磯田和彦 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】傾斜滑り支承を用いた滑り免震機構において、摺動子を大きくすることなく大荷重に対応することができる滑り免震機構を提供する。【解決手段】水平各方向に滑動自在に支持する滑り免震機構10であって、上部構造体に固定される上沓と、下部構造体に固定される下沓と、上沓と下沓との間に介装される摺動子と、を有する滑り免震装置20を複数備え、摺動子は、上沓に対して水平一方向にのみ摺...

    滑り免震機構

  2. 【課題】小さな抵抗力でスムーズに水平方向に滑り可能な支承機構及び防振床構造を提案する。【解決手段】支承機構101は、下部材1と、下部材1の上面に沿って設けられ、水平面に沿う第一方向Xを軸線方向として軸線回りに回動可能に設けられた下部ローラー部材3と、下部ローラー部材3の上部に沿って設けられた転動中板40と、転動中板40の上面に沿って設けられ、水平面に沿い第一方向Xと直...

    支承機構及び防振床構造

  3. 【課題】2つの部材が相対変位した際に、架台やダンパーなどの構成部材が接触することを防止できるダンパー装置を提供する。【解決手段】第1ダンパー3は、上部構造体11(第1部材)に対して水平方向(第1方向および第2方向)に直交する上下方向(第3方向)に延びる第1回動軸線64回りに相対回動可能に連結されるとともに、架台2に対して上下方向に延びる軸線回りに相対回動しないように固...

    ダンパー装置

  4. 【課題】簡便な構造で、設置や維持にかかるコストや手間を抑えることができるロック機構を提供する。【解決手段】下部構造体11に設けられ上部構造体12と離間する積層ゴム支承2と、積層ゴム支承2および上部構造体12のいずれか一方に他方へ向かって突出するように設けられ塑性変形可能なサイドブロック3と、積層ゴム支承2および上部構造体12の他方に一方へ向かって突出するように設けられ...

    ロック機構

  5. 技術 免震装置

    【課題】複数のダンパーを連結してもストロークを確保しつつ、複数のダンパーを確実に支持すると共に、水平面内の2方向への移動に対応することができる免震装置を提供する。【解決手段】本発明は、一端が免震対象物側に連結された第1ダンパーと、一端が設置面側に連結された第2ダンパーと、第1ダンパーの他端と第2ダンパーの他端とに連結され、設置面に対して第1ダンパーと第2ダンパーとを支...

    免震装置

  6. 技術 防振構造

    【課題】大規模な施設においても採用することができる防振構造を提供する。【解決手段】構造体2と、構造体2に設けられたばね部材4と、ばね部材4を介して構造体2に支持された浮き床3(振動体)と、を有する防振構造1Aにおいて、浮き床3は、ばね部材4のばね軸方向に直交するばね軸直交方向に配列された複数の浮き床ブロック31(振動体ブロック)から構成され、複数の浮き床ブロック31は...

    防振構造

  7. 【課題】直列に配置した2つのダンパーの変位を同一にすることができる免制振装置を提供する。【解決手段】上部構造体12に連結される第1回転式粘性ダンパー4と、下部構造体13に連結され第1回転式粘性ダンパー4と減衰特性が等しい第2回転式粘性ダンパー5と、が同軸に連結された第1減衰機構2および第2減衰機構3(減衰機構)を有し、第1ボールねじ45および第2ボールねじ55は、いず...

    免制振装置

  8. 技術 免震装置

    【課題】特殊なダンパーを用いることなく、複数のダンパーを連結してもストロークを確保しつつ、複数のダンパーを確実に支持することができる免震装置を提供すること。【解決手段】本発明は、免震対象物の設置面に対する揺れを抑制する免震装置であって、一端が前記免震対象物に連結された第1ダンパーと、一端が前記設置面に連結された第2ダンパーと、前記第1ダンパーの他端と前記第2ダンパーの...

    免震装置

  9. 【課題】浮き床施工時の施工作業に起因する外力が支持ばねに作用するのを防ぐことができる防振浮き床支持ばね伸縮機構及び防振浮き床の施工方法を提供する。【解決手段】防振浮き床支持ばね伸縮機構100Aは、基礎Mの上方に浮き床Fを設置する際に使用される浮き床支持ばね伸縮機構であって、基礎M上に設置される下部体11と、下部体11の上方に配置され、浮き床Fを支持可能な上部体12と、...

    防振浮き床支持ばね伸縮機構、防振浮き床の施工方法及び防振浮き床のばねユニットの交換方法

  10. 【課題】簡易な構成の鉄筋コンクリート造の躯体とブレースとの接合構造を提供する。【解決手段】鉄筋コンクリート造の躯体とブレースとの接合構造100は、隣り合う鉄筋コンクリート造の躯体1と、隣り合う躯体1間に配置され、一端部がそれぞれ一方の躯体1に接合されるとともに互いに交差して配置された第一ブレース2A及び第二ブレース2Bと、第一ブレース2Aの一端部と第二ブレース2Bの一...

    鉄筋コンクリート造の躯体とブレースとの接合構造