鈴木啓介 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】契約と為替予約とを紐づけることにより、契約に為替予約を振当てることができる契約関連情報管理装置、契約関連情報管理方法および契約関連情報管理プログラムを提供する。【解決手段】契約関連情報管理装置は、取引の契約に関連する契約関連情報を含む契約データを作成する契約データ作成部と、契約に付随して必要となる為替予約に関する為替予約データを作成する為替予約データ作成部と、を有する。

    契約関連情報管理装置、契約関連情報管理方法および契約関連情報管理プログラム

  2. 【課題】機械的強度を維持しつつ、取り扱い性及び作業性に優れた移注部材及びその製造方法を提供する。【解決手段】本発明は、筒状体301と、その内部に収容され、筒状体301の内側面に沿ってスライド移動可能な連通部302を有する移注部材30であり、連通部302は、板状部331と、板状部331の一方の面における中心部において、筒状体301の開口部に向けて立設する第1穿刺針332...

    移注部材及びその製造方法

  3. 【課題】原子層堆積法により、高い生産性を維持しつつ膜厚が薄くても面内均一性の高い膜を成膜することができる技術を提供する。【解決手段】被処理体上に成膜原料ガスと反応ガスとを交互に供給して原子層堆積法にて所定の膜を成膜するにあたり、成膜原料ガスの吸着のみが生じる温度で原子層堆積法による成膜を開始し、温度を上昇させながら原子層堆積法による成膜を継続し、成膜原料ガスの分解が生...

    成膜方法および成膜装置

  4. 【課題】両頭針を用いて一方の容器に収容された薬剤を、他方の容器に収容された溶解液等の液体に溶解若しくは混合させ、又は溶解液で希釈する際に、薬剤が両頭針と液体を収容する容器との間に漏洩するのを防止することが可能な移注部材の使用方法及び薬剤混合キットの使用方法を提供する。【解決手段】第1容器と第2容器の移注部材30を用いた連通を行うに際して、第1容器の口部に於ける弾性栓体...

    移注部材の使用方法及び薬剤混合キットの使用方法

  5. 【課題】 本発明の課題は、皮膚透過性に優れるとともに皮膚刺激性を軽減した痛みを治療及び/又は予防するための新規な化合物を提供することである。【解決手段】 本発明の解決手段:式(I)の化合物、又は、その薬学的に許容される塩。【化1】(X:-CH2-等、Y:フェニル基等、R1:メチル基等、n:1等)。

  6. 【課題】基板処理領域のガスの流れの偏りを低減しつつ、ガスノズルの内壁への分解物の付着量を低減することが可能な縦型熱処理装置を提供すること。【解決手段】一実施形態の縦型熱処理装置は、基板保持具に複数の基板を上下方向に所定間隔を有して略水平に保持した状態で、前記複数の基板に原料ガスを供給して膜を形成する縦型熱処理装置であって、前記基板保持具を収容する内管と、前記内管の外側...

    縦型熱処理装置

  7. 【課題】高い拡張性を有するシステム及びその制御方法並びにプログラムを提供する。【解決手段】上位装置には、1又は複数の仮想的な第1の論理ボリュームが提供され、ストレージノード内に、ストレージノードに配置されたストレージ制御部と対応付けて、いずれかの第1の論理ボリュームと対応付けられた仮想的な第2の論理ボリュームを作成し、第1及び第2の論理ボリューム間の対応関係をマッピン...

    システム及びその制御方法並びにプログラム

  8. 【課題】金型の型開きの際に外枠体が、例えば雄型(コア)側に密着する等して離型不良が発生するのを抑制し、製造効率が低減するのを防止することが可能な医療用キャップ及びその製造方法を提供する。【解決手段】本発明の医療用キャップ10は、容器の口部との接合により当該口部の閉塞を可能にし、かつ、弾性栓体11と、弾性栓体11を内部に保持する外枠体12とを有するものであり、外枠体12...

    医療用キャップ及びその製造方法

  9. 【課題】シリコン酸化膜およびシリコン窒化膜が露出した被処理面上へ、薄くかつ均一な膜厚のシリコン酸化膜を形成する。【解決手段】シリコン酸化膜とシリコン窒化膜が露出した被処理面にシリコン酸化膜を形成する方法は、シリコン酸化膜とシリコン窒化膜が露出した被処理面を有する被処理体を減圧下の処理容器内に配置された状態とする第1工程と、シリコン酸化膜と前記シリコン窒化膜が露出した被...

    シリコン酸化膜を形成する方法および装置

  10. 【課題】金属製R/Fの使用量を減らしつつも、ボディ骨格の強度を高く保てる自動車の骨格構造を提供する。【解決手段】ボディ骨格構造は、自動車の側部を構成するボディ骨格構造であって、アウタパネル12と、前記アウタパネル12との間に第一方向に長尺な閉空間を形成するべく、前記アウタパネル12と対向して配されたインナパネル14と、前記閉空間内に配された金属製のアウタR/F16と、...

    ボディ骨格構造

  11. 【課題】電流量の増大が抑制された電磁調量弁を提供する。【解決手段】吸入弁と、下向きの付勢力を吸入弁に付与するメインスプリングと、アーマチャと、アーマチャに上向きの電磁力を付与するコイルと、吸入弁とアーマチャとを連結する連結部と、連結部によって一部が区画される燃料貯留室と、を有し、燃料貯留室に燃料が密閉された密閉状態においてプランジャ室の容積が減少すると、下向きの燃料貯...

    電磁調量弁