荒木泰博 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】α−オレフィンの新規な製造方法。【解決手段】ノルマルパラフィンを含む原料組成物を脱水素触媒3に接触させて、α−オレフィンを含む反応生成物を得る脱水素工程を備え、脱水素触媒が、金属を含む複数の粒子1及びゼオライト2を含む、α−オレフィンの製造方法。

    α−オレフィンの製造方法

  2. 【課題】アルコールからアセタールを選択的に合成することができるアセタールの製造方法の提供。【解決手段】アセタールの製造方法は、アルコールを含む原料を固体酸触媒に接触させて、アセタールを合成する工程を備え、固体酸触媒が、ニオブ及びタンタルのうち少なくとも一種と、モリブデン及びタングステンのうち少なくとも一種と、酸素を含む。

    アセタールの製造方法

  3. 【課題】炭素数5の炭化水素から工業的に有用なイソアミレンを製造しつつ、同時に、工業的に有用なジシクロペンタジエンを併産可能な、ジシクロペンタジエン及びイソプレンの製造方法を提供すること。【解決手段】炭素数5の炭化水素のノルマル体及びイソ体を含有する原料混合物から、ノルマル体を含有する第一の混合物とイソ体を含有する第二の混合物とを得る分離工程と、第一の混合物と環化脱水素...

  4. 【課題】イソプレンの新規製造方法として、n−ペンタンを含有するC5留分からイソプレンを効率良く製造することが可能な、イソプレンの製造方法を提供すること。【解決手段】炭素数5の炭化水素を主成分とするC5留分から、n−ペンタンとイソペンタンとをそれぞれ分離する分離工程と、前記n−ペンタンと異性化触媒とを接触させて、イソペンタンを生成する異性化工程と、前記分離工程で得られた...

  5. 【課題】FT触媒酸化物の耐摩耗性を改善すること。【解決手段】下記(1)〜(4)の工程を含む製造方法を用いてFT触媒酸化物を製造すること。(1) 担体の圧壊強度が0N<圧壊強度≦5.1×10−2Nの範囲にある担体を準備する工程、(2) 当該担体にジルコニウム化合物を含浸法により担持してジルコニウム化合物担持担体を調製する工程、(3) 当該ジルコニウム化合物担持担体...

    フィッシャー・トロプシュ合成用触媒酸化物の製造方法

  6. 【課題】金属粒子のシンタリングを抑制する触媒を提供すること。【解決手段】触媒3は、金属を含む複数の粒子1と、ゼオライト2と、を備え、少なくとも一部の粒子1が、ゼオライト2の内部に存在し、ゼオライト2の内部に存在する粒子1の粒径d1が、ゼオライト2の細孔径d2よりも大きく、触媒3の比表面積が、400m2/gより大きく700m2/g以下である。

    触媒、触媒の製造方法、及び合成ガスの製造方法

  7. 【課題】炭素数が7以下の炭化水素を主成分とする軽質炭化水素を原料として、高い収率で炭素数6〜8の単環芳香族炭化水素を製造できる製造方法の提供。【解決手段】炭素数2〜7の軽質炭化水素を主成分とする原料を、炭素数6〜8の単環芳香族炭化水素製造用触媒組成物に接触させることを含む炭素数6〜8の単環芳香族炭化水素の製造方法であって、前記炭素数6〜8の単環芳香族炭化水素製造用触媒...