那須康行 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~7件を表示(7件中) 1/1ページ目

公開年
  1. 【課題】多面体からなるあんの上面又は下面のベ−ス面とこのベ−ス面に隣接する少なくとも一つの側面とに粘性の高い可食性生地を付けるときに、ベ−ス面に対して下側から可食性生地を円滑かつ一様につける方法ならびにその装置の提案。【解決手段】多面体からなるあん1の上面または下面のベ−ス面とこのベ−ス面に隣接する側面1b、1c、1e、1fとに可食性生地5をつける際に、可食性生地中に...

    多面体からなるあんに可食性生地をつける方法ならびにその装置

  2. 【課題】本発明は、手造り様風味を失なうことなくきんつば菓子が自動的に連続した流れとしてきんつば菓子が製造でき、6面から成るあんの各面に集約的に生地付け、焼上げなどが行なわれるきんつば菓子の連続製造方法ならびにそれに供する焼き装置を提案する。【解決手段】6面体のあん1の隣接する3つの面を生地4つけ後、焼板11上でこの焼板11からの熱伝導により加熱される一対の側面焼きブロ...

    きんつば菓子の連続製造方法ならびにそれに供する焼き装置

  3. 【課題】中味が収納される菓子皮の内部はほとんど中空状であり、しかも、皮の表面が所望の型に仕上げられているシュ−クリ−ム系菓子を提案する。【解決手段】シュ−クリ−ムの皮に供する原料生地の組成からなる生地を焼成して成る皮21を内部が中空な中空体から構成する一方、この皮の表面には、所望の一定形状に成形された表皮を設け、内部に中味3を具えて成る。

    シュ−クリ−ム系菓子

  4. 【課題】シュ−クリ−ムの皮と同等の菓子生地を用いて所望の形状に成型された表面を有する新規かつ新しい風味を有する菓子の製造方法の提案。【解決手段】合わせ型1内の一部に生地5を絞り、これを加熱膨脹させて合わせ型の内壁面の全体にわたり層状に付着させて加熱焼成し、この生地層が焼成され孔隙が形成されて多孔質化したところで加熱焼成を停止する。

    多孔質菓子皮の製造方法

  5. 【課題】きんつば菓子その他の多面体の菓子やその原料において上面又は下面のベ−ス面と共にこのベ−ス面に隣接する少なくとも一つの側面に同時に可食性生地を付けることができる装置の提案。【解決手段】多面体の菓子又は菓子原料から成る素材1の上面又は下面のベ−ス面1a又は1dとこのベ−ス面に隣接する側面1b、1c、1e、1fに可食性生地5をつける装置において、この可食性生地を収容...

    多面体の菓子または菓子原料に可食性生地をつける装置

  6. 【課題】手造り様風味を失なうことなくきんつば菓子が自動的にきんつば菓子が製造でき、とくに、6面から成るあんの各面に集約的に生地付け、焼上げなどが行なわれるきんつば菓子の製造方法を提案する。【解決手段】6面体のあん1の6つの面1a、1b、1c、1d、1e、1fのうち、隣接する3つの面1a、1b、1c又は1d、1e、1fを生地4つけ後、焼板上でこの焼板からの熱伝導により加...

    きんつば菓子の製造方法

  7. 【課題】本発明は、手造り様風味を失なうことなくきんつば菓子が自動的に連続した流れとしてきんつば菓子が製造でき、6面から成るあんの各面に集約的に生地付け、焼上げなどが行なわれるきんつば菓子の連続製造方法ならびにそれに供する焼き装置を提案する。【解決手段】6面体のあん1の隣接する3つの面を生地4つけ後、焼板11上でこの焼板11からの熱伝導により加熱される一対の側面焼きブロ...

    きんつば菓子の製造装置