篠田健輔 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】デノイズ強度を精度良く推定することである。【解決手段】実施形態に係る医用情報処理装置は、第1算出部と、第2算出部とを備える。第1算出部は、第1スキャンにより収集される第1データからノイズ強度を算出する。第2算出部は、前記ノイズ強度と、前記第1スキャンの撮像条件と第2スキャンの撮像条件との違いとに基づいて、前記第2スキャンで得られる第2データに対して施されるデノ...

    医用情報処理装置及び医用情報処理方法

  2. 【課題】診断精度を向上させることが可能な医用画像を生成する医用情報処理装置を提供する。【解決手段】医用情報処理装置200は、取得部と、ノイズ処理部と、決定部とを備える。取得部は、RFコイルの受信結果に基づいて生成されたデータ、およびg因子マップを取得する。ノイズ処理部は、前記データにデノイズ処理を行う。決定部は、前記g因子マップに基づいて、前記デノイズ処理の強度を決定する。

    医用情報処理装置、磁気共鳴イメージング装置、および医用情報処理方法

  3. 【課題】デノイズ処理の精度を高めることである。【解決手段】実施形態の医用画像処理装置は、設定部と、デノイズ画像生成部と、差分画像生成部と、決定部とを備える。前記設定部は、医用画像からノイズ成分を除去する度合い示す複数のデノイズ強度を設定する。前記デノイズ画像生成部は、前記設定部によって設定された複数の前記デノイズ強度の各々に基づいて、前記医用画像からノイズ成分を除去し...

    医用画像処理装置、医用画像処理方法、およびプログラム

  4. 【課題】診断精度を向上させることが可能な医用画像を生成することである。【解決手段】実施形態の医用画像処理装置は、出力部と、取得部と、導出部と、出力制御部とを備える。出力部は、情報を出力する。取得部は、一以上の医用画像を取得する。導出部は、前記取得部により取得された前記医用画像に基づいて、前記医用画像に含まれるノイズに関する指標値を導出する。出力制御部は、前記導出部によ...

    医用画像処理装置、磁気共鳴イメージング装置、および医用画像処理方法

  5. 【課題】デノイズ精度を高めることのできる医用情報処理装置を提供する。【解決手段】医用情報処理装置200は、導出部と、調整部と、除去部と、合成部とを備える。導出部は、複数の受信コイルの各々により収集される磁気共鳴信号に対応するデータに含まれるノイズに関する指標値を導出する。調整部は、導出部により導出された指標値に基づいて、磁気共鳴信号に対応するデータからノイズを除去する...

    医用情報処理装置、医用情報処理方法、およびプログラム

  6. 【課題】撮像画像における輝度の均一性と鮮鋭度及びノイズの均一性とを両立することである。【解決手段】実施形態の医用画像処理装置は、分離部と、輝度補正部とを備える。分離部は、被検体から収集された磁気共鳴信号を、第1成分と、第2成分とに分離する。輝度補正部は、前記分離部により分離された前記第1成分に基づく第1画像及び前記第2成分に基づく第2画像の各々に対して、互いに異なる輝...

    医用画像処理装置、医用画像処理方法、およびプログラム

  7. 【課題】撮像条件に基づいて最適な撮像断面補正を行うこと。【解決手段】実施形態に係る磁気共鳴イメージング装置は、補正部と、設定部と、算出部とを備える。補正部は、磁場の歪みの影響を受けた第1の画像から、歪みの影響を補正した第2の画像を生成する。設定部は、第2の画像において第1の領域を設定する。算出部は、第1の領域に対応する、第1の画像上の第2の領域を算出する処理を撮像条件...

    磁気共鳴イメージング装置

  8. 【課題】断面像の位置決めをユーザに容易に行わせること。【解決手段】実施形態の磁気共鳴イメージング装置は、生成部と、入力部と、表示制御部とを備える。生成部は、対象を含む3次元データに基づいて、本撮像の断面位置を設定するための、対象の複数の断面位置に対応する複数の断面像を生成し、複数の断面像を表示部に表示させる。入力部は、断面位置の設定操作を受け付ける。表示制御部は、表示...

    磁気共鳴イメージング装置