鈴木喜作 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】 具穴形成時に具穴の一部が崩れてしまうことがなく、略三角形状の具穴を確実に形成できるようにする。【解決手段】 間欠回転するターンテーブルQの周囲に形成したおにぎりの成形型R内に充填している御飯Pに対して具穴Sを開けるおにぎり製造機の具穴成形装置1であって、成形型R内の御飯Pに対し一端辺側から差し込み、差し込み後には順次他の二つの辺側へ御飯Pを面状に退くこと...

    おにぎり製造機の具穴成形装置

  2. 【課題】人手も掛らず短時間で均等に流動性食材を食器内へ容易に盛り付けることのできる食材供給方法および装置を提供する。【解決手段】 流動性食材Qを所定の部位へ供給するものであって、当該食材Qを食材供給容器3内の下流と上流との間で還流するよう排出スクリュー13を備えた水流機構部11と、該水流機構部11によって食材供給容器3の下方から上方へ押し上げた食材Qを供給爪23Aを...

    食材供給装置

  3. 【課題】 封止のためのシール材を一回一回貼る作業の手間と時間を掛ける必要が無く、しかも食品包装袋を吊り下げているときにミシン目が切断してしまうのを防止する。【解決手段】 表フィルム材10と、裏フィルム材20とによって包装袋本体1を形成して成る食品包装袋であって、裏フィルム材20と表フィルム材10との間に形成された食品投入用の開口部3を閉塞するよう、当該裏フィルム材...

    食品包装袋

  4. 【課題】 御飯粒を押し潰すことなく容易で且つ確実に具穴を形成することができ、食感を損なうことなく、御飯の美味しさを向上する。【解決手段】 具穴成形型V内の御飯Pに差し込み、差し込み後には水平回転して御飯Pを退くことで具穴を形成するようギヤ回転式もしくはカム回転式等の回転機構部Rを介して任意の角度に回転可能とした所定の単数もしくは複数の具穴開け板4を備える。

    おむすび成形装置における具穴成形器および成形方法

  5. 技術 包装材

    【課題】 食品、その他の商品を包装した包装用シートの上面を互いに反対方向へ引張るだけのワンタッチ作業で簡単に開封することが可能な開封機構を備えた包装材を提供することを目的とする。【解決手段】 包装用シート1にミシン目3を形成すると共に、ミシン目3内側の包装用シート1に当該ミシン目3が長手方向の略中央に位置するように帯状カバーシート4を配設し、該帯状カバーシート4の...

    包装材

  6. 【課題】 封止のためのシール材を一回一回貼る作業の手間と時間を掛ける必要が無く、しかも食品包装袋を吊り下げているときにミシン目が切断してしまうのを防止する。【解決手段】 表フィルム材10と、裏フィルム材20とによって包装袋本体1を形成して成る食品包装袋であって、裏フィルム材20と表フィルム材10との間に形成された食品投入用の開口部3を閉塞するよう、当該裏フィルム材...

    食品包装袋

  7. 技術 包装寿司

    【課題】 包装寿司の包装用フィルムの上面を互いに反対方向へ引張るだけのワンタッチ作業で簡単に開封することが可能な開封機構を備えた包装寿司を提供することを目的とする。【解決手段】 寿司2を透明な包装用フィルム3で包装した包装寿司1である。そして、この包装用フィルム3の寿司2上方部分にミシン目5を形成すると共に、ミシン目内側の包装用フィルム3に、当該ミシン目5が長手方...

    包装寿司

  8. 【課題】 作業の迅速化に加えて、取り出しの際の成形米飯の型崩れを未然に防止する。【解決手段】 操作レバー2により成形上型3と成形下型4とを離間させる動作の最端域から更に両型の離間動作方向へ操作レバー2を移動することにより当該操作レバー2に連動して成形下型4内から成形米飯Pを押し上げて取り出し可能とする突き上げ機構20を備える。突き上げ機構20は、成形上型3を成形下...

    米飯成形装置

  9. 【課題】 成形米飯を定置したまま安定状態でシート状海苔を巻けるようにして巻ミスを無くし、作業の円滑化を図る。【解決手段】 ターンテーブル21上面に成形米飯Rを定置させる成形下型22を備え、成形下型22の両端には、当該成形下型22に定置されている成形米飯Rの両側を保持するための爪状の押え部22aを形成する。ターンテーブル21上方からの一対の支軸24、24それぞれに取...

    海苔巻装置の海苔巻成形機構

  10. 【課題】 吸着パットを海苔ホッパのシート状海苔取出用の開口部に対して平行状態を維持したままでシート状海苔を容易に吸着分離できるようにする。【解決手段】 海苔ホッパ2のシート状海苔取出用の開口部2A側に配した吸着パット3を、当該開口部2Aに対して平行状態を維持したままでシート状海苔Qを吸着分離可能とすべく、それぞれ回転駆動源に連繋した同期回転可能な一対の支軸6と、一...

    海苔巻装置のシート状海苔吸着機構

  11. 【課題】 刃物枠に備えた複数の切断刃による切断抵抗を大幅に減らすことが可能な食品切断装置を提供する。【解決手段】 長さ方向に一定の間隔をおいて複数のスリットを開設し、被切断品Pを載せて上下移動可能とした受け台2と、該受け台2を上下方向に移動する駆動源4と、前記受け台2に載せられた被切断品Pに対して所定角度θを有して、上部から下部前方へ傾斜下降して固定し、且つ受け台...

    食品切断装置