており前記回転刃を回転駆動させる電動機115と...

    回転式破砕混合調理器

  5. 【課題】本発明の課題は、費用やモータ周りの設計に制限がある場合であっても、比較的容易にモータ熱の排出効率を向上させることができる回転式破砕混合調理器を提供することである。【解決手段】本発明に係る回転式破砕混合調理器100は、「筐体111と、筐体に収容される電動機115と、電動機から上方に向かって延びる回転軸116A,151eとを有する本体110」と、「底壁部151b,...

    回転式破砕混合調理器

  6. 【課題】本発明の課題は、このような異音の発生を低減することができる電動調理器(回転式破砕混合調理器)を提供することである。【解決手段】本発明に係る回転式破砕混合調理器100は、「電動機115と、電動機から上方に向かって延びる駆動側回転軸116Aと、駆動側回転軸の上端部に接合される駆動側連結部117と、駆動側連結部の周囲の少なくとも一部を囲う第1囲い壁部111cとを有す...

    回転式破砕混合調理器