竹谷晋一 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】 周波数帯域が狭い場合や観測時間が短い場合でも、レンジまたはドップラを高分解能化する。【解決手段】 実施形態のレーダシステムは、レーダ受信信号からRD(レンジ−ドップラ)画像を生成して反射点Nを抽出し、レンジ軸の場合はバンクを選定した所定のレンジセル幅のデータを、ドップラ軸の場合はレンジを選定した所定のバンク幅のデータを選定し、反射点の選定したデータを近傍...

    レーダシステム及びそのレーダ信号処理方法

  2. 【課題】 LPI性を確保しつつ目標の速度及び距離を観測する。【解決手段】 実施形態のレーダ装置は、符号化またはランダム信号(ノイズ)による変調パルスを用いたレーダ装置において、ドップラ抽出用の第1パルス幅、第1PRFの第1パルス列とレンジング用の第2パルス幅と第2PRFの第2パルス列を生成し、第1パルス列では同一のパルス列とし、第2パルス列ではパルス間でランダム信...

    レーダ装置及びそのレーダ信号処理方法

  3. 【課題】 LPI性を確保しつつ目標の速度及び距離を観測する。【解決手段】 実施形態のレーダ装置は、複数のパルス幅及びPRFをもつ信号を合成した送信波形を用い、第1PRFで抽出した信号をPRI毎に、第1変調信号の参照信号を用いて相関処理し、相関処理した結果を用いて、PRF間のFFT処理によりドップラを抽出する。また、受信信号に対して、第2PRFで抽出した信号をPRI...

    レーダ装置及びそのレーダ信号処理方法

  4. 【課題】 離隔配置による時刻誤差の影響を軽減し、高精度な位置を出力する。【解決手段】 実施形態のレーダシステムにおいて、送信装置は、パルス圧縮された送信パルスを通信期間とレンジ期間に分割し、通信期間のパルスに送信に関する通信情報を重畳して送信する。受信装置は、前記送信装置から送信される直接波または目標からの反射波を受信し、その受信信号を前記レンジ期間の参照信号で圧...

    レーダシステム及びそのレーダ信号処理方法

  5. 【課題】 RCSが小さく、受信SNが低い小目標の検出能力を高める。【解決手段】 実施形態のレーダ装置は、N(N≧1)ヒットの送信パルスにおけるパルス繰り返し期間における受信信号をドップラ軸の周波数領域に変換してレンジ−ドップラデータを生成し、前記レンジ−ドップラデータをレンジ−ドップラ軸で複数のブロックに分割し、前記複数のブロックそれぞれについて振幅強度のヒストグ...

    レーダ装置及びそのレーダ信号処理方法

  6. 【課題】受信した信号がメインローブによる反射波かグレーティングローブによる反射波かを判定することができるレーダ装置及び、レーダ信号処理方法を提供することである。【解決手段】実施形態のレーダ装置は、アンテナ装置と、送信制御部と、受信データ生成部と、判定部とを持つ。送信制御部は、前記アンテナ装置に、所定の指向方向に向けて、互いに異なる周波数の放射波を順次放射させる。受信デ...

    レーダ装置、及びレーダ信号処理方法

  7. 【課題】 LPI性を確保しつつ目標の速度及び距離を観測する。【解決手段】 実施形態のレーダ装置は、CW期間もレンジング期間も符号化と分割単位で周波数を変える周波数ホッピング(FH:Frequency Hopping)を用いることにより、ドップラ周波数を算出した後、参照信号をドップラ周波数で補正してレンジ圧縮することで、サンプリングレートを必要以上に上げずにLPI性...

    レーダ装置及びそのレーダ信号処理方法