荒井安成 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】低速回転時における摩擦増加を抑えつつ限界回転速度を高くすることのできる動圧空気軸受を提供する。【解決手段】動圧空気軸受20は、回転軸21の外周に配置される筒状のトップフォイル22と、トップフォイル22の外周面に沿って延設されるとともにトップフォイル22側に突出する山部が周方向に間隔を置いて並ぶ波形状をなすバンプフォイル30と、バンプフォイル30の外周面を支持す...

    動圧空気軸受

  2. 【課題】電動機が効率良く動作する運転領域を拡大する。【解決手段】周方向Cに間隔をおいてロータコア17に配列された磁極部P[1]〜P[8]の中に、極性の切替えが可能な第1可変磁極部23及び第2可変磁極部24を、それらの極性の切替えにより、極性がS極の磁極部と極性がN極の磁極部がロータコア17の周方向Cに交互に並んだ状態と、極性がS極の磁極部が2個続く磁極部の並びと極性が...

    電動機用ロータ、及び電動機

  3. 【課題】小型な電機子を簡素な手順で製造することのできる電機子の製造方法を提供する。【解決手段】ステータ10は、複数のスリット20を有するステータコア11と、それらスリット20に挿通される状態でステータコア11に巻回されたステータコイル12とを有する。第1工程において、ステータコア11の中心線L方向における端面とスリット20の内面とに絶縁層21を形成する。その後の第2工...

    電機子の製造方法

  4. 技術 回転電機

    【課題】冷却効率の向上を図ることのできる回転電機を提供する。【解決手段】電動機は、金属板23が積層されてなるステータコア20と、同ステータコア20に巻回されたステータコイル21とを有する。金属板23におけるステータコイル21が巻回される部分は、回転軸方向に曲がった形状をなしている。ステータコイル21の形成材料の線膨張係数は、ステータコア20の形成材料の線膨張係数よりも...

    回転電機

  5. 技術 電機子

    【課題】巻線の占積率を高くすることのできる電機子を提供する。【解決手段】ステータは、ステータコアとステータコイル12とを有する。ステータコイル12におけるステータコアを貫通して延びる部分は、断面矩形状をなす複数本の分岐線部31が平行に延びる態様で並んでいる。ステータコイル12におけるステータコアの外部で延びる部分は、分岐線部31のうちの三本が束ねられるとともに一本のコ...

    電機子

  6. 【課題】小型な電機子を簡素な手順で製造することのできる電機子の製造方法、および同電機子を提供する。【解決手段】ステータ10は、ステータコア11とステータコイル12とを有する。ステータコア11は、ステータコイル12が延設される部分において同ステータコア11の中心線に沿う方向に貫通する態様で中心線と直交する線に沿って並ぶ複数の貫通孔20を有する。第1工程においてステータコ...

    電機子の製造方法および電機子

  7. 【課題】焼き付きの発生を抑制できる動圧軸受装置及び回転電機を提供する。【解決手段】動圧軸受装置30の回転軸31の外周面31aには、回転方向Xの前側ほど互いに離間するように回転方向Xに対して傾斜して延在する一対の溝41,42を含む動圧発生溝40が回転方向Xに複数設けられている。動圧発生溝40は、一対の溝41,42の深さが互いに異なっている。

    動圧軸受装置及び回転電機