西川洋一 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 技術 包装箱

    【課題】通常使用時には解体を規制することができ、廃棄時には簡単に解体することができる包装箱を提供する。【解決手段】 トレイ1は、底壁10と、底壁10の前後方向の端部に立設される側壁11と、底壁10の左右方向の端部に立設される端壁12と、端壁12に連設され、側壁11に固定される固定壁13と、を備え、側壁11は、固定壁13との固定領域11Aを除く領域にて上端から下方に向...

    包装箱

  2. 技術 包装箱

    【課題】通常使用時には解体を規制することができ、廃棄時には簡単に解体することができる包装箱を提供する。【解決手段】トレイ1は、底壁10の前後方向の端部に立設される側壁11と、底壁10の左右方向の端部に立設される端壁12と、を備え、側壁11の左右方向の中間領域11Cには、内側に折返可能な折返し片22が形成され、折返し片22が側壁11の内側に折り返されることで、側壁11に...

    包装箱

  3. 【課題】Nrf2活性化作用を有し、肝炎、心血管性疾患、肺疾患、腎疾患、中枢神経系疾患、ミトコンドリア病、自己免疫疾患等の酸化ストレスが関与する疾患の予防または治療剤の提供。【解決手段】式(I)で表される化合物またはその塩。[Aは置換/非置換のベンゼン環;Bはベンゼン環又はピリジン環;R1は置換/非置換のアルキル基;R2及びR3は夫々独立にH又は置換/非置換のアルキル基...

  4. 【課題・解決手段】本発明は、心疾患(特に、カテコラミン誘発性多形性心室性頻脈、術後心房細動、心不全、致死性不整脈)などの予防または処置のための薬剤として有用であると考えられる、CaMKII阻害作用を有する化合物を提供する。本発明は、式(I):〔式中、各記号は、明細書で定義されるとおりである〕により表される化合物またはその塩に関する。

    ヘテロ環化合物

  5. 技術 包装箱

    【課題・解決手段】包装箱(10)は、第1側板(14)と、第1側板(14)に連設された外フラップ(22)と、第1側板(14)に連設された第2側板(15A,15B)と、第2側板(15A,15B)に連設された内フラップ(23)とを備える。第1側板(14)には、操作部(30)と第1破断線(35)とが設けられ、外フラップ(22)には第2破断線(40)が設けられ、第2側板(15A...

    包装箱

  6. 技術 包装箱

    【課題】耐荷重性能を高く維持しつつ収容された物品を容易に取り出すことができる包装箱を提供する。【解決手段】 包装箱1は、第1折曲線L1を介して連設された端壁10や側壁11によって筒状に形成される周壁1Wと、周壁1Wの一端部に第2折曲線L2を介して連設され、周壁1Wの一端面を閉じる上方のフラップ13,14と、周壁1Wの他端部に第3折曲線L3を介して連設され、周壁1Wの...

    包装箱

  7. 技術 包装箱

    【課題】側壁体が延長部を挟み込んだ状態を維持する包装箱を提供する。【解決手段】上下に複数積層可能なスタッキングトレイ(1)(包装箱)は、表面に凹んだ状態に形成された係合凹部を含む底壁体(10)と、底壁体(10)の周縁部に起立姿勢で配置される端壁体(11)と、端壁体(11)に隣接する位置で底壁体(10)の周縁部に起立姿勢で配置される側壁体(12)と、を備え、端壁体(11...

    包装箱