藤田悦則 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】空気の流通を促進し、熱や湿り気の低減をより効率よく行う。【解決手段】シートクッション及びシートバックの少なくとも一方のクッション材内に設けられ、内部が空気の流通空間となっている本体ケース10と、本体ケース10内に配置されるファン11,12と、ファン11,12から離間した位置に設けられ、ファン11,12の吸気に伴う空気流を排気する排気口13とを備えている。空気流...

    乗物用シートのベンチレーション機構及び乗物用シート

  2. 【課題】非拘束、リアルタイムかつ連続的に血圧を推定することのできる血圧推定装置を提供する。【解決手段】血圧推定装置100は、人の背部から採取される生体信号を解析し、心室充満期から等容性収縮期の血流変動によって生じる生体内の振動(生体内振動)を捉え、生体内振動の様子を示す指標のゆらぎの様子(ゆらぎに関する指標(ゆらぎ指標))を捉える。ゆらぎ指標は、人の状態、特に、血圧に...

    血圧推定装置、血圧推定方法、コンピュータプログラム及び記録媒体

  3. 【課題】振動吸収特性を向上させる。【解決手段】シートクッション100が、2つのベース支持部1210同士を接近方向に付勢すると共に、上下方向に弾性変形するベース支持部用弾性部材1220を有するシートクッション用ベース層120を備え、それにより、該シートクッション100をばね特性の高い構成としている。シートクッション100及びシートバック200において、所定の荷重−たわみ...

    乗物用シートのシートクッション及び乗物用シート

  4. 【課題】スライダにリンクを介して支持されるクッションフレームの剛性を向上させる。【解決手段】ベース部であるスライダ400とクッションフレーム110との間に配設されるリンク1100,1200,1300,1400のうち、遊星歯車機構1500,1600を後部リンク1300,1400のリンクプレート本体1310,1410のスライダ400側の端部に設けている。これにより、ベース...

    シートリフター及びシート

  5. 【課題】振動吸収特性、あるいは、衝撃性振動による衝撃吸収特性を従来と比較してより向上させる。【解決手段】本発明のサスペンション機構1Aは、ばね機構120,320とダンパー130,330を備えたばね−ダンパー付きサスペンション部100,300が上下に複数積層された構造である。このため、ばね機構120,320が上下に直列に接続された系となっており、ばね−ダンパー付きサスペ...

    サスペンション機構及びシート構造