鈴木陽一 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】増幅器の特性を高精度に推定し、且つ推定の終了タイミングを自動制御する。【解決手段】増幅器特性推定装置4は、伝送路を通過した変調波信号を等化処理した第1出力信号を生成する処理部41と、第1出力信号を再変調し再変調IQ信号を生成する処理部42と、再変調IQ信号の伝送器2の通過を擬似する処理部43と、擬似増幅器432の出力信号、変調波信号を等化処理した第2出力信号、...

    増幅器特性推定装置、補償器、送信装置、及びプログラム

  2. 技術 飛行体

    【課題】飛行効率を向上し得る飛行体を提供すること。【解決手段】本発明による飛行体は、特に荷物等を搭載可能な搭載部を有する飛行体に関する。飛行体は、揚力発生部と、揚力発生部を保持するアーム部と、アーム部に設けられた搭載部であって、飛行体の重心よりも後方に位置する搭載部と、飛行体の向きを少なくとも水平に維持する維持手段と、を有し、搭載部は、搭載対象物の向きを少なくとも水平...

    飛行体

  3. 【課題】より基本的な構造でかつ安全対策のとられた飛行体を提供すること。【解決手段】本発明による飛行体は、推力を発生させるための複数の回転翼を備えた飛行部と、脚部と、当該飛行部及び当該脚部を連結するアーム部と、当該アーム部の略中央に設けられた固定翼部とを備えている。飛行体は、アーム部の第1位置と当該第1位置よりも後方に位置する第2位置とを移動自在に設けられた搭載部を更に...

    飛行体及び飛行体の飛行方法

  4. 【課題】GPSを利用できない環境下でも円滑に伝送遅延を測定可能とする。【解決手段】伝送遅延測定装置20は、衛星デジタル放送に含まれるパケットを放送衛星300から受信するとともに、衛星デジタル放送に含まれるパケットを送信装置1から伝送路400を介して受信する受信装置2に用いられる。伝送遅延測定装置20は、衛星デジタル放送に含まれる基準時刻情報に基づいて、放送衛星300か...

    伝送遅延測定装置、受信装置、及び送信装置

  5. 技術 飛行体

    【課題】ホバリングから水平飛行への効率的かつ安全な移行を可能にした飛行体を提供する。【解決手段】本発明による飛行体は、主翼などの揚力発生部と、飛行及びホバリング可能な推力発生部と、少なくともホバリング時において揚力発生部が飛行方向に対して正の迎角を維持可能となるように、記揚力発生部及び前記推力発生部を変位可能に接続する接続部とを備えている。かかる構成により、ホバリング...

    飛行体

  6. 技術 回転翼機

    【課題】セルフレベリングを可能とし安定した着陸状態を確保することができる回転翼機を提供すること。【解決手段】本発明による回転翼機は、複数の回転翼と、複数の回転翼を支持するアーム部と、物体を搭載する搭載部と、搭載部が所定の範囲で移動可能な状態で当該搭載部をアーム部に接続する接続部とを備えている。本発明の回転翼機の接続部の位置は、当該アーム部の重心よりも上にあるように構成...

    回転翼機

  7. 技術 回転翼機

    【課題】飛行効率を向上し得る飛行体を提供すること。【解決手段】接続部16の中心Cは、回転翼機10の機体に発生する揚力の中心Uと一致している。接続部16の中心Cとは、接続部16に対する支持棒21及び第1搭載部の重力の作用点である。揚力の中心Uとは、回転翼機10に対する揚力の作用点のことであって、接続部16における回転中心である。このように回転翼機10に発生する揚力の中心...

    回転翼機

  8. 【課題】IPをベースとした通信伝送路に対して親和性の高いものとし、複数の放送伝送路を利用してTLVパケット形式で所定のデータを分割してバルク伝送するよう制御する送信装置及び受信装置を提供する。【解決手段】本発明の送信装置11は、信号源装置10から大容量データを入力してTLVパケット形式の信号に変換し、当該複数の放送伝送路に用いる伝送方式(ISDB−S3等)に準拠したフ...

    送信装置及び受信装置

  9. 【課題】車両用のマルチメディア装置を作動させるための入力データを容易に作成する技術を提供する。【解決手段】入力データ作成装置において、受付部40は、車両のダイアグ情報と、外部装置から出力された交通情報とを取得する。データ生成部42は、ダイアグ情報から車両状態を示す複数のデータ要素を含む車両状態データを抽出して、車両用のマルチメディア装置を作動させるための入力データを生...

    入力データ作成装置および入力データ作成方法

  10. 【課題】車載ソフトウェアの不具合を修正する修正ファイルをコストを抑えて配布する技術を提供する。【解決手段】ソフトウェア配布システムは、不具合が発生した車載ソフトウェアの不具合情報を車両から取得する取得部20と、取得された不具合情報を車両の車両情報に関連付けて保持する保持部22と、同じ不具合情報に関連付けられた複数の車両情報に共通した情報要素を特定する特定部24と、特定...

    ソフトウェア配布システムおよびソフトウェア配布方法

  11. 【課題】車載されるマルチメディア装置の試験をする際のコストを抑える技術を提供する。【解決手段】車両走行模擬システムにおいて、マルチメディア装置10は、車載されるメディア機能のうち試験対象となる機能を少なくとも有する。作動装置12は、マルチメディア装置10を作動させる。複数の外部端末装置14は、マルチメディア装置10とは異なる位置にそれぞれ設けられる。作動装置12のデー...

    車両走行模擬システム、車両走行模擬方法および作動装置

  12. 【課題】タスクの優先度にもとづいてマルチタスクで処理をする装置において、タスクの優先度を適切に導出できる技術を提供する。【解決手段】タスク管理装置10において、取得部22は、車両から車両用情報を取得する。タスク管理部24は、車両用情報にもとづいて車載のマルチメディア装置14で実行される複数のタスクの優先度に関する指示情報を生成する。通信部は、タスクを実行させるための指...

    タスク管理装置およびタスク管理方法

  13. 【課題】飛行効率を向上し得る回転翼機を提供すること。【解決手段】本発明によるプロペラは、少なくとも1翅の固定ピッチブレードと、少なくとも1翅の可変ピッチブレードを備えている。本発明によるモータ部品は、当該プロペラを回転させるモータを更に備えている。本発明による飛行体は、当該モータ部品と、当該モータ部品を支持するフレームと、当該モータ部品を制御するための制御部を備えてい...

    プロペラ、モータ部品及びこれを備えた飛行体

  14. 【課題】作業部は作業対象に対して適切な距離に近づけることが可能な飛行体を提供すること。【解決手段】本発明による飛行体は、複数の回転翼及び回転翼を駆動させるモータを少なくとも備えた飛行部と、垂直方向に長尺に延びる本体部と、飛行部と本体部とを互いに変位可能に接続する接続部と、を備えている。飛行体の本体部の垂直方向における全長は、飛行部の水平方向における最大直径の2倍以上で...

    長尺に延びる本体部を備えた飛行体

  15. 【課題】空中と接地中において移動、停留可能な全方位撮影装置を提供すること。【解決手段】本発明による撮影装置は、飛行部と、ガード部と、カメラ部とを備えている。ガード部は、飛行部の周囲を少なくとも部分的に覆おうように且つ飛行部の変位とは独立して変位可能に当該飛行部に接続され、飛行部が少なくとも対象面上を飛行時において飛行部と対称面とを離間している。カメラ部は、ガード部に設...

    移動手段を備えた全方位撮影装置

  16. 【課題】後側の吸収体の吸収能力を活用できる吸収性物品を提供する。【解決手段】吸収体103は、長手方向Yと該長手方向Yに直交する幅方向Xとを有し、長手方向Yの長さを2等分して前側部31と後側部32とに区分され、吸収体103には、肌当接面側から平面視して、主溝1と、主溝1と連結する副溝2とが配されており、主溝1は、吸収体103の長手方向Y及び幅方向Xの中心を通り、かつ、後...

    吸収性物品

  17. 技術 飛行体

    【課題】飛行部と本体部が着脱出来、各々で運用可能とする飛行体を提供することを一つの目的とする。【解決手段】本発明による飛行体は、飛行部と、本体部とを有さている。本体部は、少なくとも当該本体部が設置対象面に設置可能となるように、飛行部と着脱自在に接続されている。また、飛行部と本体部とは、それぞれが所定範囲で搖動可能に接続する接続部によって着脱自在に接続されている。かかる...

    飛行体

  18. 【課題】作業部は作業対象に対して適切な距離に近づけることが可能な飛行体を提供すること。【解決手段】本発明による飛行体システムは、第1回転翼機及び第2回転翼機を備えている。第1回転翼機と、第2回転翼機とは、連結ケーブルによって連結されている。少なくとも第2回転翼機は、作業部を備えている。第1回転翼機及び第2回転翼機は、飛行モードにおいては、第1回転翼機及び第2回転翼機の...

    連結可能な複数の飛行体を備える飛行体システム

  19. 【課題】作業部は作業対象に対して適切な距離に近づけることが可能な飛行体を提供すること。【解決手段】本発明による飛行体の給電方法は、作業用回転翼機と、中継用回転翼機と、少なくとも前記作業用回転翼機に対して給電ケーブルを利用して給電を行う給電機とを含んでいる。給電方法は、給電ケーブルによる給電がされた状態で作業用回転翼機を飛行させるステップと、作業用回転翼機と給電機との位...

    給電ケーブル中継用回転翼機を備える給電方法

  20. 技術 飛行体

    【課題】飛行効率を向上し得る新たな構造を有る飛行体を提供すること。【解決手段】本発明による飛行体は、少なくとも第1方向に沿って進行可能な飛行体であって、機体部と、付属部とを備えている。機体部は、本体部と、揚力発生部とを有している。本体部は、第1方向に沿って延びる右側部及び左側部と、第1方向とは反対の方向である第2方向における右側部及び左側部夫々の端部同士を連結する連結...

    飛行体

  1. 1
  2. 2
  3. 3