関雅彦 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】ビオチンの合成中間体として有用なアミド誘導体、及び該アミド誘導体の製造方法の提供。【解決手段】対応するアルコール誘導体と、メシル化剤、トリフルオロメタンスルホニル化剤等と反応させて製造する、下記式で示されるアミド誘導体。(式中R1及びR2は、同一又は異なって、置換又は非置換のベンジル基、R3は、置換又は非置換のフェニル基、Xは、チオール基、メシロキシ基、トリフ...

  2. 【課題】ラクトン誘導体からチオラクトン誘導体を製造するための新規な中間体であるエステル誘導体、及びチオラクトン誘導体の製造方法の提供。【解決手段】ラクトン誘導体(1)のハロゲン化、およびエステル化を経てエステル誘導体(2)を得る。(式中、R1およびR2は、ベンジルを表す。R3は、アルキル、Xは、ハロゲン。)。

  3. 【課題】ビオチン誘導体の新規な製造方法の提供。【解決手段】5−ハロゲノ吉草酸エステルを、4置換アンモニウム塩、ヨウ化アルカリ金属塩、及び活性化させた亜鉛末と接触させることにより得られる亜鉛試薬と、チオラクトン誘導体とを、パラジウム又はニッケル触媒下で接触させた後、酸処理することにより、式(5)(R3:アルキル、アラルキル。R1、R2:置換基・非置換ベンジル)で表わされ...

  4. 【課題・解決手段】DAPTADを含むトリアゾリンジオン化合物を、反応液から固体状で単離する方法、および単離された固体状のトリアゾリンジオン化合物、ならびにトリアゾリンジオン化合物の新規な製造方法を提供する。DAPTADを含むトリアゾリンジオン化合物が溶解しているトリアゾリンジオン溶液と、炭素数5〜15の炭化水素系貧溶媒とを接触させて、固体状のトリアゾリンジオン化合物を...

  5. 【課題】高効率で経済的に有利なハロゲン化合物の製造方法を提供する。【解決手段】銅触媒、および過硫酸塩の存在下、下記式(1)(R1はエステル基、カルボニル基、ニトリル基、ニトロ基、置換基を有していてもよいアルキル基、置換基を有していてもよいアラルキル基、aは0〜4の整数)で示されるアニリン誘導体と、ハロゲン化剤とを反応させて、下記式(2)(Xはハロゲン原子、bは1〜5の...

  6. 【課題】N、N’−ジ置換ビオチン化合物を高純度で効率的に得る製造方法の提供。【解決手段】式(2)のビオチンとハロゲン化物とを反応させて、式(4)(式中Rはアルキル基等)のエステル化合物を得、次いで加水分解する。