角田義幸 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】噴出孔に付着した液体が固化するのを抑制する。【解決手段】カバー部材7は、噴出孔6を開放可能に塞ぐ閉塞部21と、閉塞部21から下方に延び、トリガー部51の前方に配置され、前方から見てトリガー部51と重なる垂下部22と、垂下部22の左右方向の両側にそれぞれ配設され、垂下部22から後方に突出する一対のストッパー部25と、を備え、ストッパー部25は、ストッパー部25の...

    トリガー式液体噴出器

  2. 技術 吐出容器

    【課題】使用者の利便性を向上できる吐出容器を提供する。【解決手段】本発明の吐出容器(1)の一つの態様は、容器体(11)と、ステム(13b)を有する吐出器(13)と、上下方向に貫通する吐出孔(34)が形成された頂壁部(31)を有し、ステムを覆う外装体(10b)と、外装体の内部において上下方向に移動自在である中皿(40)と、回動軸(R)回りに回動自在に、中皿に配設される操...

    吐出容器

  3. 【課題】液体を発泡させて連続して噴出する。【解決手段】噴出器本体14は、貯留シリンダ90、貯留プランジャ110、第1逆止弁36、および第2逆止弁102を備え、第1逆止弁は、主シリンダ53内の加圧時に容器体A内と連通部63内との縦供給筒部10内を通した連通を遮断し、かつ主シリンダ内の減圧時に容器体内と連通部内との縦供給筒部内を通した連通を許容し、第2逆止弁は、主シリンダ...

    トリガー式液体噴出器

  4. 技術 泡吐出器

    【課題】ノズルヘッドの形成に必要な樹脂量を削減することが可能な、新たな泡吐出器を提供する。【解決手段】本開示の泡吐出器100は、容器Cの口部に保持されるベースキャップ1と、ベースキャップ1により容器Cの口部に垂下保持され内容液と空気とを吸引、加圧、圧送するポンプ2,3と、ポンプ2,3から圧送された内容液及び空気を発泡させて外部へ吐出させるノズルヘッド14とを備え、ノズ...

    泡吐出器

  5. 技術 泡吐出器

    【課題】空気用ピストンを下方に付勢しつつ、上下方向の寸法を小さく抑える。【解決手段】ステム12を有するポンプと、押下ヘッド14と、を備え、ポンプは、液用ピストンが内部に設けられた液用シリンダと、空気用ピストン22が内部に設けられた空気用シリンダと、内容液と空気とを混合する気液混合室26と、空気用シリンダ内の空気を気液混合室26に導く空気通路65と、を備え、空気用ピスト...

    泡吐出器