野口景利 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~5件を表示(5件中) 1/1ページ目

公開年
  1. 技術 電動椅子

    【目的】電動椅子4の昇降のみによって、最下位置に下降時に椅子4の前端部をステップ3よりも前位に位置させ、上昇時にはステップ3よりも後位に位置させる。【構成】電動モータMで駆動される後輪1と、2の後輪1の前方の前輪2及びステップ3と、この左右の前輪2及びステップ3の間において昇降される椅子4とからなり、この椅子4は、上昇位置では該ステップ3の後位にあり、最下降位置では該...

    電動椅子

  2. 【目的】電磁波治療器の利用を容易化し、電磁駒帯5の身体面への密着性を良くする。【構成】支脚1の上部に上下回動可能の揺動アーム2を設け、この揺動アーム2には縦方向の平行な吊下バー3,3を設け、この吊下バー3,3間に亘って複数個の電磁駒4を帯状に連接した電磁駒帯5をばね6で吊下げてなり、該揺動アーム2をバランススプリング7と駆動モータMとによって上下回動可能に設けてなる電...

    電磁波治療器

  3. 【目的】病院等で用いられる移動ベッドの幅を狭くして移動し易くする。【構成】センタベッド1の側部に、上方へ起立回動可能のサイドベッド2を設け、枕元部に該サイドベッド2を起伏操作する操作具3を設けてなる移動ベッドの構成。又、枕元部側に、センタベッド1の足元部側のキャスター4を操向するハンドル5を設ける移動ベッドの構成。

    移動ベッド

  4. 【目的】リフトフォーク8に積まれた長尺物の向きを変えないで、車体1の向きのみ変えて移動できるフォークリフトを得る。荷物の積降しを容易にして、車体1の安定を図る。【構成】旋回走行しうる車体1の左右の前輪2間において、この車体1に対して上下方向の旋回軸3回りに相対的に旋回自在に支持される旋回フレ−ム4に、水平状態Aと先端部5を床面に接近させて傾斜する傾斜状態Bとに回動でき...

    フォークリフト

  5. 【目的】この発明は、車輌を路面上に敷設させた駐車台に載置させてリフト状態にして保管させる装置に関し、リフト保管状態では、駐車台を路上側から退避させて路面上を開放空間とすることを目的とする。【構成】乗用車や農業用トラックタ−等の車輌Cを路面上で自走載置する駐車台13の基部側を路面近接位置から所定高さに適宜リフトさせると共に、その所定のリフト状態の高さから略水平面内で前記...

    車輌のリフト格納装置