花房実美 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】より小型のワイヤ埋設装置を提供する。【解決手段】ワイヤ埋設装置10は、機体11と、駆動源12と、この駆動源12で駆動される水平駆動軸14と、この水平駆動軸14に取付けられる左右一対の円板30と、ワイヤリール16と、ワイヤ17を溝18へ送るワイヤガイド19と、このワイヤガイド19より後方に配置され機体11に設けられ地面に接触して抵抗力を発生する抵抗部材40とを備...

    ワイヤ埋設装置

  2. 【課題】簡単には作業が中断しないような自律制御型草刈機を提供する。【解決手段】刈刃の回転速度が第1回転速度を下回ったときには、ST06で車速を低減する(第1次対策)。刈刃の回転速度が第2回転速度を下回ったときには、ST09で一定時間後進させる(第2次対策)。後進させることで、障害物(樹木や岩)から自律制御型草刈機を十分に離すことができ、以降通常の草刈り作業を継続させる...

    自律制御型草刈機

  3. 【課題】刈刃でエリアワイヤを傷める心配がない自律制御型草刈機を提供する。【解決手段】草刈機10は、刈刃19より前輪11側に左ワイヤセンサ21Lと右ワイヤセンサ21Rとを備えている。図(a)に示すように、矢印(1)のように草刈機10が、エリアワイヤ38に接近し、左ワイヤセンサ21Lだけがエリアワイヤ38を検知したとする。このときに、刈刃19はエリアワイヤ38からある程度...

    自律制御型草刈機

  4. 【課題】軽量化を維持しつつ転倒防止策を講じることができる自律制御型草刈機を提供する。【解決手段】自律制御型草刈機では、斜面を横切る、トラバース走行のときに転倒の危険性が増す。ST05で斜面を登っているときにトラバース走行に移行した場合は、走行方向を斜面上側へ変更して転倒を回避する。または、ST12で斜面を下っているときにトラバース走行に移行した場合は、走行方向を斜面下...

    自律制御型草刈機

  5. 【課題】岩や瘤が存在しても、簡単には止まらないで草刈り作業を継続する自律制御型草刈機を提供する。【解決手段】カッターハウジング16は、前リンク42と後リンク46とで機体16に吊されている。前リンク42に付属する制御ピン58が、揺動片53を介して昇降ブロック51に繋がっている。昇降ブロック51はスクリュー48及び摘み49で高さ位置が決定される。揺動片53は縦長のピン収納...

    自律制御型草刈機

  6. 【課題】全輪駆動車であって、駆動輪の近傍に充電端子を備えているにも拘わらず、少ないトライで給電端子に充電端子を位置合わせることができる自律制御型作業機を提供する。【解決手段】後輪12L、12Rの駆動力で作業機10が前進し、この前進によりステーション側結合部43側の勾配部46に、作業機側結合部材36側の天板38が乗り上がる。勾配部46が作業機10から見ると上がり勾配であ...

    作業機用充電装置