道田一洋 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】発熱体への電力供給経路の切り替え動作時の生産性の低下を抑制すること。【解決手段】発熱体54b1と発熱体54b2と、を少なくとも有するヒータ54と、ヒータ54により加熱されるフィルム51と、フィルム51とともに定着ニップ部Nを形成する加圧ローラ53と、発熱体54b1又は発熱体54b2に電力を供給するための電力供給経路を切り替える発熱体切り替え器57と、発熱体切り...

    定着装置及び画像形成装置

  2. 【課題】定着ニップ部における通紙部と非通紙部との温度差を小さくし、画像不良の発生を低減できる定着装置及び画像形成装置を提供する。【解決手段】複数の小サイズ紙に連続して印刷処理を行う場合に、所定の頻度で発熱体54b1を用いて定着処理を行うように制御するCPUを備える定着装置であって、CPUは、複数の小サイズ紙への印刷処理が終了した後に、定着ニップ部を所定の温度に制御しつ...

    定着装置及び画像形成装置

  3. 【課題】ヒータを搭載した基板の変形を抑制すること。【解決手段】基板54aと、発熱体54b1と、発熱体54b1と長手方向の長さが略同じ長さの発熱体54b2と、発熱体54b1、54b2よりも長手方向の長さが短い発熱体54b3と、発熱体54b3よりも長手方向の長さが短い発熱体54b4と、を備え、発熱体54b1、発熱体54b2、発熱体54b3、及び発熱体54b4は、基板54a...

    ヒータ、定着装置及び画像形成装置

  4. 【課題】定着ニップ部に中間サイズ紙を通過させた場合でも、スループットを下げることなく非通紙部昇温を抑制すること。【解決手段】発熱体54b1の長手方向における長さよりも短く発熱体54b2の長手方向における長さよりも長い、長手方向における長さである幅を有する用紙Pに連続して定着処理を行う場合に、CPU94は、用紙Pのサイズに関する情報に基づいて、発熱体切り替え器57により...

    定着装置及び画像形成装置

  5. 【課題】画像が用紙からはみ出して転写されることに起因して画像形成装置内でトナーによる汚れが生じることを防止する。【解決手段】CPU94は、複数の用紙検知センサ70を用いて、用紙幅方向において分割された複数の用紙領域のそれぞれにおいて搬送中の用紙の有無を判定し、入力画像データに基づいて、複数の用紙領域のそれぞれにおいて形成される画像の有無を判定する。CPU94は、これら...

    画像形成装置

  6. 【課題】 コールド状態から像加熱を行い始めて間もない時とホット状態で像加熱を行った時の双方において定着器は、記録材に均一な熱供給が達成でき、局所的な温度ムラによる定着不良や画像不良の発生を防止することができる。【解決手段】 基板と、基板上に形成された発熱抵抗体と、を有する発熱体と、発熱体の第1面と接触しつつ、発熱体の周りを回転可能とされた無端状のフィルムと、フィル...

    像加熱装置