菊池直樹 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】二次燃焼率が高く、かつ着熱効率が高い、溶鉄の送酸精錬方法を提供することである。【解決手段】反応容器11に装入した溶鉄16に上吹きランス20から酸素含有ガスを吹き付けて溶鉄に送酸精錬を行う、溶鉄の送酸精錬方法であって、上吹きランス20には、上吹きランス20の底面から鉛直下向き方向又は斜め下向き方向に酸素含有ガスを噴射する主孔ノズル21と、上吹きランス20の側面か...

    溶鉄の送酸精錬方法

  2. 【課題】転炉精錬に際し、加熱効率の高い方法の採用によって媒溶材の滓化と溶融の促進を図り、このことによって脱珪・脱燐処理後の中間排滓処理時のスラグ排出量を高めて脱燐効率の向上とCaO原単位の低減を実現する。【解決手段】転炉で脱珪・脱燐の処理を行うのに当たり、バーナー機能を備える上吹きランスを用いることにより、工業用酸素ガスとともに吹き付けるCaOを含む粉粒体からなる該媒...

    転炉精錬方法

  3. 【課題】高いMn歩留を享受できる低炭素フェロマンガンの製造方法を提案する。【解決手段】上吹きランスおよび底吹き羽口を備えた反応容器中で高炭素のフェロマンガンの溶湯浴面上に、上吹きランスから酸化性ガスを吹きつけて脱炭し、低炭素のフェロマンガンを製造するに際し、前記酸化性ガスの浴面到達時流速が70m/s以上150m/s以下となるように吹き付けて、精錬する。また、底吹き羽口...

    低炭素フェロマンガンの製造方法

  4. 【課題】 転炉での溶銑の脱炭精錬において、時間遅れすることなく、炉内状況をリアルタイムで的確に監視し、過剰な酸素供給を防止して脱炭精錬の歩留りを向上させる。【解決手段】 本発明に係る転炉の操業方法は、転炉2に収容された溶銑5に、上吹きランス3から酸化性ガスを吹き付けて、或いは、更に底吹き羽口4から酸化性ガスまたは不活性ガスを吹き込んで、溶銑を脱炭精錬する転炉の操業...

    転炉の操業方法

  5. 【課題】 脱珪処理中に溶銑中の珪素濃度の変化をリアルタイムで監視し、脱珪処理終了を溶銑中の珪素濃度に基づいて適切に判定し、これによって排滓率を向上させる。【解決手段】 本発明に係る転炉の操業方法は、溶銑5の脱珪処理と、溶銑の脱珪脱燐処理と、のうちのいずれか1つの工程を含む転炉の操業方法であって、脱珪処理工程または前記脱珪脱燐処理工程で、転炉炉口から吹き出る炉口燃焼...

    転炉の操業方法

  6. 技術 校正方法

    【課題】パターンの撮像距離が変化しても、安定して特徴点を抽出できる画像処理装置、システム、画像処理方法、校正方法およびプログラムを提供する。【解決手段】本発明が適用される画像処理装置は、取得部と、生成部とを備える。取得部は、複数の空間周波数と1対1に対応する複数の第1の画像を生成する。生成部は、取得部により生成された複数の第1の画像を合成して第2の画像を生成する。

    校正方法

  7. 【課題・解決手段】本発明の課題は、鋳片内部に割れやポロシティーを発生させることなく、大きな圧下能力の設備を必要とせずに比較的小さい圧下荷重で効果的に中心偏析を低減することができ、且つ残存するポロシティーを撲滅する鋼の連続鋳造方法を提供することである。本発明の鋼の連続鋳造方法は、鋳片6を挟んで対向する鋳片支持ロール間D1の開度を鋳造方向下流側に向かって拡大することで内部...

    鋼の連続鋳造方法

  8. 【課題】ステレオカメラを校正する高精度な校正パラメータを算出する。【解決手段】ステレオカメラを校正する校正方法であって、ステレオカメラの撮影範囲に入るように設置された被写体と、ステレオカメラとの相対位置を計測するステップと、ステレオカメラにより撮影された被写体を含む撮影画像を取得するステップと、相対位置と、撮影画像と、に基づいてステレオカメラを校正する校正パラメータを...

    校正方法、校正装置、計測用具及びプログラム

  9. 【課題・解決手段】リン含有物質中に含まれるリンを効果的に低減させるための、工業的規模で適用可能な、リン含有物質からのリンの除去方法を提案する。金属精錬用ないし金属精錬用の原料として用いられるリン含有物質を、この物質の融解温度未満の処理温度にて窒素含有ガスと反応させ、好ましくは窒化リン(PN)の形態にして除去する方法である。その際、好ましくは該窒素含有ガス中の窒素分圧や...

    リン含有物質からのリンの除去方法

  10. 【課題】 大気圧よりも低い圧力の雰囲気下で、先端下方に火炎を形成する上吹きランスを介して搬送用ガスとともに粉体を溶鋼浴面に吹き付けて溶鋼を精錬するにあたり、前記粉体の火炎内での滞留時間を制御することで、効率的に溶鋼を精錬する。【解決手段】 本発明に係る減圧下での溶鋼の精錬方法は、真空脱ガス設備1の真空槽5に設置された上吹きランス13の先端に形成される火炎で、該上吹...

    減圧下での溶鋼の精錬方法