野村誠治 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】コークス強度DI15015を所定範囲に維持できるように、低石炭化度炭を粉砕する。【解決手段】低石炭化度炭を粉砕した石炭を含む配合炭をコークス炉の炭化室で乾留する高炉用コークスの製造方法において、前記低石炭化度炭は、ビトリニット平均反射率が0.9%以下、かつ、3mm以下70〜85質量%に粉砕したときに、絶対最大長さが1.5mm以上の粗大イナート組織含有率が5体積...

    高炉用コークスの製造方法

  2. 【課題】コークス強度を高め、さらにコークス粒度を向上させることができるコークスの製造方法を提供する。【解決手段】原料石炭をコークス炉に装炭して乾留するコークスの製造方法において、前記原料石炭から、ふるい分けと分級を組み合わせて粗粒部分と微粉部分を除去し、粒度が0.3mm以上3mm未満の石炭のみを装炭する。粒度が0.6mm以上2mm未満からなる石炭、粒度が0.6mm以上...

    コークスの製造方法

  3. 【課題】乾燥しようとする石炭水分が11%を超えるような場合に、石炭を乾燥機に投入する前に簡易的に水分を10%以下に低下させた後に乾燥する手段を提供する。【解決手段】粉砕した石炭を乾燥した後にコークス炉に装入して乾留するコークスを製造する際、粉砕した石炭に粒径6mm超の吸水剤を混合して調湿した後、吸水剤を石炭から分離除去し、調湿した石炭を乾燥機で乾燥する。

    コークスの製造方法及びコークスの製造に用いる石炭の事前処理設備

  4. 【課題】粘結材を添加して高強度コークスを製造する際、粘結材の添加によるコークス強度の向上効果を、簡便に、より精度よく行うことができる評価方法の提供。【解決手段】コークス強度を、石炭の膨張比容積との相関関係に基づいて評価する際、膨張比容積として、石炭のみをジラトメーターの反応管に充填して測定した膨張比容積aと、石炭に粘結材を外数で例えば3%添加して混合物の膨張比容積bと...

    コークス強度の評価方法

  5. 【課題】粘結材を添加して高強度コークスを製造する方法において、非微粘結炭配合比率を高めても、高強度を維持できるとともに、さらにコークス粒度を向上させることができるコークスの製造方法を提供する。【解決手段】高揮発分含有炭を含む配合炭をコークス炉に装炭して乾留することによってコークスを製造する際、高揮発分含有炭として揮発分を30質量%以上含有し、好ましくは、粘結力指数が5...

    コークスの製造方法