篠原佳年 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~4件を表示(4件中) 1/1ページ目

公開年
  1. 【課題】大脳を刺激して適度に食欲を減退させる。【解決手段】甘味成分を含有する第1の食材と、しおから味成分を含有する第2の食材と、酸味成分を含有する第3の食材と、苦味成分を含有する第4の食材とから成り、例えば各食材として魚粉等が用いられ、乾燥され粒状1に成形される。この際、各粒2、3、4、5毎に味覚が異なるように成形したり、また、各味覚成分が任意に選択されて含有された粒...

    ダイエット食品

  2. 【課題】脳に記憶された画像イメージを、容易に呼び起こすことができるようにする。【解決手段】イメージトレーニングをするための画像と共に当該画像の各場面に対応させる音楽が記録された磁気テープ2を収容するビデオカセット3と、ビデオカセットの磁気テープに記録された画像の各場面に対応させる音楽が収録された携帯用音声再生器4とから成る。また、携帯用音声再生器ではなく、このビデオカ...

    イメージトレーニング装置

  3. 【課題】自己音声を聴取困難な音声に合成させ音声の聴き取り能力を向上させる。【解決手段】自己音声を入力するための第1のマイクロホン2および聴取困難な音声を入力するための第2のマイクロホン3と、第1のマイクロホンから出力される自己音声信号d1を記録するEEPROM4と、第2のマイクロホンから出力される聴取困難な音声信号d2にEEPROMで記録された自己音声信号を合成させる...

    聴覚器官の機能促進装置

  4. 【課題】車載用オーディオ機器を用いて運転手の脳内にα波を容易且つ早期に誘導して緊張感を持続させる。【解決手段】ラジオ3aおよびカセットテープレコーダ3bが組み込まれた車載用オーディオ機器3に内蔵され、ラジオ3aおよびカセットテープレコーダ3bの何れか一方から出力された音声信号d1を8〜13Hzの周波数差を持つ2つの可聴域低周波信号d3、d4それぞれに合成させて2つの居...

    脳波誘導持続装置

    • 公開日:1999/02/09
    • 出願人: 林原健 、...
    • 発明者: 大倉忠博 、...
    • 公開番号:1999-033121号