若松大作 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】移動体の内部で又は移動体に乗りながら、表示された画像や映像を見ているユーザにおける動揺病の発生を防止若しくは低減可能な、又は動揺病の症状を軽減可能な表示装置を提供する。【解決手段】本装置は、画像表示部と、加速度測定部と、測定された加速度から慣性力に係る加速度に係る量を決定する慣性力加速度決定手段と、画像を見るユーザの姿勢が慣性力に係る加速度の向きとは反対に傾く...

    慣性力とは反対の姿勢を促す表示装置、並びに表示制御プログラム及び方法

  2. 【課題】移動体の内部で又は移動体に乗りながら、より適切に機能することができる装置を提供する。【解決手段】本装置は、移動体で使用可能な移動使用可能装置であり、少なくとも自らの加速度・角速度を測定可能なセンサ部と、移動体から又は移動体に設置された若しくは関連した測定装置から、移動体における加速度・角速度に係る情報を有する移動関連情報を含む上位情報を取得する上位情報取得手段...

    移動体で使用可能な装置並びに当該装置の制御プログラム及び方法

  3. 【課題】生体信号発生の判定において、周波数分析に頼ることなく、周期的生体信号の発生を判定可能な生体信号処理装置を提供する。【解決手段】本装置は、生体信号を含み得る入力信号を処理する生体信号処理装置であって、入力信号の加速度成分データを生成する加速度成分生成手段と、加速度成分データにおける所定時間区間でのデータの偏り具合に係る代表値を算出する代表値算出手段と、算出された...

    加速度成分の代表値で周期的生体信号発生を判定する生体信号処理装置、プログラム及び方法

  4. 【課題】生体信号発生の判定において、周波数分析が不要であり、電極ずれによるノイズの発生に対しても頑健である生体信号処理装置を提供する。【解決手段】本装置は、生体信号を含み得る入力信号を処理する生体信号処理装置であって、入力信号の加速度成分データを生成する加速度成分生成手段と、加速度成分データにおける所定時間区間でのデータの偏り具合に係る代表値を算出する代表値算出手段と...

    加速度成分の代表値で生体信号発生を判定する生体信号処理装置、プログラム及び方法

  5. 【課題】生体信号を安定して検出し、装置内に確実に取り込むことができる生体信号取得装置を提供する。【解決手段】本装置は、生体の頭部に取り付けて生体信号を取得可能な装置であって、生体信号を取り込む部分を有する装置本体部と、頭部の皮膚に接触する位置であって装置本体部の重量の少なくとも一部を受け止め可能な位置に配された、生体信号を受信するための少なくとも1つの電極部と、電極部...

    本体と電極部とを弾性をもって接続した生体信号取得装置