西田秀高 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題・解決手段】クリープ疲労試験により実機の部材の状況を精度よく模擬する。クリープ試験装置の制御装置は、実機の運転時にクリープ疲労を生じさせる応力が作用する部材の状況を模擬すべく、実機の運転サイクルにおける応力−時間特性に追随するように応力を作用させる制御である応力制御を試験片に対して行うことにより、試験片のひずみ−時間特性を取得し、ひずみ−時間特性におけるひずみの...

    クリープ疲労試験方法、及びクリープ試験装置の制御装置

  2. 【課題・解決手段】建屋の容積を有効に利用することができる物品保管装置を提供する。物品保管装置は、物品移動装置3によって構成されている。物品移動装置(3)、X方向走行輪(38)と、Y方向走行輪(48)と、走行輪を昇降させる走行輪昇降手段と、物品を昇降させる物品昇降手段とを有している。走行輪昇降手段によってX方向走行輪(38)又はY方向走行輪(48)を降下して走行輪を走行...

    補強材の作製方法

  3. 【課題・解決手段】距離測定装置は、第1部材の表面に固定されたターゲット部材と、溶接部を介して第1部材に連結された第2部材に固定された台座と、台座に重ねて取り付けられ、ターゲット部材までの距離を測定する距離計と、を備える。台座は、距離計に設けられた第1凹部に嵌まる第1柱と、距離計に設けられた第2凹部に嵌まる第2柱と、を備える。距離計は、台座から見て距離計のある方向である...

    距離測定装置

  4. 【課題・解決手段】本発明は、熱応力により鋳鋼部材10に発生した亀裂を補修する方法であって、前記鋳鋼部材10の表面11に溝部20を形成することにより亀裂12を除去し、溶融状態のろう材50を、形成した溝部20に導入して溝部20の奥側の空間22をろう材50で充填し、導入した溶融状態のろう材50の表面に、その体積がろう材を導入した後の溝部20の残りの空間よりも小さく、かつろう...

    鋳鋼部材の補修方法

  5. 【課題・解決手段】鋳鋼部材10に発生した亀裂15を除去した部分を溶接材料40で肉盛溶接することにより鋳鋼部材10を補修する方法であって、肉盛溶接の前に、肉盛溶接により生じる鋳鋼部材10の熱変形を防ぐ固定材50を鋳鋼部材10に取り付け、取り付けた固定材50を加熱することにより、当該固定材50を熱変形の方向と逆向きに変形させておく。固定材50は、例えば、オーステナイト系ス...

    鋳鋼部材の補修方法

  6. 【課題・解決手段】本発明は、熱応力により鋳鋼部材10に発生した亀裂を補修する方法であって、鋳鋼部材10に溝部20を形成することにより亀裂12を除去し、形成した溝部12に、鋳鋼部材10よりも延性が高く、かつ、溝部20の奥側の空間に対応する形状を有する金属部材50を埋設し、金属部材50を埋設した後の溝部20の残空間26を、鋳鋼部材10と略同等に柔らかく、かつ鋳鋼部材10と...

    鋳鋼部材の補修方法