西田正三 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】強化繊維の分散性を高め、適切な繊維長の強化繊維が十分に残る繊維強化熱可塑性樹脂の混練方法を提供する。【解決手段】 可塑化装置(2)に熱可塑性樹脂と強化繊維とを供給してスクリュ(11)を回転して繊維強化熱可塑性樹脂を得る混練方法を対象とする。強化繊維をシリンダ(9)内に供給するとき、異なる複数箇所から供給する。また、可塑化装置(2)はシリンダ(9)のボア(17...

    繊維強化熱可塑性樹脂の混練方法および可塑化装置

  2. 【課題】型締時に偏荷重が発生せず、比較的小型の射出成形機によっても成形することができる、積層成形品の製造装置を提供する。【解決手段】第1、2の射出装置(10、11)を備えた射出成形機(2)と金型(3)とから製造装置(1)を構成する。金型(3)は固定盤(5)、可動盤(6)のそれぞれに設けられている固定側金型(13)と可動側金型(14)とからなり、可動側金型(14)は固定...

    積層成形品の製造装置

  3. 【課題】繊維強化熱可塑性樹脂中において、適切な繊維長の強化繊維が十分な割合でかつ均一に分散させることができる押出機を提供する。【解決手段】 熱可塑性樹脂が供給されて溶融されると共に強化繊維が供給されて混練されて繊維強化熱可塑性樹脂となり、これが押し出される押出機(2)を対象としている。押出機(2)のシリンダ(9)には、熱可塑性樹脂が供給されるホッパ(12)と、強化繊...

    繊維強化熱可塑性樹脂用の押出機

  4. 【課題】ロービングとしての強化繊維から繊維強化熱可塑性樹脂を得、成形品を得る方法において強化繊維が均一に分散して強度の高い成形品を得ることができる繊維強化熱可塑性樹脂成形品の成形方法を提供する。【解決手段】 熱可塑性樹脂を溶融し、強化繊維を添加し混練して繊維強化熱可塑性樹脂を得、該繊維強化熱可塑性樹脂から成形品を得る成形方法を対象とする。強化繊維は、複数本の単繊維が...

    繊維強化熱可塑性樹脂成形品の成形方法および成形装置

  5. 【課題】繊維強化熱可塑性樹脂から圧縮成形により成形品を得るとき、成形サイクルを短くして製造コストを小さくすることができ、強度の大きい成形品を成形することができる成形方法を提供する。【解決手段】 熱可塑性樹脂と強化繊維(14)とを混練して繊維強化熱可塑性樹脂を得、該繊維強化熱可塑性樹脂から圧縮成形(4)により成形品を得る成形方法を対象とする。本発明の成形方法は、所定量...

    繊維強化熱可塑性樹脂からなる成形品の成形方法および成形装置

  6. 【課題】1次成形の樹脂と2次成形用の樹脂が積層された複雑な形状の2色成形品を成形できる金型を提供する。【解決手段】金型(1)において進退する複数個の可動コア(15a、15b)と、段差プレート(16)を設ける。複数個の可動コア(15a、15b)のそれぞれの後端面と段差プレート(16)の表面に、帯状の山部(20a、20b、…)と帯状の谷部(21a、21b、…)を等ピッチで...

    可動コアを備えた2色成形用金型