西村哲也 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】目的は、偏平配線部材を車両に対して容易に位置決めできるようにすることである。【解決手段】偏平配線部材20の位置決め構造10は、位置決め部14と、複数の線状伝送部材を含む偏平配線部材20と、を備え、前記位置決め部14は、前記偏平配線部材20を車両における取付対象部分12の取付対象面上に沿わせた状態で、前記取付対象面に沿う少なくとも1つの向きにおいて前記偏平配線部...

    偏平配線部材の位置決め構造

  2. 技術 配線部材

    【課題】積層された複数の偏平な配線部材を作製し易くすることが可能な技術を提供する。【解決手段】配線部材は、複数の線状伝送部材を備える。複数の線状伝送部材は、複数の線状伝送部材に関する所定条件に応じて、少なくとも、複数の第1線状伝送部材と、前記複数の第2線状伝送部材とにグループ分けされる。配線部材は、複数の第1線状伝送部材を含む第1偏平配線部材と、複数の第2線状伝送部材...

    配線部材

  3. 技術 配線部材

    【課題】偏平な配線部材を保護部材で保護する場合であってもなるべく広がった状態を保つことが可能な技術を提供する。【解決手段】配線部材は、シート部材と、シート部材上に並列状態で固定された複数の線状伝送部材とを有する偏平配線部材と、偏平配線部材を収納する保護部材とを備える。保護部材は、シート部材が載置される載置面を有し、シート部材は、複数の線状伝送部材が配置された配置領域を...

    配線部材

  4. 技術 配線部材

    【課題】配線部材の厚みを抑えることが可能な技術を提供する。【解決手段】配線部材は、第1シートと、第1シート上に固定された複数の第1線状伝送部材とを有する第1配線部材を備える。複数の第1線状伝送部材は、第2線状伝送部材と、第2線状伝送部材を跨いで第2線状伝送部材と交差する第3線状伝送部材とを含む。配線部材は、第2及び第3線状伝送部材の交差箇所において第2及び第3線状伝送...

    配線部材

  5. 技術 配線部材

    【課題】所定の配線部材を容易に特定できる技術を提供することを目的とする。【解決手段】配線部材10は、複数の線状伝送部材20と、前記複数の線状伝送部材20が並んだ状態に固定されるシート30と、を備え、前記シート30は前記複数の線状伝送部材20を一方側から覆う第1シート31と、前記複数の線状伝送部材20を他方側から覆う第2シート32とを含み、前記シート30のうち前記複数の...

    配線部材

  6. 技術 配線部材

    【課題】目的は、配線部材の少なくとも一部を、幅方向において真っ直ぐな状態に保つことである。【解決手段】複数の線状伝送部材と、前記複数の線状伝送部材が固定されたシート材24と、を備え、前記シート材24に、前記複数の線状伝送部材のうちの少なくとも1つに交差する補強部30が設けられている、配線部材20である。

    配線部材

  7. 技術 配線部材

    【課題】真空吸着によって保持されやすい配線部材を提供することを目的とする。【解決手段】配線部材10は、複数の線状伝送部材20と、前記複数の線状伝送部材20が並んだ状態で固定されたシート30と、前記シート30の外側に設けられた段差吸収部材40と、を備え、前記シート30は、前記複数の線状伝送部材20を一方側から覆う第1シート32と、前記複数の線状伝送部材20を他方側から覆...

    配線部材

  8. 技術 配線部材

    【課題】目的は、配線部材が周辺の部位に引っ掛かり難くすることである。【解決手段】線状伝送部材と、前記線状伝送部材をフラットな形態に保つベース部材と、を備え、前記ベース部材は、接続端部25を含み、前記線状伝送部材は、前記接続端部25の延在方向に沿って前記接続端部25の先端部に向かうように前記接続端部25に保持されており、前記接続端部25の先端部は、前記線状伝送部材から遠...

    配線部材

  9. 技術 配線部材

    【課題】目的は、偏平配線部材の端末部の認識を容易に行えるようにすることである。【解決手段】複数の端末部28A、28B、28C、28D、28Eを有する偏平配線部材20と、前記複数の端末部28A、28B、28C、28D、28Eのうちの複数に対応して設けられた複数の識別部30と、を備え、前記複数の識別部30は、相互に異なる識別情報を提供するように構成され、前記偏平配線部材2...

    配線部材

  10. 技術 配線部材

    【課題】車両へ組付ける作業が容易となる配線部材を提供することを目的とする。【解決手段】配線部材10は、幹線部分24と分岐線部分26とを含む形態に配線された複数の線状伝送部材20と、前記幹線部分24が固定された幹線固定部34と、前記分岐線部分26が固定された分岐線固定部36とを含むシート材30と、を備え、前記分岐線固定部36は、前記幹線固定部34から分岐しており、前記分...

    配線部材

  11. 技術 配線部材

    【課題】真空吸着によって保持されやすい配線部材を提供することを目的とする。【解決手段】配線部材10は、複数の線状伝送部材20と、前記複数の線状伝送部材20が並んだ状態で固定されたシート30と、を備え、前記シート30は、前記複数の線状伝送部材20を一方側から覆う第1シート32と、前記複数の線状伝送部材20を他方側から覆う第2シート34とを含み、前記第2シート34の外側に...

    配線部材

  12. 技術 はり部材

    【課題・解決手段】ワイヤーハーネスと、前記ワイヤーハーネスの少なくとも一部を覆うように設けられた中空金属管とを備え、前記中空金属管は、前記ワイヤーハーネスの少なくとも一部を覆う本体部と、前記本体部の外側に前記中空金属管の長手方向に沿って突出する一対の張出部を固定してなるフランジ部と、前記本体部の長手方向の途中に前記ワイヤーハーネスの引出口となる開口部を有し、前記中空金...

    はり部材

  13. 【課題】固定作業箇所において、配線モジュールを固定対象部材に対して固定する作業を容易に行え、かつ、ゴミの発生を抑制できるようにすることを目的とする。【解決手段】配線モジュール20は、少なくとも1本の導電線を含む配線体22と、配線体22に設けられた粘着部30と、配線体22に設けられ、粘着部30が剥離容易な態様で粘着している剥離部40とを備える。

    配線モジュール、複合配線モジュール及び配線モジュール付固定対象部材

  14. 技術 配線部材

    【課題】異なる表面材料の線状伝送部材が、シート部材に対して良好に溶着されるようにすることを目的とする。【解決手段】配線部材は、第1層22と第2層24とを含むシート部材20と、第1線状伝送部材30と、第2線状伝送部材40と、を備える。前記第1層22の構成材料と前記第2層24の構成材料とは異なっている。前記第1線状伝送部材30における表面の材料と前記第2線状伝送部材40に...

    配線部材

  15. 【課題】ワイヤーハーネスを曲げて配設することを可能にする技術を提供することを目的とする。【解決手段】ワイヤーハーネス20は、電線22と、前記電線22が固定されたシート30と、を備え、前記シート30は、前記電線22の延びる方向に沿って間隔をあけて設けられた第1シート及び第2シートを含み、前記第1シート及び前記第2シートの間に前記電線22が曲る経路曲げ部が設けられている。

    ワイヤーハーネス

  16. 【課題】配線部材において線状伝送部材の周囲全体を保護することができるようにすることを目的とする。【解決手段】固定部材付き配線部材は、配線部材と固定部材とを備え、前記配線部材は複数の線状伝送部材とベース材とを含み、前記複数の線状伝送部材は並んだ状態で前記ベース材に固定されており、前記ベース材は前記複数の線状伝送部材を囲うように曲がっており、前記固定部材は取付部と固定部と...

    固定部材付き配線部材

  17. 【課題】固定対象に固定された状態で、扁平配線部材がなるべく広がった状態を保つことができるようにする技術を提供することを目的とする。【解決手段】固定部材付き配線部材は、扁平配線部材と固定部材とを備え、前記扁平配線部材は複数の線状伝送部材とベース材とを含み、前記複数の線状伝送部材は並んだ状態で前記ベース材に固定されており、前記固定部材は板状部と固定部とを含み、前記板状部は...

    固定部材付き配線部材及び配線部材の固定構造

  18. 【課題】扁平配線部材が、環状部を有する固定部材によって固定対象に固定された状態でなるべく広がった状態を保つことができるようにする技術を提供することを目的とする。【解決手段】固定部材付き配線部材は、扁平配線部材と固定部材とを備え、前記固定部材は取付部と固定部とを含み、前記取付部は環状部と環状維持部とを有し、前記環状部は環状状態と非環状状態との間で状態変更可能であり、前記...

    固定部材付き配線部材

  19. 【課題】配線部材において線状伝送部材の周囲全体を保護することができるようにすることを目的とする。【解決手段】外装部材付き配線部材は、配線部材と外装部材とを備え、前記配線部材は複数の線状伝送部材とベース材とを含み、前記複数の線状伝送部材は並んだ状態で前記ベース材に固定されており、前記外装部材は取付部を含み、前記取付部が前記配線部材のうち幅が縮められた領域に取付けられてお...

    外装部材付き配線部材及び外装部材付き配線部材の製造方法

  20. 【課題】固定対象からの突出高さを抑えつつ、分岐部を含むワイヤハーネスをコンパクトな状態で挿通保持することができる、新規な構造のワイヤハーネス用プロテクタを提供すること、およびそれを用いたワイヤハーネスの配索構造提供すること。【解決手段】ワイヤハーネス46を構成する複数の電線が小分けされて収容される複数の電線挿通部58を有し、複数の電線挿通部58が並列配置されている一方...

    ワイヤハーネス用プロテクタおよびそれを用いたワイヤハーネスの配索構造

  1. 1
  2. 2