藤井秀樹 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】剥離機能が優れ、巻姿保持に優れたポリエステルフィルムを提供すること。【解決手段】少なくとも片面に、体積が37.5μm3以上の異物が10〜1000個/100m2有するポリエステルフィルム。

  2. 【課題】騒音を抑制する。【解決手段】ファン組立体80は、クロスフローファン23と、クロスフローファンモータ24と、第1軸受60と、第2軸受70と、を備える。クロスフローファン23は、第1端部23a及び第2端部23bを有する。クロスフローファンモータ24は、ステータ51、及び第1端部23aに固定されたアウタロータ52、を有する。第1軸受60は、第1端部23aを回転可能に...

    ファン組立体及び空気調和機

  3. 【課題】剥離特性のばらつきが小さく、積層セラミックコンデンサの成型基材に用いた際には積層精度が良好なポリエステルフィルムロールを提供する。【解決手段】離型用途に用いられるポリエステルフィルムを巻き取ってなるポリエステルフィルムロールであって、前記フィルムが、フィルム幅が400mm以上、フィルム長さが1000m以上であり、前記フィルムロールの幅方向の一方の端部ともう一方...

  4. 【課題】積層セラミックコンデンサーやドライフィルムレジスト製造用の離型フィルムとして用いた際、ハーフカット工程におけるフィルムの裂けを抑制するポリエステルフィルムを提供する。【解決手段】フィルム厚みが10μmを超えるポリエステルフィルムであって、一方の表面から厚み方向に10μmカットした後の引裂強度が、フィルム幅方向とフィルム長手方向のいずれも3.0N/mm以上である...

  5. 【課題】積層セラミックコンデンサー(MLCC)離型フィルムと使われているポリエステルフィルムを新しい供給ラインの新設やポリマーフィルターラインの変更を長時間かけて行わず、通常行う簡易な品種切替で好適なポリエステルフィルムを製造工程の調整から得ること。【解決手段】平均粒径が0.1〜5.0μmである粒子を0.01〜0.60重量%含有するポリエステルフィルムであって、前記ポ...

  6. 【課題】比較的大きなシート状の金属チタンであっても、陰極の表面上に析出させた後に当該表面からの剥離を可能にする。【解決手段】溶融塩浴Bfで陽極3a及び陰極3bを含む電極3を用いた電気分解により、前記陰極3bの表面上に金属チタンを析出させて、金属チタンを製造する方法であって、前記陽極3aとして、金属チタンを含有する陽極3aを使用するとともに、前記陰極3bとして、少なくと...

    金属チタンの製造方法