竹内久人 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】金属体と樹脂体が強固に接合された金属樹脂接合部材を提供する。【解決手段】本発明は、アルミニウム基材からなり、接合面に酸化アルミニウム層を有する金属体と、酸化アルミニウム層を介して金属体に接合される樹脂体とを備える金属樹脂接合部材である。樹脂体は、樹脂中に強化繊維が分散した複合材からなる。金属体の接合面は、樹脂体側にある頂部から金属体側に拡幅する斜面を有する。こ...

    金属樹脂接合部材およびその製造方法

  2. 【課題】少なくとも表面がポリアミド樹脂からなる基材と被接着部材とを優れた接着強度かつ良好な接着状態で接着した接着構造体を提供すること。【解決手段】少なくとも表面がポリアミド樹脂からなる基材と、 前記基材の表面に配置されたフェノール性水酸基を有する重合体からなる層と、 前記重合体からなる層の表面に配置されたエポキシ樹脂系接着剤層と、 前記接着剤層の表面に配置された...

    接着構造体及びその製造方法

  3. 【課題】新規な化合物及び潤滑油組成物を提供する。【解決手段】この化合物は、炭素数が25以上45以下の範囲内であり、炭素及び水素を含み且つ酸素を含んでもよく、1以上の不飽和結合を含み、主鎖を構成する鎖状炭化水素基を有し、分岐した基を1以上5以下の範囲で有し、少なくとも主鎖の1つの末端に環状炭化水素基を有しており、分岐した基としての環状炭化水素基を1以上2以下の範囲で有し...

  4. 技術 接合体

    【課題】被接合部材が、金属部材、ポリアミド樹脂部材、及びポリオレフィン樹脂部材のうちの少なくとも1種であり、これらの被接合部材間の接合強度に優れた接合体の提供。【解決手段】第1被接合部材10と、第2被接合部材20と、第1被接合部材及び第2被接合部材を接合する接合層30と、を備える接合体であって、第1被接合部材10及び第2被接合部材20が、それぞれ独立に、金属部材、ポリ...

    接合体

  5. 【課題】ガスのリーク箇所またはリーク量を特定できるガスリーク検出方法を提供する。【解決手段】本発明は、一面(1a)上に水素を透過する金属層(21)と金属層の一面上にハロゲン化銀を含む反応層(22)とを順に形成した被検体(1)の他面(1b)へ、被検体の一面側より高圧な水素ガスを印加する印加工程と、印加工程後の反応層を除去する除去工程と、除去工程後の金属層の一面側を観察す...

    ガスリーク検出方法