能間俊之 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】過充電時などにおいて、正極合剤層中の炭酸リチウムが分解することにより発生する炭酸ガスを、偏平状の巻回電極体外へ流通し易くして、電池の内圧が大幅に上昇する前に迅速かつ確実に圧力感応式の強制短絡機構が作動するようにする。【解決手段】 本発明一実施形態の非水電解質二次電池(10)は、圧力感応式の強制短絡機構を有し、偏平状の巻回電極体(14)の一方の端部に正極芯体露...

    非水電解質二次電池

  2. 【課題・解決手段】過充電時などにおいて、正極合剤層中の炭酸リチウムが分解することにより発生する炭酸ガスを、偏平状の巻回電極体外へ流通し易くして、電池の内圧が大幅に上昇する前に迅速かつ確実に圧力感応式の電流遮断機構が作動するようにする。本発明一実施形態の非水電解質二次電池は、圧力感応式の電流遮断機構を有し、偏平状の巻回電極体(14)は巻回軸が水平方向となるように外装体内...

    非水電解質二次電池

  3. 【課題・解決手段】過充電時などにおいて、正極合剤層中の炭酸リチウムが分解することにより発生する炭酸ガスを、偏平状の巻回電極体外へ流通し易くして、電池の内圧が大幅に上昇する前に迅速かつ確実に圧力感応式の電流遮断機構が作動するようにする。本発明一実施形態の非水電解質二次電池(10)は、圧力感応式の電流遮断機構を有し、偏平状の巻回電極体(14)の一方の端部に正極芯体露出部(...

    非水電解質二次電池

  4. 【課題】非水電解液の粘度が高くても、偏平状の巻回電極体の内部に非水電解液が浸透しやすい構成とした非水電解質二次電池を提供する。【解決手段】本発明の角形の非水電解質二次電池は、長尺状の正極板11と長尺状の負極板12とを長尺状のセパレータ13を介して巻回した偏平状の巻回電極体14と、偏平状の巻回電極体14及び非水電解液を収納する外装体とを有し、正極板11は長手方向に沿って...

    非水電解質二次電池の製造方法