近藤真史 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】製袋包装機において、廃棄するフィルムの量を減らすこと。【解決手段】製袋包装機100は、搬送機構10、ロール保持部20、印字機構30、フォーマ60、縦シール機構70、横シール機構75、切断機構80、第1センサ91、第2センサ92、を備える。印字機構30は、フィルムFに情報を印字する。フォーマ60は、フィルムFの2つの縦辺を重ね合わせる。縦シール機構70は、2つの...

    製袋包装機

  2. 【課題】繰り出し効率に優れた硬貨搬送装置を提供することを目的とする。【解決手段】本発明の硬貨搬送装置100は、側壁11と底壁12とを有する円筒部10と、円筒部10の内側に配置され、円筒部10の中心を回転中心とするロータ20と、を備え、側壁11と底壁12とロータ20との間には硬貨Cが通る通路Pが形成され、ロータ20は、外周部に、通路Pに滞留した硬貨Cをロータ20の上部に...

    硬貨搬送装置

  3. 【課題】動画撮影を行うことが可能かつユーザーが容易に持ち運び可能な可搬型放射線撮影装置において、動画撮影を行う際にオフセットドリフトが生じても、動画を構成する各フレームのオフセット成分を高い精度で補正できるようにする。【解決手段】可搬型放射線撮影装置1は、各画素rによる電荷の蓄積及び放出と、読出し部16による画像データの読み出しと、を複数回繰り返すことにより、複数の画...

    可搬型放射線撮影装置及び放射線画像補正方法

  4. 【課題】成形体上における溶融ガラスの厚み変動を可及的に低減し、高品質の管ガラスを製造する。【解決手段】管ガラス製造装置は、溶融ガラスGmを供給する供給管3と、供給管3から溶融ガラスGmを供給されながら上下方向の軸線周りに回転する成形体5とを備え、回転中の成形体5から溶融ガラスGmを流下させることによって管ガラスを製造する。成形体5は、内周縁11aと外周縁11bの間で溶...

    管ガラス製造装置及び管ガラス製造方法