神山直久 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】加工時間を短くし、かつ加工精度を高められるシーズヒータの製造方法を提供すること。【解決手段】金属製のパイプ11を塑性加工して成形するシーズヒータ10の製造方法であって、シーズヒータ10に通電してパイプ11を加熱した状態でパイプ11を塑性加工する。

    シーズヒータの製造方法

  2. 【課題】診断に必要な所要の深度より深い部分におけるBラインの観察を可能としつつ、組織の構造情報の観察を適切に行なうことも可能な超音波画像を得ることができる超音波診断装置を提供する。【解決手段】超音波診断装置1は、被検体に対して超音波を送信して該超音波のエコー信号を受信する超音波プローブと、前記エコー信号に基づいて作成されたBモード画像BIを表示する表示デバイス6と、を...

    超音波診断装置及びその制御プログラム

  3. 【課題】リード端子の突出端部を切断することなく、リード端子の突出量を調整できるシーズヒータ及びその製造方法を提供すること。【解決手段】シーズヒータ10の製造方法は、電熱線1及び絶縁粉末2を内蔵した管3を圧延した後に、リード端子4を管3の開口端部3aに挿入して電熱線1に接続する。圧延された管3の長さに応じて管3の開口端部3aから突出するリード端子4の突出量を調整する。

    シーズヒータ及びその製造方法

  4. 【課題】電子部品を基板に実装するときにリード端子のキンク加工を行う実装装置及び実装方法を提供すること。【解決手段】実装装置100は、電子部品10を保持する保持治具30と、電子部品10のリード端子12を基板20の取付孔22に挿入する案内治具70と、を備え、保持治具30と案内治具70との間でリード端子12を挟んで曲げる構成とする。

    実装装置及び実装方法

  5. 【課題】流体加熱装置の小型化を図ること。【解決手段】流体加熱装置100は、ヒータ18の通電を制御するスイッチング素子41(電装部品)と、ヒータ18の熱を流体に伝える伝熱体20と、伝熱体20との間に流体が流通する流体室8を形成するタンク10と、を備える。伝熱体20は、ヒータ18を内蔵する加熱部21と、タンク10の開口部15を閉塞する電装室9とを仕切る隔壁部25と、加熱部...

    流体加熱装置

  6. 【課題】溶湯の洩れ出しが防止される鋳込み構造及び鋳込み方法を提供すること。【解決手段】管32が成形体20に鋳込まれる鋳込み構造40は、成形体20を鋳造する鋳型53に管32の内側に挿入される凸部54Aが形成され、凸部54Aの外周が管32の内周面32Bに当接して鋳型53と管32との間が封止される。

    鋳込み構造及び鋳込み方法

  7. 【課題】流体に対するヒータの熱伝達効率を高められる流体加熱装置及びその製造方法を提供すること。【解決手段】流体加熱装置100は、発熱するヒータ21と、ヒータ21が埋設されて温水(流体)を加熱する成形体20と、温水に当たる外周フィン31(フィン)を有するフィン体30と、を備え、フィン体30が成形体20に結合される。

    流体加熱装置及びその製造方法

  8. 【課題】ヒータが流体を加熱する流体加熱装置において、成形体に鋳込まれるヒータの位置ずれを防止すること。【解決手段】温水(流体)を加熱する流体加熱装置100は、発熱するヒータ21と、ヒータ21によって囲まれてヒータ21を支持する支持体30と、支持体30との間にヒータ21が介在するように成形され、ヒータ21の熱によって温水を加熱する成形体20と、を備える。

    流体加熱装置

  9. 【課題】鋳造部品に鋳込まれる構造物の変形を防止すること。【解決手段】鋳型30は、内部空間90を形成する成形壁部32と、成形壁部32に開口して溶湯を内部空間90に流入させる充填口43、44と、を備える。充填口43、44の流路中心線F43、F44がヒータ10の表面に対して直角でない接触角θをもって交差する構成とする。

    鋳型及び鋳造部品の製造方法

  10. 【課題】鋳造部品に鋳込まれる構造物の変形を防止すること。【解決手段】ヒータ10(構造物)は、鋳型30の成形壁部32に対向する間隙11を形成する。鋳型30は、内部空間90を形成する成形壁部32と、成形壁部32の間隙11に対向する部位に開口し、溶湯を内部空間90に流入させる間隙部充填口45、46(充填口)と、を備える。

    鋳型及び鋳造部品の製造方法

  11. 【課題】鋳造部品に鋳込まれる構造物の変形を防止すること。【解決手段】鋳型30は、内部空間90を形成する成形壁部32と、成形壁部32にヒータ10を支持する支持部33、34と、溶湯を内部空間90に流入させる充填口43、44と、を備える。ヒータ10は、支持部33、34に支持される端部13、14(固定部)と、端部13、14から延設される延設部15と、を有する。内部空間90は、...

    鋳型及び鋳造部品の製造方法