近藤学 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】発振器の外部から加わった衝撃によって生じる振動素子の支持部の応力を低減し、発振特性を向上させた発振器を提供する。【解決手段】発振器1は、第1面(上面8f)を有し、第1面に開口する収納部(貫通孔9)が設けられた基板(回路基板8)と、振動素子3、および振動素子を収納する振動子パッケージ20を含む振動子2と、振動子に取り付けられるとともに振動子パッケージに電気的に接...

    発振器、電子機器、および移動体

  2. 【課題】振動素子を支持する弾性部材の基板との接続箇所における耐衝撃性を改善した振動子を提供する。【解決手段】容器に振動素子を支持する弾性部材は、一方の端部が振動素子に接続されている第1アームおよび第2アームと、一方の端部が容器に接続されている第3アームおよび第4アームと、第1アーム、第2アーム、第3アーム、および第4アームの他方の端部が連結されている連結部と、を含む振動子。

    振動子、発振器、および電子機器

  3. 【課題】密着性、防湿性に優れる硬化膜を与える熱硬化性組成物、及び該熱硬化性組成物によって形成される硬化膜を提供、更には該硬化膜を有する電子部品を提供する。【解決手段】ポリエステルアミド酸及びエポキシ化合物を含む熱硬化性組成物であって、前記ポリエステルアミド酸は、Xモルのテトラカルボン酸二無水物、Yモルのジアミン及びZモルの多価ヒドロキシ化合物を含む原料の反応生成物であ...

  4. 【課題】 詰め替え作業が行われるような現場などでも持ち込みやすくかつ短時間で漏れを判断できる消火器の漏れ検査装置を提供する。【解決手段】 容器と、容器に着脱可能に設けられる着脱部材と、を有する消火器に生ずる漏れを検出するための消火器の漏れ検査装置であって、 容器と着脱部材との接続部が少なくとも収容可能な収容領域を画定し、かつ収容領域を視認可能に構成されかつ検査用...

    消火器の漏れ検査装置

  5. 【課題】 バリア性に優れる硬化膜を与える熱硬化性組成物、及び該熱硬化性組成物によって形成される硬化膜を提供すること。該硬化膜を有する電子部品を提供すること。【解決手段】 ポリエステルアミド酸(A)、環状エーテル化合物の重合体(B)、及び硬化剤(C)を含む熱硬化性組成物。前記ポリエステルアミド酸(A)は、Xモルのテトラカルボン酸二無水物、Yモルのジアミン及びZモルの...

  6. 技術 記録装置

    【課題】電界を形成することで記録ヘッドのノズル面にミストが付着する問題と、縁無し記録に伴い生じるミストに起因する問題と、の双方に配慮された記録装置を提供する。【解決手段】記録ヘッド20のノズル形成面29と、ノズル形成面29と対向する媒体支持部22との間に電界を形成する電界形成手段30は、導電性部材31を有し、導電性部材31に電圧を印加することによりノズル形成面29と媒...

    記録装置

  7. 【課題】耐衝撃性などの性能が優れた小型、低背の発振器を提供する。【解決手段】発振器1は、ベース101および前記ベースと接続されたキャップ102を含むケース10と、前記ケースに収容された第1基板としての回路基板8と、前記第1基板と電気的に接続されたリード端子12と、前記リード端子と電気的に接続され、前記第1基板と前記ベースとの間に、前記リード端子によって前記第1基板と隙...

    発振器、および電子機器

  8. 【課題】処理のスケジューリングの精度を高められるようにする。【解決手段】処理計画装置が、複数の処理要求の各々について、前記処理要求における処理対象データ量に基づいて、処理の繰り返し回数及び1回あたりの処理時間を推定する処理時間要素推定部と、前記複数の処理要求の各々について、前記処理の繰り返し回数及び前記1回あたりの処理時間に基づいて、要求される処理の実行時間を推定する...

    処理計画装置、処理計画方法及びプログラム

  9. 【課題】処理時間の推定精度を高められる、処理時間推定装置、処理時間推定方法及びプログラムを提供する。【解決手段】処理時間推定装置100が、処理要求における処理対象データ量に基づいて、処理の繰り返し回数及び1回あたりの処理時間を推定する処理時間要素推定部194と、処理の繰り返し回数及び前記1回あたりの処理時間に基づいて、要求される処理の実行時間を推定する処理時間推定部1...

    処理時間推定装置、処理時間推定方法及びプログラム